睡眠時間は薄毛に関係あるの?

睡眠時間と薄毛の関係

薄毛に悩まされている方の中には、睡眠時間が短いことで、薄毛が進行するのではないかと心配な方もいらっしゃることと思います。では、睡眠時間が短くなると、薄毛のリスクは増すのでしょうか。

結論から言うと、睡眠時間が短くなることで、髪の毛の成長を妨げてしまう可能性はあります。なぜなら、私たちの体内では、睡眠中に成長ホルモンが分泌されるからです。それによって、細胞分裂が活発化し、髪の毛の成長を促進することとなるのです。

髪の毛は毛母細胞が分裂することで成長するため、睡眠時間が短くなると、毛母細胞の分裂に悪影響を与え、結果として薄毛のリスクを増すこととなるのです。

十分な睡眠時間と質の睡眠を取ろう

髪の毛の成長を促進するためにも、十分な睡眠時間を取り、質の良い睡眠を確保することが重要です。
理想的な睡眠時間については専門家の間でも意見が分かれるところです。

かつては1日に8時間の睡眠をとることが理想的とされていましたが、アメリカでおこなわれた大規模な調査によると、8時間以上の睡眠時間を取ると、脂肪リスクを増すことが分かっています。

1日に7時間の睡眠時間を取ると、もっとも死亡率が低かったということなので、7時間を目安にしてみてはいかがでしょうか。
ただ、睡眠時間を確保しても、質の良い睡眠がとれていないと、寝て起きた時に疲れを残す可能性が増します。

朝起きた時に疲労が回復しており、かつ日中に眠気を催さないことが、理想的な睡眠の条件といえます。
そのためには、日ごろから適度に身体を動かし、お風呂に入ってリラックスすることが重要です。

髪の毛の健全な成長のためにも、生活習慣を見直してみましょう。


駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)