女性の薄毛患者様(60歳 Ludwig ScaleⅢ型)

60歳で重症の女性の薄毛です

女性の薄毛

頭頂部を主体とした女性型脱毛症です。

症状は強度と分類されます。

ご年齢も考えると強めの治療が必要になります。

かなり難易度の高い症例だと考えられます。

駅前AGAクリニック大阪梅田院はこのような症例も積極的に治療を行います。

日本のガイドラインから外れた効率の良い治療も出来るのが自由診療の強みでもあります。

フィナステリド

スピロノラクトン

ミノキシジル内服・外用

サプリメント

メソセラピー療法

で治療を行います。

当院の自慢のメニューです。

治療開始から3カ月弱の写真です

女性の薄毛

女性の薄毛の治療は難しいです。

それでも適正な治療を行うことが出来ると発毛が起こります。

基本的には数種類の薬剤を使った治療になります。

この薬剤の組み合わせが難しいのです。

治療メニューは1回の診察で完全に決まるわけではありません。

治療経過を見ながら微調整が必要になることも多いです。

この患者さまの治療は上手く行っている良い症例だと思います。

まだ治療は始まったばかりですので、これからも楽しく続けて行きましょう。

フィナステリドの使い方にはコツがあります

Ludwig ScaleⅢ型で60歳だと難治性の女性型脱毛症と診断されます。

このような患者さまでは積極的にフィナステリドを使用することが大切です。

駅前AGAクリニック大阪梅田院は独自のフィナステリドの使い方を行います。

女性型脱毛症には皮膚科学会がまとめた2017年のガイドラインがあります。

この中でフィナステリドは効果がないとされていて推奨されておりません。

しかし、これは使い方によるのです。

フィナステリドに治療効果がないは間違いです。

最近では世界に目を向けるとフィナステリドより強いとされるデュタステリドを女性に使うこともあります。

当院では症例を限定した上でデュタステリドを処方することもあります。

ご希望があれば簡単に処方できるというものではありませんが、診察した上で有効と考えられる場合はデュタステリドも使います。

女性の薄毛治療は駅前AGAクリニック大阪梅田院にお任せください。

【執筆】

駅前AGAクリニック大阪梅田院 院長 田坂洋介

<治療費>

ミノキシジル内服・・・5,500円~

ミノキシジル外用薬・・・7,700~

スピロノラクトン・・・5,500円~

フィナステリド・・・9,240円

サプリメント・・・5,500円~

FAGAメソセラピー療法・・・モニター価格

<副作用>

ミノキシジル内服・・・体毛、むくみ、動悸など

ミノキシジル外用薬・・・かぶれ、痒みなど

スピロノラクトン・・・発疹、蕁麻疹、頭痛など

治療内容 オーダーメイドFAGA発毛メソセラピー・女性型脱毛症の治療薬(内服)
治療の説明 再生医療による毛髪再生療法。
治療の副作用 頭皮の赤み(数日)、軽度の痛み、ほてりなど。
治療費の概算 39,600円~69,300円/回※治療回数により変動。
治療内容 女性型脱毛症の治療薬
治療の説明 内服薬により薄毛の進行を緩やかに改善し、外用薬により発毛促進効果を与えます。
治療の副作用 発疹、蕁麻疹、頭痛、肝機能障害、動悸、むくみ、だるさ、多毛などがまれに
みられる場合があります。
治療費の概算 5,500円~35,200円/月※処方内容により変動。

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)