ミノキシジルは生え際の薄毛に効果がある?効果を高めるポイントとは

ミノキシジル生え際
生え際が後退するというと、男性に見られる薄毛をイメージしがちです。

ただ、男性ほどではないにしても、女性の中にも薄毛に悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。

ミノキシジルは、厚生労働省によって発毛効果が認められている数少ない有効成分の1つで、男性だけでなく、女性も利用可能となっています。

では、ミノキシジルは生え際の薄毛にも有効なのでしょうか。

— 目次 —

ミノキシジルは生え際の薄毛に効果がある?

ミノキシジルは厚生労働省によって発毛効果が認められた成分であり、生え際の薄毛を改善する効果も期待されています。

しかし、ミノキシジルを使用したからといって、必ず生え際の薄毛が改善するという訳ではありません。

生え際は毛細血管が少ない

ミノキシジルには、血管を拡張し、血行を促進する働きがあります。

血液は髪の毛が成長するための栄養を毛母細胞に送り届けているため、血行が促進されると、髪の毛の成長を促すことができるのです。

しかし、生え際はその他の箇所に比べて、毛細血管の数が少なくなっています。

このため、ミノキシジルの効果が及びにくく、薄毛の改善に繋がらないこともあるのです。

AGAによる生え際の薄毛には効果を感じやすい

AGAによる生え際の薄毛に対しては、ミノキシジルは効果を発揮しやすいです。

生え際の薄毛には様々な原因がありますが、男性における生え際の薄毛を引き起こす原因は、AGAです。

ミノキシジルは、AGAに対して、効果の高い治療薬とされています。

このため、AGAが原因の生え際の薄毛には、ミノキシジルの効果が感じやすいでしょう。

POINT
  • ミノキシジルは生え際の薄毛にも効果的だが、全ての薄毛について必ず効果が得られる訳ではない
  • 生え際には毛細血管の数が少ないため、ミノキシジルの作用が及びづらい
  • ミノキシジルはAGAの治療に関して、高い効果が期待されている

生え際の薄毛が進行する原因

ミノキシジルは、生え際の薄毛に対して効果を発揮することもあります。

では、生え際の薄毛が進行する原因は何なのでしょうか。

男性型脱毛症を発症している可能性

男性の生え際の薄毛が進行している場合、もしかしたら男性型脱毛症(AGA:Androgenetic Alopecia)を発症しているのかもしれません。

男性型脱毛症ってどんな脱毛症ですか

男性に見られる薄毛の代表例ともいえる男性型脱毛症は、どんな脱毛症なのでしょう。

男性型脱毛症に関しては、日本皮膚科学会が、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」を策定しています。

同ガイドラインによると、男性型脱毛症は「思春期以降に見られ、徐々に進行する脱毛症」と定義されています。

つまり、男性型脱毛症を発症した場合、何ら手だてを講じずにいると、薄毛が徐々に、かつ確実に進行してしまうというわけです。

また、思春期以降に見られるとされていることから、10代後半や20代前半であっても、男性型脱毛症(いわゆる若ハゲ)を発症する可能性があるということです。

男性型脱毛症を発症する原因

男性型脱毛症を発症する最大の原因が遺伝とされています。

遺伝的に抜け毛の原因物質を生み出す酵素(5α-還元酵素)の働きが活発な場合、男性型脱毛症を発症する可能性が高くなるとされています。

その他にも、ストレスや食習慣、誤ったヘアケア、運動不足、冷え、血行不良など、さまざまな要因が複雑に絡み合って、結果として男性型脱毛症を発症すると考えられています。

男性型脱毛症による薄毛の特徴

男性型脱毛症による薄毛の特徴としては、生え際やつむじ周囲の抜け毛が増えるということがあげられます。

AGAを引き起こす原因物質として、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の存在があげられていますが、5α-リダクターゼが前頭部や頭頂部、全身の皮脂腺などに多く分布しています。

そのため、AGAを発症するといわゆる「M字ハゲ」や「O字ハゲ」になったり、皮脂の分泌量が増大したりするのです。

また、AGAには進行型と言う特徴もあります。

そのため、AGAを発症した場合、何らかの手を打たないと、薄毛が徐々に進行してしまうのです。

髪の毛をいつも後ろで結んでいると生え際が後退することも

ポニーテールなど、いつも髪の毛を後ろで結んでいると、引っ張られた先の髪の毛が抜けるケースもあります。

このような脱毛症のことを、牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)と呼んでいます。

牽引と言う字から、引っ張られることで抜け落ちるイメージを持ちがちですが、実際には、引っ張られた場所で血行不良が起こり、それによって髪の毛の成長が阻害され、抜け毛のリスクが高くなるのです。

女性の場合はホルモンバランスの乱れによって抜け毛が増えるケースも

女性は生涯を通じで、何度もホルモンバランスの変化に見舞われますが、特に出産後や更年期には、抜け毛の量が増えることで知られています。

いわゆる「女性らしさ」を具現しているのが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンですが、出産後や更年期になりエストロゲンの分泌量が減少することで、抜け毛の量が増え、女性らしさが損なわれるのです。

POINT
  • 男性の生え際が後退している場合、男性型脱毛症を発症している可能性がある
  • 牽引性脱毛症を発症すると生え際が薄くなることがある
  • 女性はホルモンバランスの乱れによって薄毛になるリスクがある

ミノキシジルが生え際に効果がない場合は?

