AGA患者様(29歳男性 H-N分類 Ⅳ型)

20代で既に頭頂部まで薄毛が進行しています

この患者様は、髪の毛が細く生え際の後退が気になり『駅前AGAクリニック東京北千住院』にご来院されました。

頭頂部と前頭部に症状のある典型的な男性型脱毛症(AGA)です。

20代という若さにもかかわらず、すでに ステージⅣまで進行してしまっています。

ステージⅣということを考えると、抜け毛や脱毛は以前からあったはずです。

頭頂部は毛髪の間から地肌が見えるほど進行しています。

AGAは10年ほどで完成する進行する疾患であることを考慮すれば、このまま一気に薄毛が進行すると考えられます。

今回は進行を抑えるデュタステリドとメソセラピー療法と増毛させるミノキシジルを組み合わせて治療することにしました。

メソセラピー発毛治療

デュタステリド

ミノキシジル内服

見る見るうちに治療効果を発揮。5ヶ月でこんなに改善。

頭頂部を含め頭部全体で薄毛が改善しています。

医師による診断の下で、原因に正しくアプローチする西洋医学的治療の結果がこの写真です。

メソセラピー療法を施術していた医師としても、毛髪が増えすぎて施術が難しく感じるほどです。

というのも、メソセラピー療法は施術のときに髪をかき分けて地肌を露出する必要があるからです。

この患者様は治療開始初期のメソセラピー療法の施術頻度を少なめでご希望されておりました。

理由を伺うと、メソセラピー療法が自分にあっているかを確認したかったからということでした。

しかし、発毛が起きてくると施術ペースを上げてしっかりとした治療に切り替えました。

これは発毛効果を実感して信頼していただけたからだと思います。

この患者様は今後、メソセラピーは卒業して飲み薬で治療を継続していく計画です。

AGA・薄毛には「医学」。正しい治療を行いましょう

AGAの進行度は7段階で表現します。

軽い方からⅠ、Ⅱ、Ⅲ…と表現します。

ステージⅣは中等度のAGAですが、20代という年齢を考慮すると厳しい状態だと判定されます。

20代の患者様は10年経っても、まだ30代とお若いからです。

このような状態では進行をしっかり押さえることが大切です。

そのため内服薬ではデュタステリドが相応しいと考えられます。

しかし、ここでフィナステリドを使う方法もあります。

これらの薬剤は患者様が薬剤の特徴を理解してご自身で選択されるべきことなのです。

駅前AGAクリニックでは患者様に適した治療方法やその他にどのような治療方法があるかなどを診察時にご説明させていただきます。

そのため、初診時は特にお時間がかかりますが是非一度、駅前AGAクリニッククオリティの診察を体験されてみてはいかがでしょうか。

参照:駅前AGAクリニックの受診の流れ

駅前AGAクリニックでは、東京新宿院、東京北千住院、大阪梅田院、京都烏丸院、岡山院、鹿児島院全てのクリニックにおいてこのような治療を体験頂いて、皆様に伝えていただくモニター様を募集いたしております。

<治療費>

デュタステリド・・・7500円(税別)

ミノキシジル5mg内服・・・7,500円(税別)

ミノキシジル高濃度外用薬15%・・・12000円(税別)

AGAメソセラピー療法・・・モニター価格

<副作用>

デュタステリド・・・性機能障害、肝機能障害など

ミノキシジル内服・・・体毛、むくみ、動悸など

ミノキシジル外用・・・かぶれなど

AGAメソセラピー療法・・・出血、かぶれ、むくみなど

 

治療内容 オーダーメイドAGA発毛メソセラピー・AGA治療薬(内服/外用)
治療の説明 再生医療による毛髪再生療法。
治療の副作用 頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてりなど。
治療費の概算 36,000円~63,000円/1回(税抜)※治療回数により変動。
治療内容 AGA治療薬
治療の説明 内服薬によりAGAの進行を食い止め、外用薬により発毛促進効果を与えます。
治療の副作用 性欲減退、精子減少、肝機能障害、動悸、むくみ、だるさ、多毛などがまれに
みられる場合があります。
治療費の概算 1,800円~28,500円/1ヶ月(税抜)※処方内容により変動。

駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)