岡山に住んでいる場合の天候・温泉と薄毛の関係|地域性とAGAとの関連性

岡山県は気候が穏やかなことから、晴れの国と呼ばれることもあります。そのため、岡山県から曇りがちな天候が多い地方へ引っ越しや転勤をすると、気分が塞ぎ込んでしまうことも珍しくありません。

 

こちらの記事では、悪天候による気象病が薄毛のリスクとなる理由や、好転が心身に与える影響および温泉に育毛効果があるとされる理由などについて解説しています。岡山にお住まいの方で、岡山県の天候・温泉と薄毛との関係を知りたい方はご一読下さい。

— 目次 —

岡山県の天気は晴れが多いと言われるのは降水量が少ないから

 

岡山県の天気は晴れが多いと言われるのは、年間の降水量が少ないからです。実際に年間の晴れの日を見てみると、もっとも多い都道府県は香川県となっています。

 

日照時間で見た場合、年間のトータル時間は山梨県がナンバー1です。岡山県における晴れの日の数は、都道府県で見た場合、16位に過ぎません。では日照時間が長いのかというと、こちらの関しても全国で見た場合、14位となっています。

 

では、なぜ岡山県が晴れの国と呼ばれているかというと、それは降水量1mm未満の日数が年間で日本一多いからです(山梨県は第2位)。また、年間の降雨量を見ても、全国で3番目に少ない県となっています。つまり、岡山県は晴れの日が多いからではなく、雨の日が少ないために晴れの国と呼ばれている訳です。

悪天候による気象病が薄毛の原因とされる理由

 

近年の研究により、悪天候による気象病が心身の不調を引き起こすことが分かっています。気象病が薄毛のリスクを高める要因として、以下の3点が挙げられます。

 

  • 頭皮の血流が滞る
  • 睡眠の質の低下により髪の成長が阻害
  • 内臓機能の低下により髪を作る成分が不足

 

それぞれの理由について解説します。

頭皮の血流が滞る

 

気象病が薄毛のリスクを高める原因の1つが、頭皮へと送られる血液の血れが滞る点です。天候が悪化すると自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位に傾いて血管が収縮します。

 

頭皮には毛細血管が多く分布しているのですが、血行不良によって毛細血管が収縮すると、血液によって運ばれる酸素や栄養が不足します。その結果、髪の毛が成長するためのエネルギー不足に陥り、薄毛のリスクを高めると考えられるのです。

睡眠の質の低下により髪の成長が阻害

 

気象病が薄毛のリスクを高める原因としては、睡眠の質の低下により、髪の毛の成長が阻害される点も挙げられます。私たちの体内では就寝中に成長ホルモンの分泌が促進され、細胞分裂が活発化します。

 

髪の毛は毛母細胞の分裂によって成長するのですが、睡眠の質が低下した場合、毛母細胞の分裂が不活発となるため、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすのです。また、睡眠の質が低下すると身体の回復の方へエネルギーが回され、髪の毛を成長させるための栄養が不足する可能性もあります。

内臓機能の低下により髪を作る成分が不足

 

内臓機能の低下により髪の毛を作る成分が不足することも、気象病が薄毛のリスクを高める原因の1つです。髪の毛はタンパク質の一種であるケラチンからできていますが、タンパク質を摂取すればそのまま髪の毛に変化するわけではありません。

 

タンパク質は体内の酵素によってアミノ酸へと分解され、亜鉛の働きなどによりケラチンへと再合成されるのです。気象病によって自律神経のバランスが乱れると、胃腸を始めとした粘膜の不調をきたし、内臓の機能が低下します。その結果、髪の毛を作るためのエネルギーが不足し、薄毛のリスクを高めるのです。

天気が良いと心身ともに好調に

 

天気が良いと心身共に好調に保つことが期待できます。人間の身体には体内時計が備わっているとされており、朝日を浴びることでリセットされると言われています。

 

ところが、天候不良の日が多いと体内時計に徐々にズレが生じ、結果として心身の不調のリスクを高めてしまうのです。岡山県は雨の降る日も降水量も全国的に見て少ないため、気象病による心身の不調を招きにくいと考えられています。

 

心身の状態が良好に保たれていれば、自律神経のバランスも崩れることがないため、薄毛のリスクの上昇を避けることが期待できます。

岡山県は温泉湧出泉源が豊富

 

