プロペシア(フィナステリド)、ミノキシジル内服のやめどきは??

プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの内服や、ミノキシジルの外用、メソセラピーなどの治療を併用することで、多くの方は3~6ヶ月で発毛を実感し、1年も治療すればほぼ全例で薄毛症状の改善を認めます。

6ヶ月で治療効果を認める人は、3年、5年後の治療成績も良いことは、多数の患者さまを対象にした統計においても立証されています。

しかし、十分の発毛を実感し、薄毛症状が気にならない段階まで改善した後はどのようにすればよいか、皆さん気にされると思います。

「AGA治療は始めたら一生続けないといけないの?」

「治療をやめたとたん、またすぐはげに戻ってしまうの?」

「良くなったら内服は面倒なのでやめれないですか??」

といった質問はAGAの治療をしているとよく患者さまから聞かれます。

今回はそのお答えを示せればと思います。

プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの内服は一生続ける必要があるのか?

結論から言うと答えは「イエス」です。

AGAは男性ホルモンであるテストストロンに5αリダクターゼという酵素が作用することにより、いわゆる悪玉ホルモンDHTが産生され、その悪玉ホルモンが毛根に存在するリセプター(ホルモンの受容体)に結合することで、成長期にあるヘアサイクルを退行期に誘導させる酵素TGF-βが産生され、結果成長期にある毛が減少し、退行期、休止期の毛の数が増えて薄毛が進行していきます。

プロペシアやザガーロはDHTを抑えるお薬で、これらのお薬をやめてしますと、また上にかいたような薄毛へのサイクルが始まり、薄毛が進行していきます。

残念ながらAGAは遺伝的な要素も関与した慢性疾患です。

体質といってもいいでしょう。

プロペシアやザガーロはあくまでDHTを抑えるお薬で、体質をかえるわけではありません。内服をやめれば再びDHTの産生量が増え、薄毛は確実に進行します。

もともとプロペシアやザガーロは前立腺肥大など慢性疾患を対象として作られたお薬なので、長期内服に対する安全性は確率しています。

維持療法として内服は続けていただくのが望ましいと思います。

ミノキシジルの内服について

ミノキシジルは頭皮の血流改善により、毛髪を太くたくましくするお薬です。

こちらは数年間の服用後、徐々に減量するケースが多いです。

なかには減量により頭皮の血流環境が急激に悪化し、抜け毛が増えてしますケースもあり、症状をみながら少しずつ減量していくことが大切と思います。

プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの内服をいきなりやめてしまうとどうなるの??

このように説明していても、やはり中には自己判断で突然内服を中止してしまうかたもおられます。

結果ほぼすべての方が、1ヵ月ほどでおそろしいほどの抜け毛(実際そう表現されるかたが多いです)を体感されます。

なかには急速に治療前の状態に戻るかたもいます。

そうなるとせっかく数カ月、半年の間頑張って続けてきた治療効果ももとにもどってしまいます。

駅前AGAクリニックでは、東京新宿、大阪、京都、岡山のすべてのクリニックにおいて適切な減薬指導を徹底しております。

減薬に関しては患者様と相談の上3か月スパンで状況を見ながら行っていきます。

最終的にはプロペシア、ザガーロなどの薄毛の進行を止める製剤一剤に持っていけることを目標としています。

駅前AGAクリニック 東京新宿院(新宿AGAクリニック)

新宿駅より徒歩4分
西新宿駅より徒歩1分
東京都新宿区西新宿7丁目20-2 愛美堂ビル7階

駅前AGAクリニック 大阪梅田院

阪急梅田駅より徒歩3分
御堂筋線梅田駅より徒歩5分
JR大阪駅より徒歩6分
阪神梅田駅より徒歩6分
東梅田駅より徒歩6分
地下鉄谷町線中崎町駅より徒歩5分
大阪府大阪市北区角田町1-17 サイドトリップ11 3階

駅前AGAクリニック 京都烏丸院

阪急烏丸駅より徒歩3分
地下鉄烏丸線四条駅より徒歩4分
京都府京都市中京区手洗水町650 四条烏丸スタービル6階

駅前AGAクリニック 岡山院

岡山駅より徒歩4分
岡山県岡山市北区本町2-4 若林ビル2F