一生続く?AGA治療のやめどきはいつ?プロペシアをやめたら?

プロペシア(フィナステリド)、ミノキシジル内服のやめどきは??

AGA治療は、プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの内服や、ミノキシジルの外用、メソセラピーなどの治療を併用することで、
多くの方は3~6ヶ月で発毛を実感し、1年も治療すればほぼ全例で薄毛症状の改善を認めます。

6ヶ月で治療効果を認める人は、3年、5年後の治療成績も良いことは、多数の患者さまを対象にした統計においても立証されています。

しかし、十分の発毛を実感し、薄毛症状が気にならない段階まで改善した後はどのようにすればよいか、皆さん気にされると思います。

  • 「AGA治療は始めたら一生続けないといけないの?」
  • 「治療をやめたとたん、またすぐはげに戻ってしまうの?」
  • 「良くなったら内服は面倒なのでやめることは可能ですか?」

といった質問はAGAの治療をしているとよく患者さまから聞かれます。

今回はそのお答えを示せればと思います。

— 目次 —

AGA治療の基本とは?

まずは、そもそもAGAが起こる仕組みや、AGA治療の種類について説明します。

AGAの仕組み

正常なヘアサイクルと、AGAのヘアサイクル

AGAは、髪の毛の生え変わり(ヘアサイクル)が乱れ、髪が成長する前に抜けて落ちてしまう症状で、結果、成長期にある毛が減少し、退行期、休止期の毛の数が増えて薄毛が進行していきます。

AGA治療と種類

AGA治療には大きく分けて2種類の方法があります。

  • AGAの進行を抑え、現状を維持していく治療
  • 髪を増やす発毛治療

それぞれ具体的に紹介すると、

AGAの進行を抑え、現状を維持していく治療

AGAの進行を抑えるためには、AGA阻害薬を使用して治療することが多いです。

AGA阻害薬とは、DHTの産生を抑える薬のことで、フィナステリドが配合されているプロペシアやデュタステリドが配合されているザガーロのことを指します。

髪を増やす発毛治療

発毛を目指した治療にはいくつか方法がありますが、ミノキシジルが使われることが多いです。

AGA治療といえば、上記のような2種類から選択し、治療を行っていくことが多いです。

AGA治療薬とその効果

プロペシア(フィナステリド)

プロペシアは、厚生労働省に許可を受けているAGA治療薬で、有効成分としてフィナステリドが含まれています。

プロペシアに含まれるフィナステリドを体内に取り入れることで、体内の5αリダクターゼに働きかけ、男性ホルモンとの結びつきを防ぎます。

こうすることで、DHTが作られにくくなり、ヘアサイクルの乱れを抑えることができ、結果的に抜け毛を防ぐのです。

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロは、有効成分としてデュタステリドを含んだ内服薬です。

また、脱毛の原因は様々ですが、ザガーロの有効性が認められているのはAGA治療のみで、他の脱毛症への効果はありません。

ザガーロもプロペシアと同じく、抜け毛を防ぐ働きがあり、プロペシアよりも強力な効果があります。

詳しい理由につきましてはこちらをご覧ください。

ミノキシジル

ミノキシジルは頭皮の血流改善により、発毛を促す成分です。

ミノキシジルには、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)と呼ばれる内服薬と、頭皮に直接塗布する外用薬があります。

ミノキシジルについて詳しく知りたいという方は、こちらをご覧ください。

AGA治療(薄毛治療)は一生続ける必要あるの?

さて本題ですが、AGA治療は一生続けなくてはならないのでしょうか?

結論から言うと、一生続ける必要があるのですが、その理由について見ていきましょう。

AGAは完治しない?

残念ながらAGAは遺伝的な要素も関与した慢性疾患です。
したがって、AGAは一度発症すると一生進行してしまう病気で、AGAは完治しないのです。

POINT

途中で治療をやめてしまうと、再度進行スピードが上がってしまいますので、症状を抑制したいのであれば、
一生付き合っていかなくてはならないのです。

AGA治療は一生続ける必要がある

プロペシアやザガーロはあくまでDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える治療薬で、体質を変えるわけではありません。

したがって、これら内服をやめれば再びDHT(ジヒドロテストステロン)の産生量が増え、薄毛は確実に進行します。

もともとプロペシアやザガーロは前立腺肥大など慢性疾患を対象として作られたお薬なので、長期内服に対する安全性は確立しています。

維持療法として内服は続けていただくのが望ましいと思います。

 

 

AGA治療をいつまで続けるのか検討しよう

では、AGA治療薬の内服を長く続けて、髪の毛が完全に生えてきたら、どうすれば良いのでしょうか。

AGA治療薬を止めてしまってよいものなのか、はたまた続けていたほうが良いのか、迷ってしまいますよね。

もし治療を止めるとしたらいつが良いのか等医師が詳しく解説いたします。

AGA治療を止める時期とタイミング

基本的には、AGA治療は一生続けていかなければ、効果は持続しないとお話してきました。

ですので、上記で述べた「AGAの進行を抑え、現状を維持していく治療」は一生続けていく必要があります。

しかし、「髪を増やす発毛治療」については徐々に減らしていくことが可能です。

POINT

あくまで発毛治療なので、一定程度の発毛が実感できれば、その後抜け毛が増えないようにケアをすることで、治療の必要性は低くなっていきます。

ただし、中には減量により頭皮の血流環境が急激に悪化し、抜け毛が増えてしますケースもあるので、医師の診断を受け、症状をみながら少しずつ減量していくことが大切です。

駅前AGAクリニックでは、患者様のご要望を発毛治療を止めるタイミングについてもご提案させていただいております。
個人の判断で決めてしまうと、治療を止めるのが早すぎて、効果がなくなってしまった・・・というようなこともありますので、
是非一度医師に相談していただければと思います。

駅前AGAクリニックの医師に相談する

AGA治療を止める前に知っておきたい!AGAのリバウンド

まず、「リバウンド」というダイエットでよく聞くワードですが、AGA治療においての「リバウンド」とは、せっかくミノキシジルなどによって生えた髪が抜けてしまい、治療前のような状態に戻ってしまうことです。

ダイエットと同じで、せっかく生えてきた髪の毛をまた失ってしまっては悲しいですよね。

このように説明していても、やはり中には自己判断で突然内服を中止してしまうかたもおられます。

結果ほぼすべての方が、1ヵ月ほどでおそろしいほどの抜け毛(実際そう表現されるかたが多いです)を体感されます。

中には急速に治療前の状態に戻る方もいます。

そうなるとせっかく数カ月、半年の間頑張って続けてきた治療効果ももとにもどってしまいます。

AGA治療をやめる前に、まずは頭皮の環境や、生活習慣を整えて、やめた後に備えましょう。

治療の今後プランを相談する(相談無料)

まとめ

いかがでしたか?

やはりAGA治療薬をやめた際のリバウンドを防ぐためには、かなり慎重に減量などを行なっていく必要があります。

クリニックに相談しながら慎重に進めましょう。

駅前AGAクリニックでは、東京新宿、大阪、京都、岡山のすべてのクリニックにおいて適切な減薬指導を徹底しております。

減薬に関しては患者様と相談の上3か月スパンで状況を見ながら行っていきます。

最終的にはミノタブ、プロペシアなどの薄毛の進行を止める製剤一剤に持っていけることを目標としています。

ミノタブやその他AGA治療薬の減薬などについてお悩みの方は、無料カウンセリングをご検討してみてはいかがでしょうか。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)