鹿児島県では薄毛・AGAになりやすいのか?郷土料理や焼酎との関係も

九州の最南端に位置する鹿児島県は、日本でも有数の平均気温が高い都道府県の1つです。また、江戸時代中期より芋焼酎の名産地としても知られており、アルコール耐性遺伝子を日本で2番目に多く持っていることから、酒豪が多い県としても知られています。

最高気温こそ岐阜県の多治見市や埼玉県の熊谷市ほど高くありませんが、それでも平均気温は47都道府県の中でも第2位を占めており、夏の間は真夏日になる日がほとんどです。そんな高温多湿の鹿児島県で暮らしていると、AGA(男性型脱毛症)になるリスクは高くなるのでしょうか。

こちらの記事では、鹿児島県の気候や薄毛との関係について解説するとともに、薄毛予防・対策のための郷土料理も紹介しています。鹿児島在住で、気候・郷土料理や焼酎と薄毛の関係が気になる人は参考にしてみて下さい。

鹿児島県の気候は温暖多雨

総務省統計局の行なっている、統計でみる都道府県のすがたによると、鹿児島県の2019年の平均気温は、沖縄県に次いで第2位となっています。都道府県別の平均気温ベスト5は以下の通りです。

都道府県 平均気温(℃)
沖縄県 23.9
鹿児島県 19.4
宮崎県 18.4
福岡県 17.9
長崎県 17.9

6位に静岡県と高知県が続きますが(17.8℃)、九州と沖縄でベスト5を占めています。降水量も高知県に次いで第2位となっており、年間を通して温暖で湿度の高い気候が鹿児島県の特徴です。

高温多湿と薄毛の関係

高温多湿が薄毛に繋がる原因については、以下の点が挙げられます。

  • 紫外線による頭皮へのストレス
  • 頭皮の蒸れに伴う雑菌の繁殖
  • セット剤による毛穴の詰まり

鹿児島県は日本で2番目に平均気温が高い都道府県ですが、特に夏の日差しによるダメージで、頭皮環境の悪化を招く可能性があります。

頭皮は身体の中でもっとも紫外線に晒されやすい位置にあるため、頭皮の日焼けや乾燥により抜け毛のリスクを高める可能性が考えられるのです。

高温多湿の鹿児島県では、頭皮の蒸れに伴う雑菌の繁殖リスクもあります。頭皮にはもともと常在菌が棲みついており、普段は悪さをすることがありませんが、蒸れなど頭皮環境の悪化に伴って増殖し、抜け毛のリスクを高めるのです。

また、汗をかくことでセット剤が流れ出し、角質やホコリなどと混じり合って毛穴を塞ぐと、髪の毛の成長に悪影響を及ぼす可能性もあります。

鹿児島県の郷土料理で薄毛予防・対策を

鹿児島県には個性豊かな郷土料理の数々があり、上手に日常の食事へと取り入れることで、薄毛予防・対策効果が期待できます。薄毛予防・対策には以下の4つの郷土料理がおすすめです。

  • さつますもじ
  • がね
  • 鳥刺し
  • 豚骨

4つの郷土料理について詳しく解説します。

さつますもじに含まれるお酢は頭皮環境を整える効果

薄毛予防・対策におすすめの鹿児島県の郷土料理が、さつますもじです。さつますもじは鹿児島県独自のちらし寿司です。鹿児島県ではちらし寿司のことを、すもじと呼ぶ風習があります。

四季折々の食材と、鹿児島県ならではのさつま揚げなどを具材とし、地酒に浸した手で合わせていくのが特徴です。さつますもじに使われているお酢には、全身の血液循環を促進し、頭皮環境を良好に保つ働きが期待されています。

お酢は手軽に摂取できる健康食品の1つですが、1日あたり大さじ1杯程度摂取することがおすすめとされています。さつますもじ(4人分)を作る場合には、大さじ3杯のお酢を使うのが目安となっているため、少し多めにお酢を使うことで1日におすすめの摂取量を無理なく取り入れることが可能です。

さつまいも入りかき揚げのがねは栄養素が豊富

薄毛予防・対策におすすめの鹿児島県の郷土料理としては、がねも挙げられます。がねは鹿児島県以外であまり見かけることがないかき揚げの一種で、さつまいもを使っていることが特徴です。

鹿児島県を代表する郷土料理の1つで、揚げた時の形がカニ(鹿児島弁でがねと言います)に似ていることから、その名前が付けられています。

鹿児島県は古くからさつまいもの名産地として知られていますが、さつまいもにはアミノ酸の代謝をサポートするビタミンB6や、抗酸化作用のあるビタミンC、血行促進作用のあるビタミンE、タンパク質の再合成をサポートする葉酸などがバランス良く含まれています。ただし、油で揚げているため食べ過ぎには注意が必要です。

