ザガーロカプセルがついに発売

ザガーロカプセルがついに発売されました

製薬会社の都合によって発売延期されていた「ザガーロカプセル」がグラクソ・スミスクライン社から発売決定しました。

一般名はデュタステリドといって、既に前立腺肥大症治療薬として2009年に厚労省から認可を得ている「アボルブカプセル」と中身は全く同じです。

駅前AGAクリニックでは、この「アボルブカプセル」や海外のジェネリック医薬品を用いて、ザガーロ発売前から対応しておりました。

そのため大きな変化はないのですが、国に正式に認められたことで、AGAで悩む皆さまがより安心して治療を続ける手助けになればと思います。

商品名は「ザガーロカプセル0.1㎎・同0.5㎎」で0.1㎎と0.5㎎の製剤があります。

主成分の「デュタステリド」はプロペシアと同じ「5α還元酵素阻害薬」に分類されます。

この5α-還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、プロペシアはⅡ型しか抑えられないのに対して、デュタステリドは、Ⅰ型とⅡ型の両方を抑えることができます。

プロペシアよりも薄毛の悪玉ホルモンであるDHTをより強く抑えられることからプロペシアの進化版として期待されています。

生え際、前頭部、頭頂部における効果はプロペシアよりも強力です。

発毛効果はプロペシアの1.6倍という報告もあります。

プロペシアで効果が実感できていない方はザガーロへの切り替えでより発毛が期待できます。

またプロペシアとザガーロとの併用は一般的ではありません。

ザガーロの服用方法

一日一回の内服で、食事の影響はありません。

好きな時間に内服することが可能です。

0.5mgと0.1mgの2種類がありますが、効果については0.5mgのほうが明らかに高いことが、すでに統計から証明されており、当院でも0.5mgの服用をお勧めしています。

尚、20歳未満のかた、女性は服用出来ませんのでご注意ください。

プロペシアからザガーロへの切り替え

プロペシアで満足いかなかった方がザガーロに切り替えることで、80パーセント弱の方が満足したという報告あります。

当院でもそのように実感していただいている方が多いです。

ザガーロとプロペシア両方服用をご希望される方もおられますが、当院では推奨しておりません。

ザガーロで十分な効果が得られることは薬理学上も明白であり、副作用の発生を助長する可能性が高いからです。

ミノキシジルとは作用機序が違うため、併用するとより効果が高いでしょう。

もちろんプロペシアと同じようにメソセラピー治療の併用も積極的に勧めております。

当院ではプロペシア服用中の方がザガーロに変更されるにあたり、薄毛の原因である悪玉ホルモン、DHTの血液検査を勧めさせて頂いております。

プロペシアに比べザガーロはDHTをより低下させることが出来ます。

効果が出ているか医学的に確認することで、治療への動機づけができて大変有用な検査と認識しております。

ザガーロの副作用について

ザガーロの副作用出現率は10~15%といわれています。

主な副作用として、勃起不全(4.3%)、リビドー(性欲)減退(3.9%)、精液量減少(1.3%)といった、男性機能にまつわる副作用が見られることがあります。

プロペシアと同じように妊活中は内服を一時中断するか、減量したほうが無難かと思います。

まれな副作用として乳腺肥大やうつといった精神症状の報告もあります。

副作用の内容はプロペシアとほぼ同じですが効果が強い分、副作用の頻度も少し多い印象があります。

プロペシアでEDの副作用がなかったのにザガーロに切り替えてEDの症状が出現したケースも経験しております。

当院では男性のAGAに必要な薬剤は全てそろっていますのでご安心ください。

副作用のご相談もお気軽になさってください。

ザガーロ服用の注意点

ザガーロ内服に際して注意点がいくつかありますのでご紹介します。

・前立腺癌の検査に影響する

ザガーロはもともと前立腺肥大症の治療薬で前立腺が縮小して肥大の症状がなくなるかもしれません。

前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSAの値が半分程度になってしまい正確な検査ができません。

