女性の薄毛患者様(37歳 女性型脱毛症)

女性の薄毛は30歳頃から悪くなることが多いです。


お若い女性でしたが、「女性の薄毛」に悩んでいらっしゃいました。

最初はダイエットやストレスにより抜け毛が増えてきました。

そして、進行していくにつれて頭皮が見えるほどに薄くなってきました。

他の病院(クリニック)と比較し迷われた末に、ご家族様の後押しもあり『駅前AGAクリニック東京北千住院』で治療を受けられました。

当院での治療は、女性型脱毛症の治療の柱となる発毛メソセラピーを中心に、飲み薬(内服薬)も組み合わせて行いました。

メソセラピー発毛治療

スピロノラクトン

ミノキシジル内服

東京北千住院での治療から4カ月後・・・

メソセラピー発毛治療の開始後4ヶ月です。現在 治療途中ですが、圧倒的に改善しています。

治療を始めたばかりの頃は初期脱毛(治療開始後の最初に一時的に抜け毛が増える現象)もあり、ご不安な表情をされていました。

しかし発毛が起こって来てからは明るい笑顔をみせてくださいました。

治療を後押ししてくださったご家族様からも、努力を褒めていただけたとのことで、ますます治療に前向きになられています。

残りのメソセラピー発毛治療を受けられた後はお薬(飲み薬;内服薬)を続けるため通院される予定です。

女性の薄毛も多く診察させていただいております。

女性型脱毛症(FAGA)は「女性の薄毛」の最も多い原因と言われています。

その原因に対して医学的に直接的にアプローチする治療は、医師によるものとなります。

<治療費>

ミノキシジル5mg内服・・・8,250円(税込)~

ミノキシジル外用薬・・・7,700(税込)~

スピロノラクトン・・・5,500円(税込)~

FAGAメソセラピー療法・・・モニター価格

<副作用>

ミノキシジル内服・・・体毛、むくみ、動悸など

ミノキシジル外用薬・・・かぶれ、痒みなど

スピロノラクトン・・・発疹、蕁麻疹、頭痛など

治療内容 オーダーメイドFAGA発毛メソセラピー・女性型脱毛症の治療薬(内服)
治療の説明 再生医療による毛髪再生療法。
治療の副作用 頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてりなど。
治療費の概算 39,600円~69,300円/1回(税込)※治療回数により変動。
治療内容 女性型脱毛症の治療薬
治療の説明 内服薬により薄毛の進行を緩やかに改善し、外用薬により発毛促進効果を与えます。
治療の副作用 発疹、蕁麻疹、頭痛、肝機能障害、動悸、むくみ、だるさ、多毛などがまれに
みられる場合があります。
治療費の概算 5,500円~35,200円/1ヶ月(税込)※処方内容により変動。

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)