セカンドオピニオンって何??私のAGA治療は合っているの?

『セカンドオピニオン』という言葉はご存知でしょうか。

病気について他の病院の他の医師に相談することです。

診断や治療方法が違う可能性がある場合などにセカンドオピニオンで不安を取り除くことも出来ます。

AGAの治療は自由診療ですのでクリニックが変わると価格自体も変わることが多いです。

AGA治療のセカンドオピニオンは時にかなりの効果を発揮することがあります。

また、病院を転々とすることを『ドクターショッピング』と言います。

これは医師との信頼関係が出来る前に主治医が変わってしまうことに対する批判的な言葉です。

ドクターショッピングをしていると医師側には病気の経過が分かりにくくなる欠点があり患者さんに不利益になってしまうかもしれません。

クリニックや医師を変えることはストレスかもしれません。

しかし、時には治療を見直す必要がある場合もあるのです。

そこで、今回はAGA治療にはセカンドオピニオンという選択肢があるということを駅前AGAクリニックの医師がお話しします。

AGA治療の違いとは。クリニックによってどの程度の違いがあるの?

一般的な皮膚科のクリニック vs. AGAクリニック

ご近所の皮膚科のクリニックや病院でも簡易的なAGA治療は受けることが出来ます。

一方、駅前AGAクリニックのようなAGAの診察を得意としたクリニックがあります。

どのように違うのでしょうか。

簡易的なAGA治療を行っているクリニックの場合はAGAに対してプロペシアやザガーロを処方するだけの場合が多いです。

それに対しAGAクリニックではその他にミノキシジルや育毛サプリメント、メソセラピーなどを使いこなしていることが多く治療の幅が大きいのが違いとなります。

どの程度の治療でどのような効果が出るのかをしっかり把握しているのがAGAクリニックの特徴となります。

また、AGAが進行しているとプロペシアやザガーロだけでは発毛効果がないことも多いため簡易的な治療だけでは効果が期待出来なくなってきます。

ミノキシジルやメソセラピーの効果は絶大だからです。

つまり重症の患者さんはAGAの診察に力を入れているAGAクリニックでなければ治療は難しいのです。

セット治療 vs. オーダーメイド治療

AGAクリニックにも2種類あります。

数種類の治療セットの中から治療方法を選択するクリニックとオーダーメイドのクリニックです。

セット治療の場合は予防、増毛目的などの数種類のセットの中から治療方法を選ぶ形になっていたりします。

このようなセット治療では副作用が出た場合はきめ細やかな調整は出来ません。

また、増毛を目指しているのにデュタステリドではなくフィナステリドでセットが作られている場合も多くあります。

このセットはAGAの初期のステージの患者さんをターゲットにしています。

ある程度進行してしまった患者さんでは効果が少ない場合があります。

それに対し私達、駅前AGAクリニックのようにオーダーメイド処方を行うところがあります。

このようなクリニックでは治療料金や効果などを検討しつつ患者さんの状況に応じて治療プランを練ったり変更したりすることが可能になります。

これは無駄な治療を省くことも出来ますし、治療費の負担が辛い時に治療内容を弱くすることも出来ます。

また、強い治療が必要な患者さんに効果のない弱い治療を勧めてしまうようなこともありません。

副作用なども考慮した患者さんに適正な治療が可能になるのです。

40歳、男性、ハミルトンノーウッド分類Ⅰの初期のAGA

例えばどの程度治療内容が変わるのでしょうか。

私個人の状態をモデルにシュミレーションしてみましょう。

40歳、男性、ハミルトンノーウッド分類でⅠに近い初期の段階です。

よく見るとM字状に生え際の毛髪が細くなっています。

頭頂部も若干毛髪が細いのかもしれません。

一般的には薄毛とは言われない程度なのですが、将来を考えると進行の予防はしっかりしておきたいと感じています。

そして、目標としては70-80歳位までは薄毛と言われたくないと思っています。

また、出来るなら前立腺の肥大も予防しておきたいと思っています。

一般的な皮膚科の場合

プロペシア(フィナステリド)の処方が多いと思います。

AGAの初期であり予防を考えると軽めの5αリダクターゼ阻害薬で十分だと考えるからです。

ザガーロ(デュタステリド)までは必要ないと考える先生が多いでしょう。

そして、それ以外の治療は必要ないと言うでしょう。

— 治療内容 —

プロペシア

セット治療を行っているAGAクリニック

プロペシアより安価な同成分のフィナステリド製剤とミノキシジルでより良い状態を実現しようとするでしょう。

追加で育毛サプリメントも選択肢に入ってきます。

ミノキシジルの内服と外用の選択はセット内容によって決まっていて選択出来ないかもしれません。

— 治療内容 —

フィナステリド

ミノキシジル内服

ミノキシジル外用

育毛サプリメント

オーダーメイド治療のAGAクリニック

私自身は薄毛は現在それほど気にしていませんが、AGAの進行をしっかり予防したいと思っています。

80歳までをターゲットにするならフィナステリドでは弱すぎます。

このような場合に進行をしっかり抑制するにはデュタステリドが最適です。

ヘアサイクルを正常化して毛母細胞の減少を食い止めるにはフィナステリドよりもデュタステリドの方が効果的だからです。

また、前立腺肥大も予防したいと考えています。

前立腺はDHT(ジヒドロテストステロン)によって肥大して行きます。

これを予防するにはデュタステリドが効果的です。

フィナステリドでの前立腺肥大の治療効果はAGA治療に使用する1日1mgでは効果がありません。

1日5mgは必要になってしまいます。

その他には生え際や頭頂部にだけミノキシジルの外用薬を使う程度でいいと感じます。

ミノキシジルの内服はかなり効果的なのですが、AGAが初期なのでそれほど必要ないと感じます。

追加で育毛サプリメントも選択肢に入ります。

— 治療内容 —

デュタステリド

ミノキシジル外用(5%もしくは15%)

育毛サプリメント

 

これは一例なのですが、このようにその患者さん個人個人の価値観をくみ上げて治療出来るのがオーダーメイド治療の特徴であり駅前AGAクリニックの強みとなります。

クリニックや患者さんによってかなり治療内容が変わる可能性があるのだと感じて頂ければと思います。

また、AGA治療は自由診療なのでクリニックによって料金がかなり変わってくるのも特徴です。

内服なのにローン契約は危ない!!都度払いが出来ないクリニックは要注意!

このようにセカンドオピニオンは時に絶大な効果をもたらすことがあります。

治療効果や値段に納得がいかない場合や治療方針を見直したい場合に検討してみることはいいことだと思います。

しかし、セカンドオピニオンを聞きに行こうと思っても思うように出来ない場合があります。

よくあるのはAGAの内服・外用治療を行うのにローン契約をしている場合です。

このローン契約の解約が出来ない状態になっていることもあります。

内服・外用治療ではわざわざローン契約をしなくても都度払いで大丈夫です。

むしろ副作用などを考えると毎月治療内容を見直せるようにしておいた方が安全だと思います。

特にAGA治療を初めて行う患者さんでは年間契約は危険だと思います。

治療方針が安定するまでは都度払いが理想的でしょう。

駅前AGAクリニックは患者さんに優しいクリニックを目指しております。

オーダーメイド治療で都度払いも可能です。

内服薬もプロペシアやザガーロだけではなく、より安価にできるように同じ成分のフィナステリドやデュタステリドもご用意しております。

AGAの治療の出来る幅も大きく全ての患者さんにきっと満足して頂けると自負しています。

お見積りのみのご来院も歓迎しておりますのでお気軽にセカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょうか。

受診の流れはこちらを参考にしてください。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)