なぜこめかみがハゲる?女性に特有の薄毛の原因とは?


薄毛やハゲというと男性の問題だと思われがちですが、実は、女性にとってもデリケートな悩みの1つとなっています。

中でも珍しいタイプとして、こめかみの部分が薄くなる「こめかみ薄毛」や「こめかみハゲ」と呼ばれるものがあります。

男性に見られる脱毛症とは異なり、女性の薄毛やハゲには、女性特有の原因が潜んでいます。

そこで今回の記事では、女性に見られるこめかみハゲについて徹底解説したいと思います。

— 目次 —

こめかみハゲの原因

女性に見られる薄毛は、男性に見られる脱毛症のように、生え際や頭頂部がハゲ上がるようなことはなく、髪の毛全体のボリュームの低下という形で起こります。

ただ、まれにこめかみ(側頭部)に薄毛の症状が見られることもあります。

その原因について説明していきます。

ホルモンバランスの乱れ

女性に見られる薄毛の多くに、ホルモンバランスの乱れが関わっています。

例えば出産後には、妊娠中に盛んに分泌されていた女性ホルモンの量が激減します。

そのため、出産後しばらくしてから抜け毛の量が増えることもあります。

そのような脱毛症のことを分娩後脱毛症と呼んでおり、こめかみの部分が薄くなるケースもみられます。

また、中年期以降になると女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少し、女性型脱毛症(FAGA:Female Androgenetic Alopecia)を発症することもあります。

エストロゲンはいわゆる女性らしさを形作るホルモンであることから、エストロゲンの分泌量が減少することで、女性の命とも言われる髪の毛にも悪影響を及ぼすのです。

過度なダイエット

女性の薄毛に特有の原因としては、過度なダイエットもあげられます。

無理な食事制限によって髪の毛の成長に必要な栄養が不足することで、髪の毛が細くなり、こめかみハゲが目立つリスクが大きくなるのです。

最近は若い女性も必要以上に痩せようとする傾向があるため、男性だけでなく女性にも若ハゲのような現象がみられるようになっています。

ストレス

ストレスもこめかみハゲの原因としてあげられています。

私たちの体内では自律神経がバランスよく働くことによって、健康状態が維持されています。

ところが、ストレスによって自律神経の一種である交感神経が優位になると、血管が収縮し、血液の循環が悪くなります。

それによって局所の血流不足を招き、それぞれの弱い部分に症状が現れるのです。

緊張すると胃が痛くなるという人は、ストレスによって胃への血流が不足していることが考えられるのです。

こめかみは心臓よりも高い位置になるため、交感神経が優位になることで血行不良を起こしやすくなるため、結果としてこめかみハゲのリスクを高めてしまうのです。

肩こりや首こり

意外に思われるかもしれませんが、肩こりや首こりもこめかみハゲのリスクを高める原因となります。

というのも、心臓から送られた血液が肩や首を通るからです。

肩こりや首こりがあると、筋肉が硬く緊張しているため、血管を圧迫してしまいます。

そのため、血行不良を招き、結果としてこめかみハゲのリスクを大きくしてしまうことになります。

頭皮へのダメ―ジ

頭皮へのダメージもこめかみハゲの原因の1つです。

頭皮へのダメージを与える要因としては、肌質に合っていないシャンプーや、ヘアカラー、パーマなどがあげられます。

特に、市販のシャンプーには、髪の毛にとって有害な合成界面活性剤が含まれており、髪の毛の成分であるたんぱく質を破壊することが分かっています。

そのようなシャンプーを使い続けることで徐々に髪の毛が細くなり、こめかみ付近の地肌が目立つこととなるのです。

POINT

こめかみハゲの原因の多くはホルモンバランスの乱れによるものだが、過度なダイエットやストレス、血行不良なども抜け毛のリスクを高める。

こめかみハゲの予防法

ここまでの解説で、女性であっても薄毛になる可能性があることをご理解いただけたことと思います。

では次に、こめかみハゲの予防法についてみていきたいと思います。

育毛剤やサプリメントを利用する

こめかみハゲを予防するには、育毛剤やサプリメントを利用するという手があります。

特に、ホルモンバランスが乱れている場合や、過度なダイエットで栄養不足に陥っている場合は、サプリメントがおすすめです。

出産後には育児による疲労も加わるため、疲労を回復させるような効果が期待できるサプリメントを選ぶと良いでしょう。

更年期になると女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少するので、エストロゲンと似た働きを持つイソフラボンを配合したサプリメントがおすすめです。

食習慣を見直す

こめかみハゲを予防するためには、食習慣を見直すことも重要です。

女性には毎月の生理があるため、体内から鉄分が失われがちです。

そのため、レバーなど鉄分を多く含む食品を摂取するよう心がけましょう。

また、髪の毛はたんぱく質の一種であるケラチンから作られるので、良質なたんぱく質を摂取することも重要です。

ストレスをため込まない

ストレスは万病の元と言われるように、ため込むとろくなことがありません。

こめかみハゲのリスクを増すことはもちろん、身体の不調を招くこともあります。

そのため、適度にストレスを発散するよう心がけましょう。

血行を促進する

髪の毛の成長は毛母細胞の分裂によって起こります。

毛母細胞は毛包に存在していますが、毛細血管から栄養を受け取ることで、毛母細胞の分裂が活発になります。

つまり、血行を促進することによって毛母細胞を活発化させ、健康な髪の毛を成長させることが期待できるのです。

お風呂に入るときはシャワーだけで済ませるのではなく、なるべく湯船に浸かって身体を温めるよう意識しましょう。

また、日ごろから適度に身体を動かすことも重要です。

ヘアケアを見直す

肌質に合わないシャンプーを使っていると、髪の毛が細くなり、地肌が目立つようになります。

そのような場合、育毛用や薬用のシャンプーを選ぶと良いでしょう。

POINT

こめかみハゲを予防するためには、育毛剤やサプリメントを利用したり、ストレスを適度に発散したりすることが重要!

こめかみハゲが気になる場合の対処法

こめかみあたりの薄毛が気になりだした場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

以下におすすめのこめかみハゲ対策を紹介します。

髪型を変えてみる

こめかみハゲが気になる場合、髪型を変えてみてはいかがでしょうか。

髪の毛を後ろで結んでいるとこめかみが強調されるので、髪の毛を下ろしてみるのも良いでしょう。

発毛剤を利用する

発毛剤の利用も、こめかみハゲの改善に効果的です。

ちなみに日本では、フィナステリドとデュタステリド、ミノキシジルの3つに発毛効果があると認められていますが、女性が使えるのはミノキシジルだけになります。

薄毛治療専門のクリニックを受診する

こめかみハゲがなかなかよくならない場合、薄毛治療専門のクリニックを受診するのがおすすめです。

多くのクリニックは男性の薄毛治療を専門としていますが、当院では女性の薄毛や円形脱毛症の治療もおこなっています。

まとめ

こめかみだけに薄毛が見られることは稀ですが、ホルモンバランスの乱れや過度なダイエットなどによって、側頭部に薄毛を引き起こすこともあります。

そのような場合、生活習慣や食習慣を見直すことが重要です。

それでも改善が見られない場合、ぜひ、当院の無料カウンセリングをご利用ください。

分からないことがございましたら、なんでもご相談に乗らせて頂いております。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)