AGA患者様(31歳男性 H-N分類 IV型)

初診時から、明らかにAGAと分かります。

 

31歳のAGA患者様です。ご家族様に薄毛を指摘され、『駅前AGAクリニック東京北千住院』にご来院されました。

当クリニックを受診された際には、すでにAGAはハミルトンノーウッド分類でⅣ型と診断されるほどに進行していました。

ご本人様は「生え際と頭頂部の薄毛が気になる」とおっしゃっていました。

実は、男性型脱毛症(AGA)の進行パターンとして、生え際(額ちかくのM字の部分)+頭頂部(頭のてっぺん)の薄毛というのは非常に典型的です。

そのためこの薄毛部位の組み合わせであればほぼすべてがAGAと診断できます。

AGAは男性に最も多い進行性の脱毛症です。

「無治療では今後も完全な脱毛に向けてどんどん進行する」

という特徴を持ちます。そして既にここまで進行してしまっているということは、

「今の髪と未来の髪を守るために、しっかりと強い治療が必要である」

ということを意味しています。

ご本人様もこの2点については非常によくご理解なさって、しっかりと強い治療を行っていくことを選択されました。

具体的な治療は、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制し進行を抑えるデュタステリドと発毛を促進するミノキシジルの内服薬の両方を使いました。

また内服治療の限界を超えるために、これらの治療にメソセラピーを追加しました。

デュタステリド

ミノキシジル内服薬

AGAメソセラピー療法

 

治療後8ヶ月、メソセラピーも卒業です。

予定回数のメソセラピーをすべて終えた段階です。

どの角度から見ても、間違いなく発毛していることが分かります。

ここまで発毛することができたのは、

メソセラピーを含む強い治療をしっかりと最初から行ったことと、

当クリニックで処方された内服薬を自宅でしっかり(処方どおりに)飲み続けたこと

の、2つが大きく影響していると言えるでしょう。

さらに、タバコを吸わない(最初から吸わない、あるいは吸っている場合は直ちに「減煙ではなく禁煙」をする)等のご本人様の努力も報われて、全ての発毛効果が上乗せされたものと言えます。

もちろん患者様自身にも大変お喜びいただいております。

今後はこの髪を維持しつつ、内服治療を継続して更に発毛することも期待できます。

一方、万一治療を中断してしまうと、ここまで生えた髪がまた抜けてもとに戻ってしまいます。AGAは進行性疾患であるということを忘れずに、さらなる治療を今後も継続していくことが肝心です。

 

新型コロナウイルス感染症に負けない。

『駅前AGAクリニック東京北千住院』では新型コロナに負けずに遠隔診療も行っております。

特に再診の患者様においては遠隔診療は強い味方になります。

状況が刻一刻と変化しているため、クリニックに一度ご相談ください。

<治療費>

デュタステリド・・・7500円(税別)

ミノキシジル10mg内服・・・9000円(税別)

ミノキシジル15%外用・・・12000円(税別)

AGAメソセラピー療法・・・モニター価格

<副作用>

デュタステリド・・・性機能障害、肝機能障害など

ミノキシジル内服・・・体毛、むくみ、動悸など

ミノキシジル外用・・・かぶれなど

AGAメソセラピー療法・・・出血、かぶれ、むくみなど

治療内容 オーダーメイドAGA発毛メソセラピー・AGA治療薬(内服/外用)
治療の説明 再生医療による毛髪再生療法。
治療の副作用 頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてりなど。
治療費の概算 36,000円~63,000円/1回(税抜)※治療回数により変動。
治療内容 AGA治療薬
治療の説明 内服薬によりAGAの進行を食い止め、外用薬により発毛促進効果を与えます。
治療の副作用 性欲減退、精子減少、肝機能障害、動悸、むくみ、だるさ、多毛などがまれに
みられる場合があります。
治療費の概算 1,800円~28,500円/1ヶ月(税抜)※処方内容により変動。

 


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)