AGAとは?

AGAの原因

AGAの主な原因は遺伝です。特に体内に存在する酵素の一種である5α-リダクターゼの働きが遺伝的に活発な場合、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されやすくなります。

ジヒドロテストステロンはアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容器)と結合することで、抜け毛を誘発する有害なサイトカインを産生します。

アンドロゲンレセプターの感受性も遺伝によって左右されることが分かっており、遺伝的にアンドロゲンレセプターの感受性が高い場合、ジヒドロテストステロンと結合しやすくなるため、やはりAGA発症のリスクが増します。

早めに治療することが大切

AGAの主な原因は遺伝であり、ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターと結合することで、抜け毛を引き起こすことが分かっています。

AGA治療薬を服用することによって、5α-リダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの産生を抑止することが可能です。

しかし、厄介なことに日本皮膚科学会が策定するガイドラインによると、AGAは進行型の脱毛症と定義されています。そのため、AGA治療はなるべく早く始めることが重要となります。

薄毛というと壮年期や中年期以降に起こるものと思われがちですが、AGAに関しては思春期以降に発症することが分かっています。

将来の薄毛を予防する意味でも、早期に薄毛を改善する意味でも、なるべく早くAGA治療を始められることがおすすめです。


駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)