女性の薄毛患者様(58歳 女性型脱毛症)

重症の女性型脱毛症は治せるのでしょうか。

女性型脱毛症

女性の薄毛は頭頂部から症状が出ることが多いですが、進行して来るとサイドの部分の毛量もなくなってきます。

この方はルートヴィッヒ分類Ⅲ型であり、重症の女性型脱毛症と診断されます。

『駅前AGAクリニック大阪梅田院』で治療されております。

薄毛の進行はスピロノラクトンで止めることが多いですが、今回は妊娠する可能性がないことので、より効果の強いフィナステリドを使用することにしました。

フィナステリド

ミノキシジル内服

ミノキシジル外用

メソセラピー療法

で治療開始しています。

駅前AGAクリニック大阪梅田院での治療開始から5カ月後です。

女性型脱毛症 女性型脱毛症

半年ほどで治療効果が出てきます。

女性でのフィナステリドは扱いが難しい薬剤ですが、駅前AGAクリニックでは上手に処方することが出来ます。

フィナステリドという薬剤は胎児の発育に関わるジヒドロテストステロンというホルモンを減らします。

これにより薄毛の治療ができるのですが、妊娠する可能性がある場合は使うことができません。

このようにフィナステリドを上手く使いながらミノキシジルで発毛を促します。

これにメソセラピー療法を組み合わせるとここまでの治療効果を引き出すことが出来るのです。

メソセラピー療法は頭皮に薬液を注入する方法なのですが、当院の施術方法では薬剤の体内移行はほとんど起こりません。

薬液の作用部位は頭皮のみに限局しているのです。

そのため、副作用が起こることはほぼないと言えると思います。

かぶれや炎症などの副作用は起こりえますが、それも頻度が低く安全性が高い治療方法なのです。

大阪梅田院では女性の薄毛の治療も専門的に行うことができます。

女性の薄毛の治療では数種類の薬剤を組み合わせることになります。

そのため、それぞれの薬剤がどのような働き方をしているのか知る必要があります。

大阪梅田院では初回カウンセリングの際に薬剤ごとの特徴や効果などをご説明させて頂きます。

ミノキシジルだけでなくスピロノラクトンやフィナステリドを上手く使えるクリニックが駅前AGAクリニックの特徴でもあります。

大阪梅田院だけでなく、他の院でも同様の高いレベルの治療を受けることができますので是非ご相談ください。

<治療費>

ミノキシジル5mg内服・・・7,500円(税別)~

ミノキシジル外用薬・・・7,000(税別)~

スピロノラクトン・・・5,000円(税別)~

FAGAメソセラピー療法・・・モニター価格

<副作用>

ミノキシジル内服・・・体毛、むくみ、動悸など

ミノキシジル外用薬・・・かぶれ、痒みなど

スピロノラクトン・・・発疹、蕁麻疹、頭痛など

治療内容 オーダーメイドFAGA発毛メソセラピー・女性型脱毛症の治療薬(内服)
治療の説明 再生医療による毛髪再生療法。
治療の副作用 頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてりなど。
治療費の概算 36,000円~63,000円/1回(税抜)※治療回数により変動。
治療内容 女性型脱毛症の治療薬
治療の説明 内服薬により薄毛の進行を緩やかに改善し、外用薬により発毛促進効果を与えます。
治療の副作用 発疹、蕁麻疹、頭痛、肝機能障害、動悸、むくみ、だるさ、多毛などがまれに
みられる場合があります。
治療費の概算 5,000円~32,000円/1ヶ月(税抜)※処方内容により変動。

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)