検査前に医師から尋ねられるとは思いますが前立腺癌の検査をする場合には医師にザガーロ服用中であることをお伝え下さい。

・初期脱毛

ザガーロに限らずAGAの治療を開始すると最初の1~2ヵ月の間抜け毛が増えることがあります。

これを初期脱毛と呼びます。

せっかく治療を始めたのに大丈夫かと心配になる患者様も多いと思います。

これはむしろ薬が効き始めた効果であり悲観することではありません。

毛髪には成長サイクルというものがありAGAはその毛髪サイクルが狂っている状態です。

薬を服用することでサイクルを再び正しい状態に戻すときに、その狂った流れを意図的にリセットすることで初期脱毛が起こります。

当院では事前にその旨お伝えしております。

むしろ治療効果が期待でき喜ばしいこととして受け止めております。

・内服中断による再脱毛

AGAの治療薬には脱毛の進行を永続的に防ぐ力はありません。

服用を中止すると脱毛原因であるDHTの生成が再開され再びAGAが進行していきます。

AGAを根本的に治療するためには内服、外用、メソセラピーといった複合的な治療とともに、生活習慣・食事・ストレスなどのアドバイスなど、AGAを専門とした医師や専門カウンセラーの存在が必要不可欠と思います。

当院ではAGAで悩むすべての患者様に寄り添って適切な指導ができる存在でありたいと思っております。

・肝機能障害

ザガーロは長期間(半年以上)に渡って服薬する必要があり肝臓で代謝が行われます。

肝臓に何らしかの病気を持っている人はザガーロの服用でさらなる負担を強いることになります。

つまり、ザガーロを飲むことで肝機能障害になるというよりは、肝機能障害を患っている方は注意が必要と言えます。

当院では適宜採血検査を実施して副作用の出現などないか確認し治療しています。

もちろんご自身で受けられた血液検査の結果などがあれば持参して頂き治療の参考にさせて頂きたいと思います。

・20歳未満の方、女性のかたは内服できません。

・献血は服用中断後、半年間は実施できません。

ザガーロカプセルとミノキシジル内服、外用、発毛メソセラピーの相乗効果

当院ではザガーロカプセル加えミノキシジルの内服、外用、発毛メソセラピーの相乗効果によって早期の薄毛の解消、発毛を実現します。

ザガーロの価格

0.5mg、0.1mgともに一か月分30カプセル、10000円(税抜き)です。

ザガーロ服用に関してまとめ

・ザガーロの副作用発現率は10%程度である

・副作用は男性機能に関するものが多い

・女性や子どもへの使用は厳禁

・プロペシアよりも脱毛防止効果が強い

・プロペシアとの併用は無効。むしろ副作用を強める

・ミノキシジル内服、外用、発毛メソセラピーとの相乗効果あり

・AGA専門の医師の指導のもと内服することで、副作用の弊害を最小限に出来る

駅前AGAクリニックでは、新宿、大阪、京都、岡山のすべてのクリニックにおいてザガーロをはじめデュタステリドのジェネリック製剤も扱っております。

価格もお求めやすく継続しやすい価格で提供しております。

又、遠隔診療で通院の負担を減らすことも可能です。

駅前AGAクリニック 東京新宿院(新宿AGAクリニック)

新宿駅より徒歩4分
西新宿駅より徒歩1分
東京都新宿区西新宿7丁目20-2 愛美堂ビル7階

駅前AGAクリニック 大阪梅田院

阪急梅田駅より徒歩3分
御堂筋線梅田駅より徒歩5分
JR大阪駅より徒歩6分
阪神梅田駅より徒歩6分
東梅田駅より徒歩6分
地下鉄谷町線中崎町駅より徒歩5分
大阪府大阪市北区角田町1-17 サイドトリップ11 3階

駅前AGAクリニック 京都烏丸院

阪急烏丸駅より徒歩3分
地下鉄烏丸線四条駅より徒歩4分
京都府京都市中京区手洗水町650 四条烏丸スタービル6階

駅前AGAクリニック 岡山院

岡山駅より徒歩4分
岡山県岡山市北区本町2-4 若林ビル2F