日本人は世界的に見てもお風呂や温泉が好きな国民とされていますが、岡山県は温泉湧出泉源が豊富なことでも知られています。2018年3月の段階で県内の温泉湧出泉源の数は223ヶ所あり、そのおよそ半数が利用可能な泉源とされています。

 

岡山県内で特に有名な温泉としては、湯郷温泉(ゆのごうおんせん)・奥津温泉(おくつおんせん)・湯原温泉(ゆばらおんせん)から成る美作三湯(みまさかさんとう)がよく知られています。

 

湯郷温泉は岡山県でも最大の温泉郷で、冷え性や乾燥肌などを改善したい方に人気です。奥津温泉と湯原温泉は全国的に見ても珍しく、足元から源泉が湧き出しています。次に、温泉の育毛効果や注意点について見ていきましょう。

温泉に育毛効果があるとされる理由

 

温泉に育毛効果があるとされる理由、および注意点は以下の通りです。

 

  • 温熱作用により全身の血行が促進される
  • 浮力効果によりリラックス状態になれる
  • 温泉で髪を濡らすと悪影響があるため注意

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

温熱作用により全身の血行が促進される

 

温泉に育毛効果があるとされる理由の1つが、温熱作用により全身の血行が促進される点です。血液は全身に酸素と栄養を送り届けていますが、そのためには血液のスムーズな流れが欠かせません。

 

温泉に浸かってゆっくり温めると、温熱作用によって血液の流れがスムーズになります。その結果、身体の隅々にまで栄養と酸素を送り届けることが可能です。頭皮は毛細血管が多く分布しており、血行が悪くなりやすい箇所の1つなので、なおさら温泉の温熱作用が有効といえます。

浮力効果によりリラックス状態になれる

 

浮力効果によりリラックス状態になれる点も、温泉に育毛効果があるとされる理由の1つです。水やお湯の中ではアルキメデスの原理によって身体が軽く感じますが、それがリラックス作用に繋がります。

 

心身がリラックス状態になると、自律神経のうち副交感神経が優位に傾きます。副交感神経が優位に傾くと血管の拡張により、血液の流れがスムーズになります。また、リラックスすることで睡眠の質が高まり、就寝中の髪の毛の成長が活発化します。

温泉で髪を濡らすと悪影響があるため注意

 

温泉に浸かると温熱作用や浮力効果が得られるため、育毛をサポートする際に強い味方となってくれます。ただし、髪の毛を温泉のお湯で濡らしてしまうと、悪影響を及ぼす可能性もあるため注意が必要です。

 

特に温泉の主な成分である硫黄には、髪の毛の構造を壊してしまう働きがあることで知られています。温泉に浸かった後、ヘアカラーが落ちやすくなるのもそのためです。温泉に入るときは髪の毛を濡らさないようにして、湯船から上がり普通のお湯で洗うようにしましょう。

温泉で髪を濡らすなら炭酸泉がおすすめだが岡山にはない

 

通常の温泉で髪の毛を濡らしてしまうと、髪の毛に対して悪影響を及ぼす可能性があります。一方、炭酸泉であれば髪の毛のダメージを気にすることなく入浴が楽しめます。

 

しかし、岡山県内には炭酸泉がないので、自宅で炭酸風呂を作って楽しむ方法があります。作り方はとても簡単で、クエン酸と重曹を用意するだけです。

 

浴槽に38度程度のぬるま湯を入れ、クエン酸を300g入れてよくかき混ぜます。その後、重曹を390g入れてさらによくかき混ぜましょう。炭酸泉ができたら、冷めないうちに素早く入浴を済ませるのがポイントです。

岡山で通いやすいAGAクリニックをお探しなら

 

岡山で通いやすいAGAクリニックをお探しならAGAクリニックまでご相談下さい。岡山県は晴れの国とも呼ばれており、悪天候がもたらす気象病によって薄毛になるリスクは低いと考えられます。

 

また、県内には多くの温泉があるため、心身のコンディションを整え、髪の毛の成長をサポートすることが期待できます。しかし、源泉で髪の毛が濡れると薄毛のリスクを高める可能性もあるため注意が必要です。

 

また、温泉に育毛効果は期待できても、発毛までは期待できません。そのため、抜け毛や薄毛が気になる場合、早めに専門医に見てもらう必要があります。

 

岡山駅から徒歩4分の駅前AGAクリニックは個室を完備しており、他人の目を気にせず診察・治療が受けられます。カウンセリングは無料なので、抜け毛や薄毛に関するお悩みがある方はお気軽にご相談下さい。

 


駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)