オナニーによる射精でハゲることはあるの?AGAの発症・進行への影響とは

オナニーによる射精
オナニーし過ぎるとハゲるって本当?AGAの治療なら専門のクリニックへ

薄毛が気になっている男性の中には、「性欲が強いとハゲる」という噂を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

では、オナニーやセックスの回数が多いと、ハゲてしまうようなことはあるのでしょうか。

今回の記事では、男性にみられる代表的な薄毛であるAGAと、オナニーの頻度との関係について解説するとともに、AGAの原因や改善法をご紹介します。

— 目次 —

オナニーによる射精によってハゲるのは本当?

オナニーによる射精でハゲるというのは本当なのでしょうか。

オナニーによってハゲるのは本当か

オナニーをしていて射精した場合、男性ホルモンの量に変化が出るという説があります。

そこからオナニーをし過ぎるとハゲるリスクが増すという説が出てきたわけですが、果たして本当なのでしょうか。

テストステロンの量が変化

オナニーをし過ぎるとハゲるという根拠の1つとして、オナニーにともなって男性ホルモンの一種である、テストステロンの量が変化するということがあげられます。

テストステロンは男性が男性らしくあるためのホルモンとも言え、男性の身体つきが女性よりがっしりとしているのも、声が低いのも、好奇心や冒険心が旺盛なのも、テストステロンの働きだと考えられています。

男性に見られる代表的な薄毛であるAGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)は、テストステロンがより強力になった、ジヒドロテストステロン(DHT)によって引き起こされるということです。

テストステロンの量が増えると、それだけジヒドロテストステロンの産生量を増すリスクが高くなるため、オナニーをし過ぎるとハゲるといわれるわけです。

ハッキリとした因果関係は証明されていない

オナニーをはじめ、性欲の強い人はハゲやすいなどと言われることがありますが、自慰行為や性交の回数が多いからといって、必ずしもハゲるとは限りません。

自慰行為や性交の回数が多い方にたまたま薄毛がみられるだけで、実際には自慰行為や性交の回数が多くても髪の毛がふさふさの方もいれば、性欲が強くないのにハゲてしまう方もいます。

そのため、これらには直接的な因果関係はほとんど無いと考えられます。

オナニーのやりすぎは良くない

東洋医学の世界では、髪の毛のことを血余(けつよ・ちあまり)と呼んでいます。

つまり、髪の毛の送られる血液(栄養)が不足すると、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすというわけです。

オナニーをすることにもエネルギーが使われるため、あまり頻繁に自慰行為をおこなうと、髪の毛が成長するためのエネルギーを欠く結果となりかねないのです。

また、自慰行為ばかりおこなっていると、膣内射精障害というオーガニズム障害を発症するリスクも増します。

そういった意味では、オナニーのやり過ぎは控えたほうが無難といえそうです。

POINT
  • オナニーをすると男性ホルモンの量に変化が起こる
  • オナニーとハゲの間に明確な因果関係はない
  • オナニーのやり過ぎは控えたほうが無難

オナニーによってハゲると言われる理由

オナニーとハゲとの間にハッキリとした因果関係はありませんが、オナニーによってハゲるといわれることにはいくつかの理由があります。

テストステロン値が上昇するため

オナニーをすることによって、テストステロンの量が変化することは研究によって証明されています。

とはいっても、オナニーをするとテストステロンの量が直ちに増加するというわけではありません。

正確に言うと、射精してから5日後にテストステロンの量が増加し始め、射精後7日目にテストステロンの量がピークを迎えるとされています。

つまり、射精後5日目から7日目にテストステロンの量が増大するため、それがジヒドロテストステロンへと変化するリスクが増し、AGAの進行を助長する可能性があるという訳なのです。

亜鉛が消費されるため

私たちの髪の毛はたんぱく質の一種であるケラチンからできていますが、たんぱく質(アミノ酸)をケラチンへと変化させる際、ミネラルの一種である亜鉛が重要な働きをします。

また、亜鉛は活動的な精子の量を増やしたり、精液を作ったりする働きもあります。

そのため、オナニーをし過ぎると、髪の毛の成長に必要な分の亜鉛が不足してしまい、結果としてハゲのリスクを高めるとされるのです。

POINT
  • テストステロンの量は射精後しばらくしてから増加する
  • 射精後5日目から7日目はジヒドロテストステロンの産生リスクが増す
  • オナニーをし過ぎると髪の毛の成長に必要な亜鉛が不足する可能性もある

それでもオナニーによるはげが気になるときは?

