薄毛にはどの経口避妊薬がいいの??ピルと女性のAGAについて

経口避妊薬と薄毛

月経不順や経口避妊薬の内服は女性の薄毛にどのような影響を与えるのでしょうか。

女性の薄毛の多くはFAGA(女性男性型脱毛症)ですので女性ホルモンの影響を強く受けます。

今回は経口避妊薬と薄毛の関係について駅前AGAクリニックの毛髪専門の医師が解説します。

 

月経周期について

月経AGA

エストロゲンとプロゲステロンの働きで月経周期が作られます。

月経不順には様々な原因がありますが、エストロゲンの分泌が少ない場合は薄毛が進行してしまいますので、その治療が必要だと考えられます。

まずはエストロゲンとプロゲステロンについて見てみましょう。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

排卵AGA

卵胞が発育するときに分泌されるホルモンです。

排卵が近くなる時に子宮内膜を厚くする働きがあります。

女性らしい体つきにするホルモンです。

成長期毛を増やし抜け毛を防ぐ作用があります。

エストロゲンの分泌が低下することにより薄毛の症状が進行してしまいます。

また、肌の質も良くしてくれる作用もあります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

基礎体温AGA

排卵された後に黄体から分泌されるホルモンです。

受精卵が子宮内膜に着床しやすくします。

体温を上げたり乳腺を発育させる働きがあります。

ピルに使用される合成プロゲステロンはプロゲスチンと呼ばれ、男性ホルモン(アンドロゲン)作用を持つ傾向があり薄毛を進行させてしまいます。

女性のホルモンの働きは複雑でエストロゲンとプロゲステロンだけでなく、それを調整するホルモンも関わってきます。

具体的にはゴナドトロピン放出ホルモンが卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンの分泌を促します。

卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンがエストロゲン、プロゲステロンを分泌させるように働くのです。

これらのホルモンバランスの乱れにより月経が乱れることがあります。

女性の薄毛のためにはエストロゲン量を正常化する必要があるのです。

経口避妊薬の種類で薄毛にどう影響するの??

悩みAGA

経口避妊薬には色々なタイプがあります。

ここで重要なのは男性ホルモン作用が少ないタイプのピルを選択することです。

また、エストロゲン含有量が多い方が有利に働きます。

使い勝手や副作用、相性等も検討しながら選択することになります。

まずは経口避妊薬を世代別に分類します。

以下を参考にしてください。

第1世代・・・オーソM、オーソ777、シンフェーズ、ルナベル
第2世代・・・アンジュ21、トリキュラー21、ラベルフィーユ21
第3世代・・・マーベロン21、ファボワール21、ダイアン35
第4世代・・・ヤスミン21、ヤーズ

