いつから治療を始めたらいいの?

AGAによる脱毛のメカニズム

AGA治療の適切な開始時期について理解するためには、AGAによる脱毛のメカニズムを知っておく必要があります。なぜなら、AGAが進行型の脱毛症だからです。

AGAを発症すると、髪の毛の成長周期(ヘアサイクル)が乱れます。本来であればまだ成長途上にある髪の毛の成長がストップしてしまい、抜け落ちる時期が早まってしまうのです。

そのような毛穴では新しい髪の毛の成長が始まっていないため、新しい髪の毛が生えるまでのタイムラグが生じるのです。そのような毛穴が増えることで、徐々に薄毛が進行するわけです。

また、髪の毛の生えていない毛穴は外部からの刺激を受けやすくなります。その結果、毛根が死滅してしまうと、その毛穴からは二度と髪の毛が生えてこなくなるのです。

できるだけ早く治療を開始することで期待度が高まる

結論から先に申し上げますと、AGAの治療は早く始めれば始めるほど、薄毛改善の期待値が高くなります。というのも、先述したようにAGAが進行型の脱毛症だからです。

仮にAGAを発症したとしても、毛根さえ生きていれば、適切な治療をおこなうことで、再び髪の毛を生えさせることが期待できます。

ところが、治療の開始が遅れて毛根が死んでしまった場合、いくら治療をおこなっても髪の毛が生えてくることはありません。

そのため、薄毛や抜け毛が気になったら、なるべく早めに治療を開始することが重要なのです。


駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)