大事なことなので繰り返しますが、オナニーをし過ぎたからといってハゲるという明確な根拠はありません。ただ、それでもオナニーによるハゲが気になる方は、次のようなことに気を付けてみましょう。

オナニーの頻度を変えてみる

オナニーによるハゲが気になる方は、オナニーの頻度を変えてみてはいかがでしょうか。

先述したように、男性ホルモンの一種であるテストステロンは、射精後5日目から増え始め、7日目にピークを迎えるということです。

つまり、5日に1回未満のペースでオナニーをすれば、テストステロンの量が増加することはなく、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの産生リスクも避けられることとなります。

ただ、年齢を重ねるにつれ、そもそものテストステロン分泌量が減少していきます。

20代や30代でしたらオナニーの回数を気にする必要はあまりありませんが、40代以降になったら1ケ月あたりの射精回数を6回程度にすることが良いとされます。

生活習慣や運動に気をつかう

将来のハゲが気になる方や、薄毛を改善したい方は、オナニーの頻度よりも生活習慣や運動習慣を見直した方が良いかもしれません。

オナニーとハゲとの間には明確な因果関係がありませんし、AGAはただ1つの原因だけでなく、いろいろな原因が複雑に絡み合って発症するものだからです。

仮に生活習慣病を招くような日常を過ごしていると、AGAを発症するリスクも増します。例えば脂っこい食べ物を好んで摂取すると、動脈硬化のリスクが増します。

動脈硬化が進行すると、全身の血液循環に悪影響を及ぼすため、当然のことながら髪の毛の成長も妨げられることとなります。

デスクワークが中心で運動不足気味の場合、筋力が低下し、やはり血液の循環が悪くなります。

髪の毛が健康に育つためには、心身を健康に保つことが重要だという訳です。

POINT
  • 5日に1回未満のペースでオナニーをすればテストステロンの増加を抑制できる
  • 40代以降はオナニーのし過ぎに注意
  • 薄毛の改善や予防には生活習慣の見直しが不可欠

薄毛・AGAが心配な方は駅前AGAクリニックへ相談

薄毛は男性だけでなく、女性にとっても非常にデリケートなお悩みですが、幸いなことに薄毛は現在、専門のクリニックで治療できる時代となっています。

薄毛の原因をはっきりとさせ、正しい治療法を選択することで、年齢相応の毛髪量へと戻すことが期待できます。

駅前AGAクリニックでは、業界でも最安値の1ケ月あたり1,800円からAGA治療をおこなっていますし、無料カウンセリングもおこなっています。薄毛に関するお悩みがありましたら、何でもお気軽にご連絡ください。

POINT
  • 薄毛は専門のクリニックで治療できる
  • 駅前AGAクリニックでは初月1,800円からAGA治療を始められる
  • 駅前AGAクリニックでは無料カウンセリングもおこなっている

まとめ

昔から性欲が強いとハゲやすいなどといわれており、オナニーのし過ぎでハゲるのではないかと心配な方もいらっしゃることでしょう。

今のところ、オナニーの回数とハゲとの間に明確な因果関係はありません。

ただ、髪の毛の成長を妨げるほどのオナニーの回数は避けたほうが無難といえば無難でしょう。

AGAにはいろいろな原因がありますが、将来の薄毛を予防したり、現在の薄毛を改善したりしたい方は、生活習慣を見直すことも欠かせません。

自分ではなかなか薄毛を改善・予防できないという方は、駅前AGAクリニックまでご相談ください。

専門家が無料カウンセリングでなんでもお答えいたします。

監修者
長谷川 誠
2011年 千葉大学医学部を卒業
2011年 千葉県立病院群にて初期臨床研修
2013年 千葉大学医学部附属病院麻酔・疼痛・緩和医療科に入局
2015年 麻酔科標榜医取得
2017年 開院した駅前AGAクリニック大阪梅田院に非常勤医師として勤務 AGA、FAGA、円形脱毛症等、多数の患者様の発毛治療にあたる
2020年 AGA診療指導責任者に就任、東京北千住院の院長に就任
2021年 駅前AGAクリニック三重四日市院 院長
麻酔科標榜医、麻酔科専門医

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)