女性の薄毛患者様 (46歳女性 びまん性 特に分け目)

初診時所見 びまん性(頭頂部の薄毛)の脱毛症で女性型脱毛症と診断

 

46歳の女性の薄毛の患者様です。

元々20代の頃から髪は細く少ないと自覚されていました。

抜け毛も多く、毛量もどんどん少なくなってきたので改善をということで『駅前AGAクリニック岡山院』を受診されました。

頭頂部主体の薄毛で女性型脱毛症(FAGA)と診断されます。

女性ではこのように分け目が薄くなり、その後、頭頂部全体で薄毛が目立つようになることが多いです。

スピロノラクトン内服

ミノキシジル内服

パントガール内服

ミノキシジル外用

FAGAメソセラピー

で治療開始しました。

始めはメソセラピー後の赤みを心配されていましたが、一時的な赤みはあったものの問題なく治療継続出来ています。

治療開始から3週間後には初期脱毛が起きました。

 

初期脱毛は治療開始3週間後に認められましたが、1ヶ月後には治まりました。

治療開始9ヶ月目・・・半年から1年で効果が出てきます。

 

治療開始9ヶ月目です。

分け目がかなり改善されてきています。

効果を上げていくため、ミノキシジルの内服量を増量しています。

途中、体毛も増えてしまったため、内服量を調整しながら治療を継続していきました。

患者様も初診時に比べると良くなってきたと効果を実感されていました。

今後も岡山院で治療を継続していきます。

駅前AGAクリニックでは、東京新宿院、東京北千住院、大阪梅田院、京都烏丸院、岡山院、鹿児島院全てのクリニックにおいてこのような治療を体験頂いて、皆様に伝えていただくモニター様を募集いたしております。

<副作用等>

スピロノラクトン・・皮疹、日光過敏、月経不順など

ミノキシジル・・むくみ、動悸、体毛など

メソセラピー・・頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてりなど

治療内容 オーダーメイドAGA発毛メソセラピー
治療の説明 再生医療による毛髪再生療法。
治療の副作用 頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてりなど。
治療費の概算 36,000円~63,000円/1回(税抜)※治療回数により変動。
治療内容 FAGA治療薬、サプリメント
治療の説明 内服薬によりFAGAの進行を食い止め、外用薬により発毛促進効果を与えます。
治療の副作用 皮疹、日光過敏、月経不順、むくみ、動悸、体毛などがみられる場合があります。
治療費の概算 5,000円~32,000円/1ヶ月(税抜)※処方内容により変動。

駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)