第1世代経口避妊薬

ノルエステロンというプロゲスチン(合成黄体ホルモン)が使われています。

効果が弱い為にエストロゲンも多く入っています。

エストロゲンの力を借りてプロゲスチンの効果を増強しているのです。

第2世代と比較してプロゲスチンが持つ男性ホルモン作用は弱いです。

その為、女性の薄毛には第2世代より有利となります。

ただ、エストロゲンによる副作用(血栓症、乳がん、子宮頸がん)もあります。

第2世代経口避妊薬

ノボノルケステロルというプロゲスチンが使われています。

プロゲスチンの効果が強くエストロゲンを減らす事に成功しています。

ただ、ノボノルゲステロルは男性ホルモン作用が強い為、女性の薄毛には不利に働きます。

ニキビ、体の多毛症、肥満、性欲亢進などは男性ホルモンの作用によるものです。

男性ホルモン作用を弱めるために3相性となる事が多いです。

日本で人気のトリキュラーはこのグループに入りますが女性の薄毛には不利に働いてしまう可能性が高いのです。

第3世代経口避妊薬

デゾゲストレルやゲストデンというプロゲスチンが使われています。

これはより男性ホルモン作用を弱くすることに成功しています。

エストロゲン効果も相まって女性の薄毛の患者さんにも効果的に作用することが期待出来ます。

マーベロンはこのような作用でニキビの治療薬としてよく使われています。

酢酸シプロテロンが配合されたダイアン35も女性型脱毛症の治療効果が高いとされています。

しかし、人によっては男性ホルモン作用が前面に可能性は否定は出来ません。

この辺りはホルモンレセプターの感受性等の個人差があると思われます。

通常はマーベロンやダイアン35などで薄毛の治療効果が期待できると思われます。

第4世代経口避妊薬

ドロスピレノンというプロゲスチンが使われています。

体内で分泌されるプロゲステロンに近く副作用が抑えられています。

このドロスピレノンは男性ホルモン作用がなくなり、むしろ抗男性ホルモン作用がある為、女性の薄毛の治療としても効果があります。

しかし、第4世代のヤーズは日本では経口避妊薬の認可は取れていません。

あくまで月経困難症に対する治療薬の扱いです。

第3世代のマーベロンと比べると成長期毛を増やすエストロゲンの量は減っているため、どちらがより薄毛に対して効果的なのかははっきりとはしません。

第4世代も安心して女性型脱毛症の治療が行えるピルだと考えられます。

ヤーズの添付文書でも男性ホルモン作用のの脱毛症という文字が消えています。

女性型脱毛症にはどの経口避妊薬がいいの??

以上より、第2世代以外のピルが女性の薄毛には適していると思われます。

エストロゲンとプロゲスチンの感受性のバランスが患者さんにより変わるため、どれを使うべきかはケースバイケースだと思われます。

エストロゲンが多い方がいいのかプロゲスチンの男性ホルモン作用が少ない方がいいのかという選択になるかと思います。

一般的には第三世代のマーベロン、ダイアン35や第四世代のヤーズが良いのではないでしょうか。

避妊を含めて全体的なバランスもありますので産婦人科でご相談されることをお勧めします。

ピルで毛髪が増えた場合は内服を辞めると抜け毛が増えてしまう可能性があります。

これはピルの副作用というより本来の状態に戻ってしまったということです。

女性の薄毛のFAGAは総合的に治療が必要です。

ピルだけに依存して治療することは出来ません。

通常の治療を行っても効果が少ない時はピルについても検討してみましょう。

その場合は産婦人科の力も必要になりますので受診をお勧めするケースもあります。

駅前AGAクリニックは毛髪総合クリニックです。

男性だけでなく女性も専門です。

全国4院、東京新宿、大阪梅田、京都烏丸、岡山のすべてのクリニックで一貫した最新の薄毛治療を行っております。

女性の薄毛は数種類の薬剤を組み合わせて副作用を出さないようにしながら治療することが大切です。

また、進行を抑制するために継続して治療を行うことが非常に重要だと考えております。

ピルの処方は当クリニックでは行っておりませんがご相談ください。

駅前AGAクリニック 東京新宿院(新宿AGAクリニック)

新宿駅より徒歩4分
西新宿駅より徒歩1分
東京都新宿区西新宿7丁目20-2 愛美堂ビル7階

駅前AGAクリニック 大阪梅田院

阪急梅田駅より徒歩3分
御堂筋線梅田駅より徒歩5分
JR大阪駅より徒歩6分
阪神梅田駅より徒歩6分
東梅田駅より徒歩6分
地下鉄谷町線中崎町駅より徒歩5分
大阪府大阪市北区角田町1-17 サイドトリップ11 3階

駅前AGAクリニック 京都烏丸院

阪急烏丸駅より徒歩3分
地下鉄烏丸線四条駅より徒歩4分
京都府京都市中京区手洗水町650 四条烏丸スタービル6階

駅前AGAクリニック 岡山院

岡山駅より徒歩4分
岡山県岡山市北区本町2-4 若林ビル2F