老人性の薄毛にはAGAと加齢性脱毛症がある。加齢性脱毛症って本当にあるの?

老人AGA

年齢と共に毛髪は少なくなります。

これは老化現象でもあります。

人はこの薄毛に逆らうことはできないのでしょうか。

老人性の薄毛のことを老人性脱毛症と呼んでいた時代がありました。

しかし、最近は老人性の薄毛も治せるようになってきています。

老人性の薄毛のほとんどはAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性型脱毛症)だからです。

では、AGAではない老人性脱毛症もあるのでしょうか。

それを加齢性脱毛症といいます。

今回は加齢性脱毛症の正体について駅前AGAクリニックの医師が解説します。

加齢性脱毛症ってなに??

AGA女性

加齢性脱毛症とAGAはどのように違うのでしょうか。

AGAと進行パターンが違うことと薄毛の家族歴がないことで加齢性脱毛症を疑います。

加齢性脱毛症の進行パターンはびまん性になると考えられています。

びまん性とは頭部全体が薄くなることです。

加齢性脱毛症では男性型脱毛症や女性型脱毛症のようにヘアサイクルが短くなることはありません。

そのため、マイクロスコープで観察できる毛包の狭小化は起きないと言われています。

AGAの場合は男性ホルモンが原因となりヘアサイクルが短縮します。

それにより毛母細胞の分裂が進み毛母細胞が徐々に死んでいきます。

加齢性脱毛症の場合はヘアサイクル以外の理由で毛母細胞が死んでいく病態だと考えられています。

例えば、酸化ストレスや頭皮の17型コラーゲンの減少、毛細血管の障害、炎症など色々な原因があると考えられます。

加齢性脱毛症は本当にあるのか?

昔は老人性の薄毛はほとんどが加齢性脱毛症だと思われていました。

しかし、最近になって老人性の薄毛の中にはAGAがかなりあると分かって来ました。

さらにそもそも加齢性脱毛症という薄毛は存在しないかもしれないという驚くべき研究結果まで出てきました。

つまり、老人性の薄毛はほとんどが治療できるというのです。

実は加齢性脱毛症に関しての研究はこれまであまり行われてきたことはありません。

どうせ治せないと思われていたからです。

そのため、この研究結果は非常にインパクトのあるものでした。

『How real is senescent alopecia? A histopathologic approach.』

『加齢性脱毛症は本当にあるのか。病理学的な検証』

これは2011年にDavid A.WhitingMD達がClinics in Dermatologyで発表したものです。

2149個もの頭皮の組織検体を用いて分析を行いました。

正常な方や男性型脱毛症(AGA)、女性型脱毛症(FAGA)、びまん性脱毛症の患者さんの検体を解析しています。

加齢性脱毛症はこの中のびまん性脱毛症の中に隠れているはずなのです。

研究のやり方ですが、若者(20歳~29歳)の毛包の数を基準にして15%減少した時点を重度の脱毛症と定義します。

そして、重度の脱毛症になる年齢と割合を分析したのです。

以下がその結果です。

男性型脱毛症の10.6%の患者さんが50歳台で重度の薄毛になります。

女性型脱毛症の5.7%の患者さんが70歳台で重度の薄毛になります。

びまん性脱毛症の2.0%の患者さんが80歳台で重度の薄毛になります。

これらのデータは何を意味するのでしょう。

びまん性脱毛症が重度の脱毛症に占める割合は少ないことが分かります。

さらにこのびまん性脱毛症の中にはAGAやFAGAも多く含まれています。

重度の薄毛の中に加齢性脱毛症はほとんどないということが分かったのです。

つまり加齢性脱毛症は加齢と共にそれほど進行しないのではないでしょうか。

もしくは、そもそも加齢性脱毛症の患者さんが世の中にほとんどいないのではないでしょうか。

この研究は非常にインパクトがありました。

加齢性なはずなのに加齢と共に進行しないのもおかしいと思いませんか。

そうすると加齢性脱毛症なんて実はなかったという説も有力になります。

臨床的にはどうでしょうか。

私達、駅前AGAクリニックを受診される高齢患者さんのほとんどがAGAやFAGAの治療で毛髪が生えてきます。

やはり加齢性脱毛症なんて存在しないのかもしれません。

少なくとも純粋な加齢性脱毛症だけの患者さんはほとんどいないと断言できます。

老人性脱毛症はAGAか加齢性脱毛症。ほとんどが治療可能なAGAだった!

AGA夫婦

老人性の脱毛症は治療できるAGAなのです。

男性型、女性型脱毛症は治療できる時代がやってきたのです。

人生100年時代がやってきています。

いつまでも若々しくいたいと思いませんか。

薄毛は発症から時間が経てば経つほど治療の効果が出にくくなります。

ご高齢であっても薄毛の症状に気づいているなら受診をされてください。

治療出来る可能性は非常に高いと考えます。

駅前AGAクリニックは毛髪総合クリニックです。

全国4院、東京新宿、大阪梅田、京都烏丸、岡山のすべてのクリニックで一貫した最新の薄毛治療を行っております。

男性、女性、円形脱毛症、若年、高齢どのようなタイプの薄毛であっても総合的にアプローチして結果を出すことができます。

オーダーメイド治療なので診察に時間がかかりますが、患者さんに最適な治療方法を患者さんと共に作り上げていくスタイルをとっています。

ご来院時には現在患っているご病気や内服されている薬剤、アレルギー等を問診させて頂きます。

また、採血も行って治療が妥当かも判断させて頂いております。

お薬手帳や採血結果をご持参頂けると大変参考になりますので、ご来院の際は宜しくお願い致します。

駅前AGAクリニック 東京新宿院(新宿AGAクリニック)

新宿駅より徒歩4分
西新宿駅より徒歩1分
東京都新宿区西新宿7丁目20-2 愛美堂ビル7階

駅前AGAクリニック 大阪梅田院

阪急梅田駅より徒歩3分
御堂筋線梅田駅より徒歩5分
JR大阪駅より徒歩6分
阪神梅田駅より徒歩6分
東梅田駅より徒歩6分
地下鉄谷町線中崎町駅より徒歩5分
大阪府大阪市北区角田町1-17 サイドトリップ11 3階

駅前AGAクリニック 京都烏丸院

阪急烏丸駅より徒歩3分
地下鉄烏丸線四条駅より徒歩4分
京都府京都市中京区手洗水町650 四条烏丸スタービル6階

駅前AGAクリニック 岡山院

岡山駅より徒歩4分
岡山県岡山市北区本町2-4 若林ビル2F