鳥刺しで良質なタンパク質や亜鉛などのミネラルが摂取できる

鳥刺しも鹿児島県で有名な郷土料理の1つです。薄毛を予防する際には脂質の摂り過ぎを避けるべきとされます。脂質を摂りすぎると皮脂の分泌量が過剰になり、頭皮環境の悪化を招くためです。

鶏肉なら肉類の中でも脂質が少なくヘルシーであるため、薄毛予防・対策中であっても気軽に食べられます。また、鳥刺しには豊富なタンパク質や亜鉛などのミネラルが含まれており、髪の毛を作る上でも積極的に摂取したい食品の1つです。

鶏肉を生で食べる習慣は、47都道府県の中でも鹿児島県と宮崎県にしかありませんが、両県では独自の厳しい基準を設け、食中毒のリスクを徹底的に排除しています。鳥刺しが食べたいときには、必ず専門の料理人に調理してもらいましょう。

味噌で煮込む豚骨にはイソフラボンが含まれる

薄毛予防・対策におすすめの鹿児島県の郷土料理としては、豚骨も挙げられます。豚骨は鹿児島県独自の料理で、骨付きの豚のあばら肉を、大根や人参、蒟蒻とともに味噌で煮込むのが特徴です。

最初に豚骨を炒め、その後でじっくりと煮込むことで、余分な脂を落とすことが可能です。また、煮込む際にショウガを入れるため、血行を促進する効果も期待できます。

豚骨の特徴は味噌で煮込むことですが、味噌に含まれるイソフラボンには、男性ホルモンの過剰な分泌を押さえ、薄毛を抑制する効果も期待されています。

豚肉にはタンパク質の他、ビタミンB1やB12、ナイアシン、鉄分、カルシウム、マグネシウムなどが多く含まれており、薄毛対策だけでなく健康維持にもおすすめです。

鹿児島県では薄毛の原因になるとされるお酒に注意が必要!?

鹿児島県の方はアルコール耐性遺伝子を日本で2番目に多く持っているとされており、毎晩のように焼酎を嗜まれる方も少なくありません。お酒の飲み過ぎは薄毛につながる可能性もあるため、以下のような点に気を付けることが重要です。

お酒の摂取が薄毛を招く可能性はある

酒は百薬の長とされていますが、飲み過ぎは万病の元とも言われます。過剰にアルコールを摂取した場合、アルコールを分解するために体内の水分が消費され、いわゆるドロドロ血液となり、髪の毛の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、日常的にアルコールを摂取していると、肝臓の機能が低下するため、AGA治療薬を服用している方も注意が必要です。ただし、飲酒に伴う抜け毛が必ずしもAGAの発症によるものとは限りません。また、飲酒がAGAの直接の原因となることもありません

厚生労働省によると、通常のアルコール代謝能力がある場合、1日のアルコール摂取目安量は焼酎(25度)の場合でおよそ100mlとされています。鹿児島県の方はアルコール代謝能力が高いとされますが、飲み過ぎには注意しましょう。

鹿児島県で有名な焼酎はストレートやロックでたしなもう

鹿児島県でよく飲まれている代表的なお酒が焼酎です。焼酎には糖質やプリン体が含まれていない上、低カロリーなため、ストレートやロックで飲むのがおすすめです。

ソーダやジュースで割ってしまうと、糖質を過剰に摂取してしまう可能性もあるため注意が必要です。また、いくら糖質やプリン体が含まれていないとは言え、過剰に摂取すれば肝臓に負担を掛ける結果となるのは避けられません。焼酎をストレートやロックで飲むときには、チェイサーとして水を飲むようにするのがおすすめです。

焼酎を飲むときのおつまみは低脂質のものを

焼酎を飲んでいるとおつまみが欲しくなるものですが、できるだけ塩分や脂質を多く含む食品は避けましょう。塩分が多く含まれているおつまみを食べると、喉が渇くためさらに多量の焼酎を飲んでしまう可能性があります。

また、糖質や脂質を多く含む食品を摂取した場合、皮脂の分泌量が増加したり、頭皮が老化したりして、頭皮環境の悪化を招く恐れがあります。焼酎を飲むときには、野菜スティックなどヘルシーなおつまみにするのがおすすめです。

鹿児島県で薄毛の治療を希望するなら駅前AGAクリニックへ

鹿児島県で薄毛の治療を希望するなら、駅前AGAクリニックまでご相談下さい。鹿児島中央駅から徒歩2分の距離にある駅前AGAクリニック鹿児島院では、600パターンにも及ぶ治療法の組み合わせから、一人ひとりに最適の治療法を提案しています。

抜け毛や薄毛の原因は人により様々であるため、まずは原因を突き止めることが重要です。また、進行型のAGAが疑われる場合には根気強く治療を続けることも求められます。

駅前AGAクリニックでは、カウンセリングを無料で行っています。抜け毛や薄毛に関するご質問やご相談、費用に関するお悩みなど、何でも専門のカウンセラーまでお問い合わせ下さい。

 


駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)