薄毛が気になるが、AGAかわからないのですが?

自己判断はリスクが大きい

薄毛がAGAかどうかを判断することは、一般の方にはなかなか難しいです。なぜなら、薄毛にはたくさんのタイプがありますし、原因も実にさまざまだからです。

AGAの場合、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変化しやすくなっている可能性があります。

その際に重要な働きをするのが5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の一種なのですが、5α-リダクターゼの活発度は遺伝によって左右されるということです。

特に頭頂部などは自分では気がつかないうちに進行してしまっていることが多いです。

進行を早期に発見するには、頭皮マイクロスコープ検査が非常に重要となってきます。

まずは無料カウンセリングをお試しください

薄毛は非常にデリケートな問題なので、誰にも相談できずに一人で悩まれている方も少なくありません。ただ、AGAは進行型の脱毛症なので、悩んでいる間にも徐々に進行してしまいます。

そのため、AGAが疑われる場合には、なるべく早めに治療を開始することが求められます。
とはいうものの、いきなり治療に入るのは不安なことと思います。

そこで、駅前AGAクリニックでは、無料カウンセリング、専門医師による頭皮マイクロスコープ検査をおこない早期発見にに務めています。

何か心配なことがございましたら、なんでも専門の医師、カウンセラーまでご相談ください。


駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)