女性の円形脱毛症の原因とは?どんな治療法があるの?

円形脱毛症は、近年では自己免疫疾患が主な原因であることが分かっています。
本記事では、女性が円形脱毛症になる原因や、その種類について解説していきます。

— 目次 —

女性が円形脱毛症になる原因は?

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは、免疫系のシステムに異常が起きてしまうことです。自己の免疫系が自身の細胞や組織を異物として認識して攻撃することでさまざまな病変や障害が生じてしまいます。自己免疫疾患には、橋本病や関節リウマチ、Ⅰ型糖尿病といったものがあるのです。そして、自己免疫疾患の1つとして、最近では円形脱毛症が起きることもあると考えられています。

それでは、どうして自己免疫疾患が起きてしまうのでしょうか。これについては、根本的な原因は分かっていません。遺伝子異常や感染症、薬剤などが原因とされているのですが、詳しいことは分からないのです。

円形脱毛症については、自身のTリンパ球が誤って毛根の細胞を攻撃してしまい、毛が成長せずに休止状態になるために起きます。きちんと毛が成長するために止まってしまい、早く抜けてしまうため、結果的にその部分は円形に脱毛していくのです。

ストレスやアトピー性皮膚炎

自己免疫疾患以外の理由として、ストレスやアトピー性皮膚炎によって起きることもあります。激しいストレスによって、血行やホルモン、神経系にさまざまな影響が出てしまい、結果的に円形脱毛症になるのです。円形脱毛症の患者の中にはアトピー性皮膚炎を発症するものが多いというデータがあり、アトピーも円形脱毛症の原因とされています。

POINT

女性の円形脱毛症は自己免疫疾患が主な原因であるとかんがえられており、ストレスやアトピー性皮膚炎によって起きることもある。

女性の円形脱毛症の種類は?

円形脱毛症にはどのような種類があるのでしょうか。

単発型

頭皮に円形や楕円形の脱毛斑が1つだけ生じるのを単発型といいます。ただし、頭皮だけではなく、体毛や眉毛に単発型の円形脱毛症が生じることもあります。このタイプは、あまり脱毛している部分が大きくならないケースがあり、この場合は本人も気がつかないことがあります。あまり目立たないようであれば、そのまま放置していても、自然に治ってしまうことが多いです。

多発型

2つ以上の箇所に円形の脱毛斑ができてしまう症状を多発型といいます。完治するまでには半年から2年ほどかかることが多いです。最初は単発型だと思っていたものが、徐々に脱毛斑が増えていき、多発型であると分かるケースもあります。多発型はきちんと治療を受けることが大切であり、自然に治るケースは少ないです。

全頭型

頭部にある毛髪がすべて抜け落ちてしまうタイプの円形脱毛症を全頭型といいます。治療を始めてもなかなか治らず長期にわたって治療をする必要があります。数年かけて治療をしても治らないというケースも少なくありません。そのため、ウィッグを着用する人が多いです。

汎発型

頭部の髪の毛だけではなく、眉毛やまつ毛、体毛まで全身の毛が失われてしまう症状を汎発型といいます。治療が長期にわたって苦労する人が多いです。

女性の円形脱毛症は専門医を受診しよう

女性の円形脱毛症は専門医を受診すべきか説明していきます。

不安があれば専門医を受診しよう

女性であっても円形脱毛症になる人はたくさんいます。最近は円形脱毛症の患者が増えているという報告もあるのです。そのため、自分も円形脱毛症になるかもしれないと、少しでも不安があれば専門医を受診することをおすすめします。

酷い症状になった場合は、ほとんどの人が自分から専門医を受診しようと行動するものです。しかし、軽い円形脱毛症程度だと、自然治癒すると考えて無視する人もいます。
円形脱毛症は個人で判断をするのが難しい疾患です。間違えた判断をしてしまうと余計に症状を悪化させる可能性があります。

自分で判断するべきではない

円形脱毛症にはさまざまな原因があるとされています。
そのうち、どれが本当の原因なのか調べるためには、医師のカウンセリングを受けて、頭皮の状態を確かめてもらい、さまざまな検査をした上でやっと予想することができるのです。医師でも判断が難しい円形脱毛症を、自分で判断するのは難しいでしょう。

専門医を受診することによって、それぞれに適した治療を受けることができます。最適な治療法を提案してもらい、実際に治療を受けることで症状を改善させることができるのです。まだ症状の軽い段階であっても、早めに治療するために専門医に相談しましょう。

女性の円形脱毛症はどんな治療法がある?

