多発型円形脱毛症、FAGAの患者様(24歳女性、多発型円形脱毛症、FAGAⅠ型)

円形型脱毛症 女性型脱毛症

円形脱毛症を発症後、すぐにAGA専門クリニックを受診されています。

残念ながら、そのクリニックでは円形脱毛症は専門外だということで治療は断られています

その後、皮膚科を受診されましたが、やはり治療は難しいとのことで『駅前AGAクリニック大阪梅田院』にいらっしゃいました。

この患者さんは多発型円形脱毛症であり活動性も高い状態にあります。

最新のガイドラインでもすぐに治療をすべきと言われている状態でした。

約6人に1人は重症型に移行してしまう状態です。

しかし、日本ではすぐに治療を行えるクリニックを探すのは意外と難しいのです。

当クリニックは全てのタイプの薄毛疾患の治療を行っております。

当院は毛髪総合クリニックですのでご安心して治療を受けて頂けると思います。

セファランチン

アンテベートローション

で治療を開始して翌週から

メソセラピー局所免疫療法

も開始しております。

円形脱毛症治療1か月目

円形型脱毛症 女性型脱毛症2

治療開始1カ月目では治療効果は分かりづらいですが、炎症が収まり皮膚の赤みが落ち着いて来ています。

円形脱毛症治療3か月目

円形型脱毛症 女性型脱毛症3

脱毛斑の中心部から発毛が起きています。

多発型円形脱毛症は発症部位が転々と変わることが多いですが、メソセラピー局所免疫療法は頭部全体に行うため脱毛症を逃がしません。

円形脱毛症治療5か月半目

円形型脱毛症 女性型脱毛症4

円形脱毛症のコントロールは良好です。

このまま再発に気を付けながらの治療となります。

スピロノラクトン

また、この方は女性型脱毛症(FAGA)も気にされていました。

そこでヘアサイクルを正常化させるスピロノラクトンも途中から加えております。

これにより抜け毛が減って女性型脱毛症の進行が抑えられるのです。

ミノキシジル内服

女性型脱毛症での毛量の調整で一番効果的なのはミノキシジルです。

特に内服薬は治療効果が高いため患者さんの満足度も非常に高い治療方法です。

この写真の後にミノキシジルの内服を始められました。

凄く綺麗なお方ですが、これからますます魅力的な女性になられていくでしょう。

 

<副作用等>

メソセラピー・・頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてり

スピロノラクトン・・発疹、日光過敏、生理不順

ミノキシジル・・体毛、動悸、むくみ

当院はAGA、FAGAなど毛髪に関する全ての治療を行っております。

円形脱毛症の治療も得意としています。

特にメソセラピー局所免疫療法は駅前AGAクリニックのみの治療となります。

駅前AGAクリニックでは、東京新宿院、大阪梅田院、京都烏丸院、岡山院全てのクリニックにおいてこのような円形脱毛症の治療を体験頂いて、皆様に伝えていただくモニター様を募集いたしております。