外用ミノキシジルについて どれくらいの濃度のものを使ったらいいの??

外用ミノキシジルについて どれくらいの濃度のものを使ったらいいの??

AGA治療において、フィナステリド(プロペシア)と双璧を担うミノキシジルの外用療法について、さまざまな濃度の製品がありますが、使用するミノキシジルの濃度は濃ければ濃い方がいいのか?

結論から言うと答えは 「イエス」 です。

では数多ある外用ミノキシジル薬の中から何を選ぶべきか、そのあたりを今回はお話ししたいと思います。

ミノキシジルの誕生秘話

ミノキシジルの誕生秘話

前回プロペシアの誕生秘話についてお話ししましたが、ミノキシジルもプロペシア同様、最初からAGAの治療薬として開発されたわけではありません。

その血管拡張作用から高血圧の治療薬として開発されました。

その後、副作用として多毛症の報告が相次いだため、塗り薬として頭皮に使用してみたところ、薄毛の改善効果があったためAGAの治療薬として使用されるようになりました。

おすすめの濃度は?

ミノキシジル外用おすすめの濃度は?

外用ミノキシジルですが、日本では大正製薬から発売されている「リアップ」が有名ですね。

リアップには1%と5%の商品があり、どちらもドラッグストアなどで購入可能です。

大正製薬が厚生労働省の認可を得る際に行った臨床実験において、ミノキシジル1%よりも5%のほうが、有意に効果が高いことが立証されています。

外用ミノキシジルは濃いほうが効果があるということです。

どんな濃度があるの?

ミノキシジル外用はどんな濃度があるの?

現在国内、海外で入手可能な外用ミノキシジルの濃度は1~16%のものがあり、種類としては約20種類程度があります。

日本で厚生労働省が認可しているのは大正製薬のリアップ1%と5%のみで、それ以上の濃度のものは医師の診察の上処方が必要です。

もちろん個人輸入も可能ですが、本来高血圧治療のための薬という背景もあり、また模造品も多数流通しているため、個人輸入、使用には重大なリスクがあるためお勧めできません。

上記理由とともに、濃度が濃ければ、かぶれなどの副作用も起こる確率が増えるため、まずは低濃度からスタートし、徐々に濃度をあげるほうが安全と考えています。

駅前AGAクリニックでのおすすめしている外用ミノキシジルの濃度とタイプについて

駅前AGAクリニックでのおすすめしている外用ミノキシジルの濃度とタイプについて

当院ではほぼ全ての濃度のミノキシジルを取り扱っております。また外用薬のタイプとしてフォームタイプ、リキッドタイプ、塗り薬タイプなど、使用用途に合わせて様々なタイプをオーダーメイドで作成しております。

フォームタイプ:整髪料のムースのようなイメージです。流れにくいため、ピンポイントでの使用に向いています。使い勝手が良いので、面倒なのが苦手な方におすすめしています。

リキッドタイプ:広範囲にご使用して頂けます。フォームタイプに比べると、液体なので取扱いは面倒ですが、より高濃度を希望される方におすすめしています。

塗り薬タイプ:生え際など、液状では流れてしまいやすい場所にご使用いただきます。

考え方として、外用ミノキシジルは当然頭皮に直接塗ることで効果が出ます(髪の毛に塗っても意味はない)ので、高濃度のリキッドタイプが一番効果的です。

ただやはり液体でべたつきますので、外出時にはフォームタイプを使用し、夜洗髪後はリキッドタイプを使用するといったように、組み合わせての使用をする場合もあります。

ミノキシジル外用製剤の正しい塗り方は?

ミノキシジル外用製剤の正しい塗り方は?

朝晩2回使用します。可能であればシャンプー、洗髪し頭皮のよごれ、角質をしっかり落としてからの使用が効果的です。

なかなか朝の洗髪の時間がない人でも、夜はしっかりシャンプーしてから使用してください。

また洗髪後、しっかり髪、頭皮を乾かしてから使用して頂くことも重要です。

頭皮や髪に水分があると、薬液が薄まってしまい、効果が落ちる可能性があるからです。

他の薄毛治療との併用でより効果的に!

その効果が立証されているミノキシジルの外用療法ですが、もちろん単独での治療は効果も限定的です。

フィナステリドやデュタステリド内服、ミノキシジル内服や、ビタミンなどの補充療法、オーダーメイド発毛メソセラピーを併用することによって、その相乗効果でより高い治療効果を実現することができます。

実際患者さまの中には、保険の皮膚科などでAGAを相談し、プロペシアの内服や、市販のリアップの使用をすすめられ使用してみたものの、治療効果に満足できない方も多いです。

そのような患者さまも、オーダーメイドの複合的な治療をすることにより、かなり早期から発毛効果を実感されるかたが多いです。

もちろん女性の薄毛(FAGA)についても同様です。

駅前AGAクリニックでは東京新宿、大阪、京都のすべてのクリニックにおいて豊富な治療経験によりミノキシジルの適切な内服調整を行っております。

諦めずにまずはお気軽にご相談ください。

駅前AGAクリニック 東京新宿院(新宿AGAクリニック)

新宿駅より徒歩4分
西新宿駅より徒歩1分
東京都新宿区西新宿7丁目20-2 愛美堂ビル7階

駅前AGAクリニック 大阪梅田院

阪急梅田駅より徒歩3分
御堂筋線梅田駅より徒歩5分
JR大阪駅より徒歩6分
阪神梅田駅より徒歩6分
東梅田駅より徒歩6分
地下鉄谷町線中崎町駅より徒歩5分
大阪府大阪市北区角田町1-17 サイドトリップ11 3階

駅前AGAクリニック 京都烏丸院

阪急烏丸駅より徒歩3分
地下鉄烏丸線四条駅より徒歩4分
京都府京都市中京区手洗水町650 四条烏丸スタービル6階

駅前AGAクリニック 岡山院

岡山駅より徒歩4分
岡山県岡山市北区本町2-4 若林ビル2F