ミノキシジルの服用を開始したのにも関わらず、生え際の薄毛が改善されたように感じられない場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

服用方法を見直す

まず、正しく服用出来ているかどうか、服用方法を見直してみましょう。

AGA治療薬には、ミノキシジル以外にもプロペシアやザガーロなどの治療薬があり、プロペシアやザガーロに関しては、原則として1日に1カプセルを服用する決まりがあります。

しかし、ミノキシジルの場合、主に2.5㎎・5.0㎎・10.0㎎という剤型があり、服用回数も1日に1回~3回と違いがあります。

このため、自分が何㎎のミノキシジルを処方されており、1日に何回服用するのかを医師に確認しましょう。

効果を実感する期間を確認する

生え際の薄毛が改善されない場合、効果を実感する期間について、確認することが必要なケースもあるでしょう。

ミノキシジルなどのAGA治療薬の服用を開始しても、みるみる髪の毛が生えてくるようなことはありません。

一般的には、AGA治療薬の服用を開始した場合、早い方でおよそ3ヶ月、平均するとおよそ6ヶ月で効果を感じ始めます。

治療を中断してしまう方の多くが、効果が出るまでの期間に関する理解に欠けている傾向があります。

このため、まずは効果が出る時間について、理解しておくことが必要です。

医師に相談する

ミノキシジルによる薄毛の改善効果が実感できない場合、自己判断でミノキシジルの服用を中止するのではなく、医師に相談することが重要です。

仮に、ミノキシジルによって生え際の発毛が認められない場合、抜け毛や薄毛の原因がAGAではない可能性もあります。

また、ミノキシジルを服用された際に起こる、一時的な抜け毛に驚いてミノキシジルの服用をやめてしまう方もいます。

ミノキシジルによる一時的な抜け毛は初期脱毛であり、特に問題はありません。

効果があるのか判断が難しいため、医師に相談することが大切です。

POINT
  • ミノキシジルの効果が感じられない場合、正しく服用できていない可能性がある
  • 発毛効果はすぐに表れるわけではないため、効果を実感できるまでの期間について理解する
  • ミノキシジルの効果が感じられない場合、医師に相談することが大切である

ミノキシジルの効果を高める3つの方法

厚生労働省によって認可されているミノキシジルは、比較的副作用のリスクが少なく、だれでも安心して用いることが可能です。

そんなミノキシジルの効果をアップさせる3つの方法を紹介します。

男性の場合はプロペシアを併用する

AGAの原因として5α-リダクターゼの存在があげられていましたが、プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、5α-還元酵素の働きを阻害する作用があります。

また、プロペシアには併用禁忌薬がありません。

そのため、ミノキシジルと併用することで、有効成分を効果的に頭皮へと送り届けることが可能となり、発毛効果を高めることも期待できます。

成長因子注入療法を併せて受ける

発毛治療薬の効果がいまいち実感できないようであれば、成長因子注入療法を受けてみるのも1つの手です。

成長因子注入療法はメソセラピーとも呼ばれており、頭皮下にグロースファクター(髪の毛の成長に必要な成分)を直接注入することで、高い発毛効果を実現しています。

ヘアケアのやり方を見直してみる

育毛剤や治療薬を使っても抜け毛の量が減らない場合、ヘアケアのやり方を見直してみましょう。

髪の毛を洗う際には薬用シャンプーや育毛用シャンプーを利用し、頭皮を刺激しないよう優しく洗いましょう。

POINT
  • AGAによる抜け毛は5α-還元酵素によって起こる
  • デュタステリドには5α-還元酵素の働きを阻害する作用がある
  • ヘアサイクルが正常になってから発毛が見られるようになる

ミノキシジルに関するご相談なら

AGAの治療には、主にプロペシアとザガーロ、そしてミノキシジルが用いられています。

ミノキシジルには、血管を拡張し、血行を促進することで、髪の毛の成長を促す効果が期待されています。

しかし、ミノキシジルを使用しているのに効果が実感できない場合、使用方法を見直し、継続して服用することが重要です。

それでも効果が実感できないのであれば、医師に相談しましょう。

駅前AGAクリニックでは、1人1人に合った最適量でミノキシジルをご提供しています。

ミノキシジルに関するご相談がある方は、当院の無料カウンセリングまでお問い合わせください。

監修者
長谷川 誠
2011年 千葉大学医学部を卒業
2011年 千葉県立病院群にて初期臨床研修
2013年 千葉大学医学部附属病院麻酔・疼痛・緩和医療科に入局
2015年 麻酔科標榜医取得
2017年 開院した駅前AGAクリニック大阪梅田院に非常勤医師として勤務 AGA、FAGA、円形脱毛症等、多数の患者様の発毛治療にあたる
2020年 AGA診療指導責任者に就任、東京北千住院の院長に就任
2021年 駅前AGAクリニック三重四日市院 院長
麻酔科標榜医、麻酔科専門医

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)