女性の薄毛患者様(27歳 Ludwig ScaleⅠ~Ⅱ型)

女性型脱毛症 女性型脱毛症

20歳頃から髪質の変化が起こり、気にされていた患者さまです。

女性型脱毛症で軽度から中等度の状態です。

女性型脱毛症は髪質の変化から起こります。

毛髪にコシがなくなり、細くなってくるのです。

そして、進行して来ると薄毛になってきます。

スピロノラクトン

ミノキシジル内服・外用

サプリメント

メソセラピー療法

で治療を開始しました。

途中で妊娠が分かり、内服薬は中止しました

女性型脱毛症 女性型脱毛症

初期脱毛は1週間程度でした。

途中、治療代金を減らすためにサプリメントを中止しています。

その後、4カ月経過してから妊娠が分かり内服薬も中止しました。

その後は、メソセラピー療法のみ継続して治療を終了した状態が上記の写真です。

当院で使用している内服薬は使用中に妊娠が判明しても特に問題はないとされているものです。

それでも妊娠中は薬剤を内服しないに越したことはありません。

メソセラピー療法に関しては薬液の体内移行が起こらない方法を採用しておりますので、これも安全です。

次の治療再開は赤ちゃんを出産した時期にサプリメントから始めるのが良いのではないでしょうか。

母乳との兼ね合いもありますので、治療についてはまたご相談ください。

妊娠中は薄毛の症状は緩和しますので、しばらく心配は要らないでしょう。

ブライダル美容としての薄毛治療

結婚式に向けて薄毛の治療をされる方が増えて来ています。

これは男性でも女性でもそうなのですが、目標を持って治療される方が多いです。

中にはプロポーズに合わせて治療される男性もいらっしゃいます。

そのような患者さまのお声を聞かせて頂くと嬉しくなります。

薄毛の治療は継続するのが基本だと思っておりましたが、人によってはこのような目標があったりすることがあります。

薄毛治療もブライダル美容の一つになる時代も来るのかもしれませんね。

【執筆】

駅前AGAクリニック大阪梅田院 院長 田坂洋介

<治療費>

ミノキシジル内服・・・5,500円~

ミノキシジル外用薬・・・7,700円~

スピロノラクトン・・・5,500円~

サプリメント・・・5,500円~

FAGAメソセラピー療法・・・モニター価格

<副作用>

ミノキシジル内服・・・体毛、むくみ、動悸など

ミノキシジル外用薬・・・かぶれ、痒みなど

スピロノラクトン・・・発疹、蕁麻疹、頭痛など

治療内容 オーダーメイドFAGA発毛メソセラピー・女性型脱毛症の治療薬(内服)
治療の説明 再生医療による毛髪再生療法。
治療の副作用 頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてりなど。
治療費の概算 39,600円~69,300円/回※治療回数により変動。
治療内容 女性型脱毛症の治療薬
治療の説明 内服薬により薄毛の進行を緩やかに改善し、外用薬により発毛促進効果を与えます。
治療の副作用 発疹、蕁麻疹、頭痛、肝機能障害、動悸、むくみ、だるさ、多毛などがまれに
みられる場合があります。
治療費の概算 5,500円~35,200円/月※処方内容により変動。

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)