ステロイド局所注射

単発型や多発型の症状に効果のある治療法です。ステロイドは炎症や免疫機能を抑えることができます。実際に脱毛が進んでいる部分にステロイドを注射する方法です。
したがって、注射していない部分に対しては効果を期待できません。広範囲に症状が出ている場合だと、ステロイド局所注射は向いていないのです。しかし多量のステロイドが全身投与されていることになってしまい、ステロイド内服と同じ副作用も出る可能性があります。

治療効果は高いとされていて、実際にステロイドによって円形脱毛症を改善できたという報告はたくさんあります。ただし、副作用があるという報告もあるため注意しましょう。注射した部位が陥没してしまいます。

また、注射をするときには強い痛みを感じるため、その点を納得したうえで治療しなければいけません。こちらの治療は保険適用されるため、治療費はあまりかからないようになっています。

局所免疫療法

かぶれを人工的に起こさせることで発毛を促すという方法です。最初は高濃度のものを用い、2週間後に低濃度のものを使って、その後は徐々に濃度を上げていきます。

広範囲が脱毛している患者への治療に有効な方法です。また、子供に使用することもできます。実際に局所免疫療法を受けた患者の9割に発毛効果があったという報告があります。ただし、副作用として、リンパ節膨張やじんま疹、かぶれなどが生じることがあります。すでにアトピー性皮膚炎やじんま疹、湿疹が出ている場合は、症状が一時的に悪化することがあるため注意しましょう。半年から1年以上かけてじっくりと治療する必要がある方法です。

 

女性の円形脱毛症は駅前AGAクリニックへ

オーダメイド複合治療

円形脱毛症といっても、症状や患者の体質などには個人差があります。そのため、それぞれに適した治療の方法は大きく異なっているのです。どのような患者にも対応できるための治療がオーダーメイド複合治療です。

カウンセリングで徹底的に聞き取りをして、詳細な診察を行い、各種検査を実施することで患者様に合ったオーダーメイドの治療を提案します。主に以下の3つの治療を提案するのが特徴です。
・オーダーメイドの内服薬
・オーダーメイドの外用薬
・オーダーメイドのメソセラピー局所免疫メソセラピー

メソセラピーは5パターン以上、内服薬は20パターン以上、外用薬は6パターン以上あるため、合計して600パターン以上もの治療方法から円形脱毛症に最適なものを提案します。

プライバシーに配慮

円形脱毛症の治療を受けると周りに知られないために女性のためにプライバシーに徹底配慮した対応を実践しています。完全予約制であり、個室を用意しているため、他の患者の視線を気にせずに利用できるクリニックです。個人情報の取り扱いについても厳重にしていて、安心して利用できます。

まずは無料カウンセリングへ

気軽に円形脱毛症について相談できるように無料カウンセリングが用意されています。カウンセリングでは自分の不安や悩みを相談して、専門家としての意見をもらうことができます。必要であれば、そのまますぐに検査を受けることも可能です。

まとめ

女性でも薄毛になる人は増えており、その原因として円形脱毛症の可能性が考えられます。円形脱毛症は自己免疫疾患やストレス、アトピー性皮膚炎などによって起きる症状です。放置していても自然に治る可能性は低いため、必ず専門医を受診しましょう。

円形脱毛症には単発型や多発型、全頭型、汎発型といった種類があります。多発型や全頭型になると完治するまでに数年かかることもあるのです。実際に円形脱毛症を治療する際にはステロイド局所注射や局所免疫療法という方法で治療します。ステロイド局所注射は治療効果が高いのですが、痛みが生じて、副作用もあるのが欠点です。局所免疫療法は広範囲に治療ができるのがメリットですが、保険適応外で自費診療となります。

実際に女性が円形脱毛症の治療をしたいときには、駅前AGAクリニックがおすすめです。オーダーメイド複合治療を行っていて、それぞれに合った治療方法を提案できます。完全予約制で個室制となっていて、プライバシーに配慮されているのも特徴です。無料カウンセリングを実施しているため、円形脱毛症に悩んでいる人は気軽に相談しましょう。少しでも薄毛が気になるならば、早めに相談をすることで高い治療効果を期待できるようになります。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)