水分と髪の毛の関係はあるの?

水分と髪の毛の関係

髪の毛の健全な成長のためには、適量の水分を摂取することが重要とされています。もちろん、水分をたくさん摂取したからといって髪の毛がみるみる生えてくるようなことはありませんが、水分が不足することによって、髪の毛の成長に悪影響を及ぼす可能性はあります。

なぜなら、血液の成分のおよそ半分は水だからです。

水分が不足すると、いわゆる「ドロドロ血液」になってしまい血流が滞り、頭皮へと送られる血液量も不足しがちになります。

血液は身体の各部に酸素と栄養を送り届けていますが、頭皮へ送られる血液の量が不足すると、頭皮の栄養状態が悪化します。頭皮はいわば髪の毛が育つための土壌のようなものです。

大地の水分が枯渇すると植物の成長に悪影響を及ぼすように、頭皮の栄養状態が悪化すると、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすという訳なのです。

髪の毛は毛母細胞が毛細血管から栄養を受け取ることで成長しています。そのため、水分摂取量の減少により血液が不足すると、髪の毛の健康な成長に悪影響を及ぼす結果となるのです。

1日どのくらいの水が必要?

厚生労働省が後援する「健康のため水を飲もう」推進委員会によると、健康を維持するために必要な水分量は、1日当たりおよそ2.5リットルとされています。とはいうものの、すべてを水などの水分から摂取することはありません。

なぜなら、食品からもおよそ1リットルの水分が摂取できるからです。また、体内でも1日あたりおよそ0.3リットルの水分が作られているということです。そのため、1日当たり1.2リットルの水分を取るよう意識するとよいでしょう。


駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)