女性の薄毛患者様(45歳女性、びまん性)

初診時所見

45歳女性治療前45歳女性治療前

20代の頃から毛量が少ないと自覚していました。

ここ数年でさらに酷くなり洗髪時の抜け毛が多いと感じていました。

頭部全体が薄くなってきています。

特に頭頂部の症状が強いです。

おでこの生え際の変化はそれほど目立ちません。

このように薄くなるのをびまん性の薄毛と言います。

女性に多い進行のパターンです。

『女性型脱毛症(FAGA)』の診断となります。

ただ女性でも男性のように生え際から進行するタイプもありますし、逆に男性でもびまん性の患者さんもいらっしゃいます。

ネットで購入したサプリを2か月ほど使用していたが効果がなく『駅前AGAクリニック大阪梅田院』を受診されました。

治療にはヘアサイクルを戻すスピロノラクトンと発毛薬のミノキシジルを使っていきます。

治療効果が本当にあるのだろうかと感じながらもFAGAメソセラピーを施術していくことになりました。

スピロノラクトン

ミノキシジル内服

ミノキシジル外用

FAGAメソセラピー

で治療を開始しました。

女性の薄毛治療5ヶ月目

45歳女性治療後45歳女性治療後

治療開始直後はむくみを感じやすい時期です。

この患者さまは普段からむくみがあるためか全く変わりないと感じていらっしゃいました。

初期脱毛はそれほど強くなく治療開始後2か月以内には収まった雰囲気でした。

治療開始3カ月目の実感としては体毛に変化があるが頭部の変化は分からないということでしたので、写真の比較を行っております。

早くも写真では変化が現れ始めていました。

これが治療開始後5カ月目の写真です。

頭頂部の薄毛を隠していた必死さが和らいだとのご本人の実感です。

洗髪後の綺麗な髪にミノキシジルの薬剤をつけるのに抵抗がありミノキシジルの外用は好みではないと感じられています。

ミノキシジルは外用より内服の方が効果がしっかりと出ます。

このように外用はめんどうだったり付け心地が悪いと感じられる患者さまは多いです。

当クリニックのミノキシジル外用は効果の高さから濃度の濃いものをお勧めしていますので、付け心地が悪くなることがあります。

そのような場合は濃度の違う薬剤を数種類ご用意しておりますのでご相談ください。

まだ治療開始5カ月です。

半年程度でこのように発毛を感じて頂ければ成功だと思います。

今後もどんどん発毛していきますので楽しみになりますね。

駅前AGAクリニックでは、東京新宿院、大阪梅田院、京都烏丸院、岡山院全てのクリニックにおいてこのような治療を体験頂いて、皆様に伝えていただくモニター様を募集いたしております。

<副作用等>

スピロノラクトン・・皮疹、日光過敏、月経不順など

ミノキシジル・・むくみ、動悸、体毛など

メソセラピー・・頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてりなど