デュタステリドは筋肉を増やすの?筋トレに影響する??

筋トレ

デュタステリド(商品名:ザガーロ)は筋トレに影響するのでしょうか。

以前同じような薬のフィナステリド(商品名:プロペシア)はドーピング検査に引っかかっていたようですが実際はどうなのでしょうか。

AGA治療で筋肉が増えれば面白いですよね。

今回は筋肉量に注目してデュタステリドの影響を駅前AGAクリニックの医師が検討してみます。

男性ホルモンとAGAの関係とは?

男性は女性より強いです。

これには男性ホルモンが関わっています。

AGAの治療はここに影響を与えます。

そこで、まず最初に男性ホルモンの動きを勉強しましょう。

テストステロンとDHT

男性ホルモンのメインとなるテストステロンは精巣などで作られます。

テストステロンは血流に乗って頭皮にやってきます。

そして、5αリダクターゼという酵素の働きによりDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

このDHTがAGAを引き起こす悪玉ホルモンであり、ヘアサイクルを短くして薄毛を引き起こすのです。

そのため5αリダクターゼを阻害することがAGAの治療になるのです。

では、5αリダクターゼ阻害薬であるデュタステリドは筋肉にどのように作用するのでしょうか。

デュタステリドでドーピングできちゃうの??実験してみましょう

仮説①デュタステリドがテストステロンからDHTへの変換を阻害することで、DHTが減り、そのぶんテストステロンが増える。そのため、筋肉は増える。

仮説②DHTは男性ホルモンの一種であり、これがなくなることで男性らしさがなくなってしまう。そのため、筋肉は減る。

仮説③DHTの存在量は元々少ないので、その影響は無視できる。もしくは、上記の二つの仮説が拮抗しあい作用が相殺されるため何も変わらない。

こうやって考えると全ての仮説が正しく見えてしまいますね。

こうなると実験して確認するしかないです。

デュタステリドの内服をした人(デュタステリド群)としなかった人(プラセボ群)で比較すればよいのです。

観察項目は筋力量、脂肪量、性機能、前立腺容積、皮脂産生量、ヘマトクリット、血清脂質量の変化で行ってみましょう。

『Effect of testosterone supplementation with and without a dual 5α-reductase inhibitor on fat-free mass in men with suppressed testosterone production: a randomized controlled trial.』

JAMAで2012年にBhasin S達が発表したものです。

2005年から2010年の間に139人の男性の協力を得て実験をしています。

男性に4段階の量のテストステロン(testosterone enanthate)を20週間投与します。(50mg、125mg、300mg、600mg/週)

更に各投与量でプラセボ(見た目は薬だけど薬剤ではないもの)もしくはデュタステリド2.5mg/日の追加投与を同時に行います。

そのようにして8つの群に分けて観察を行いました

また、内因性のテストステロン(体内で自然に作られるテストステロン)の分泌がなくなるように長時間作用性のゴナドトロピン拮抗薬leuprolide acetateを7.5mg/月で投与して試験を行いました。

このように内因性のテストステロンの分泌をなくすことで実験協力者のテストステロンのばらつきをなくして、投与したテストステロンの影響を観察できるようにしたのです。

これ以前の研究ではテストステロンからDHTへの合成を阻害すると、その材料であるテストステロンが増える可能性が示唆されていました。

つまり、仮説①が有力とされていたのです。

この試験の観察項目は筋力量、脂肪量、性機能、前立腺容積、皮脂産生量、ヘマトクリット、血清脂質量の変化で、それぞれの関係性も解析しました。

これによりテストステロンやDHTが筋肉量に与える影響やデュタステリドが各項目に与える影響が分かるのです。

実験の結果はどうだったの?筋肉は増えたの?

テストステロンで筋肉が増えた

解析の結果、各結果に大きな影響を与えたのはテストステロンだということが分かりました。

テストステロンが多ければ多いほど筋肉量が増え、体脂肪量が減り、チェストプレスやレッグプレスが強くなり、ヘモグロビンも増え、コレステロール値も下がりました。

テストステロンを多く投与された実験協力者にはこのような影響が出てきたのです。

やはりテストステロンが男性ホルモンの主役となる存在なのでしょう。

デュタステリドで筋肉はふえなかった

今回注目のデュタステリドは各項目に影響は与えませんでした。

デュタステリドを内服してもしなくてもテストステロン量や筋肉量に影響は出なかったのです。

つまり、ドーピングにはならなかったのです。

筋トレに影響は出ないのです。

残念な結果です。

AGAの治療を行いながら簡単に強くなれたら最高だったのですが。

やはり、筋トレは地道にやっていくしかないようです。

恐らくデュタステリドだけでなく、フィナステリドでも同じような結果になると思います。

デュタステリドで前立腺は小さくなる

この試験では前立腺についても観察しています。

前立腺に関してはテストステロン量やデュタステリド投与による違いは観察されませんでした。

DHTが前立腺を肥大させることはよく知られていますが、デュタステリドで前立腺が小さくなることはなかったのです。

これはテストステロン自体にも前立腺を肥大させる作用があると考えれば理解できます。

今回の実験ではデュタステリドの内服によってDHTを減らしても、実験の協力者に投与されたテストステロンの影響により前立腺は小さくはならなかったのでしょう。

デュタステリドは実際は前立腺を小さくしますので、AGAの治療中に前立腺肥大の症状が緩和されます。

これを期待してデュタステリドを内服している患者さんはかなり多いのです。

デュタステリドで筋肉は増えませんが、尿の切れが良くなるのは本当なのです。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)