ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果・副作用のリスクとは!?

AGAの治療方法にはヘアサイクルを正常にしてAGAの進行を抑える『5αリダクターゼ阻害薬』と毛母細胞を刺激して発毛させる『ミノキシジル』があります。
 ミノキシジルは扱いが難しい薬剤です。
 特に内服薬の扱いは非常に難しいです。
 それでもミノキシジルを上手く使いこなすことが出来るとかなりの治療効果が期待できます。
 ミノキシジルを上手く使いこなすことが出来るのが毛髪専門クリニックの強みでもあるのです。

AGAの治療方法にはヘアサイクルを正常にしてAGAの進行を抑える『5αリダクターゼ阻害薬』と毛母細胞を刺激して発毛させる『ミノキシジル』があります。

ミノキシジルは扱いが難しい薬剤です。

特に、ミノキシジルの内服薬である、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の扱いは難しいです。

それでミノタブを上手く使いこなすことが出来るとかなりの治療効果が期待できます。

ミノタブを上手く使いこなすことが出来るのが毛髪専門クリニックの強みでもあるのです。

私達のモニターの症例写真は全て本物です。

上手く薬剤を使いこなすことが出来るとこれほどまでにAGAの治療効果が期待出来るのです。

以前にミノキシジルの外用療法については少しお話ししましたが、今回はミノタブの副作用や効果について駅前AGAクリニックの医師がお話ししたいと思います。

— 目次 —

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)とは?


ミノキシジルタブレット(ミノタブ)とは、ミノキシジルという成分を含んだ内服薬です。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、血圧を下げる効果があるため、ミノタブはもともと高血圧の治療薬として開発されました。

しかし、その後ミノキシジルには発毛効果があることがわかったため、現在はAGA治療薬として使われています。
ミノキシジルの外用薬は、大正製薬のリアップなどが市販で購入できますが、内服薬であるミノタブは、下記2通りでしか購入することはできません。

1.クリニックで処方してもらう
2.個人で輸入する
個人で輸入する場合、偽薬を購入してしまう可能性があるので、医師の診断を受け、クリニックで処方してもらうという方法を強く勧めます。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果とは?


ミノタブは、発毛に非常に効果があると定評があります。

その作用機序は大きく二つあります。

・頭皮の毛細血管を拡張することで頭皮の血流を改善し発毛を促す
⇨血流が悪くなり、栄養が不足している毛根に対し働きかけることで発毛を促します。

・毛乳頭細胞を刺激し発毛を促す
⇨毛乳頭細胞から成長因子が分泌され、毛母細胞という、発毛に必要な細胞が刺激されます。
これにより、毛母細胞が細胞分裂し、発毛を促します。

このように、ミノタブが毛根に働きかけることで、弱った髪や、すでに抜けてしまった髪に栄養を与え、発毛を促すのです。

プロペシアとの違いについて

ミノタブとプロペシアは、AGA治療において併用されることがとても多い組み合わせです。

そこでミノキシジルタブレットとプロペシアの違いについて説明します。

効果について

そもそもミノタブとプロペシアでは働きが違います。

まず、ミノタブですが、先ほど説明したように、当初は高血圧治療薬として開発されました。

ミノキシジルは、なぜ髪が生えるのか、そのメカニズムは正確には判明していませんが、髪の毛の発毛を担う毛包の活性化を促すことは確かです。

次に、プロペシアについてです。

プロペシアは、厚生労働省に許可を受けているAGA治療薬です。

プロペシアとは商品名であり、有効成分としてフィナステリドが含まれており、フィナステリドには、脱毛を防ぐという効果があります。

プロペシアに含まれるフィナステリドを体内に取り入れることで、ヘアサイクルの乱れを抑えることができ、結果的に抜け毛を防ぐのです。

つまり2つの違いを簡単にまとめると、ミノタブが発毛を促進するのに対し、プロペシアは抜け毛を防ぐことができるのです。

そのため両者を併用することで、薄毛治療において高い効果を得ることができます。

関連記事:AGA治療薬の基本、プロペシア(フィナステリド)について

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の副作用は?

ミノタブの副作用について説明します。

ミノタブを服用することで起こりうる副作用は以下の通りです。

  • 多毛
  • 血圧低下
  • 初期脱毛
  • 手足のむくみ
  • めまい、ふらつき
  • 頭痛
  • 胃腸障害
  • 心筋障害
  • ミノタブの副作用だけでも、これだけの数が起こりうります。

    今回はこの中でも起こりやすいものについて説明します。

    血圧低下

    ミノキシジルはもともと高血圧のお薬のため血管を拡張させて血圧を下げる効果があります。

    実際、薄毛治療で使用するミノキシジルの用量は最大でも10mg程度となります。

    高血圧治療で使用する最大50〜100mgといった投与量と比べると、はるかに少ない安全な用量です。

    それでも血管拡張作用による副作用が生じることがあります。

    具体的には動悸やめまい、顔のむくみといった症状です。

    この中でも顔のむくみや足のむくみという症状は比較的高頻度に起こる印象があります。

    しばらく内服を続けると慣れてくることが多いのも特徴です。

    このような場合は内服するタイミングを夜から朝に変えたり、用量を減量したりして対応します。

    多毛

    ミノキシジルの内服による発毛作用により髪の毛以外に、腕や足、うなじなど、全身の毛が濃くなる症状です。

    ミノキシジルが全身の血流にのって髪の毛以外の全身の毛にも同様の発毛効果が働くことで起こります。

    ちなみに手のひらなど普段毛がないところに生えるということはありません。

    もともとうぶ毛など毛が目立ちにくい場所の毛が濃くなるような印象です。

    ミノキシジルの内服をやめれば全身の多毛も改善します。

    それでもミノキシジルをやめたり減らしたりすると多毛は良くなったとしてもせっかく増えた髪の毛も減少してしまいます。

    ミノキシジルの休薬や減薬の調整は必ず医師の指示に従いましょう。

    それほど頻繁に起こる症状ではありませんがレーザー脱毛で対応することで問題なく解決可能です。

    初期脱毛

    この副作用はミノキシジル内服に関わらず、全ての薄毛治療に共通する副作用ですが、休止期にあった毛根が、AGA治療により急激に活性化された毛母細胞によって成長期に入ることで、新しい毛によって押し出されるようなかたちで抜け毛が増える減少です。

    治療開始後1ヵ月くらいから起こり2ヵ月目くらいで改善するかたが多いです。

    もともと薄毛の部分がより薄くなりますが、これは治療過程で必ず起こる現象で、その後生えてくる証拠でもあるので、恐れる必要はありませんが、メソセラピーを併用することである程度抑えることも可能です。

    ミノキシジル内服と外用の効果に違いはあるの??

    効果の違いについて

    ミノキシジルの内服薬は外用薬より強い発毛効果があります。

    理由としては、内服することで体内から直接ミノキシジルが働き、有効成分の吸収率が高くなるからです。

    外用薬は頭皮に直接添付するため、皮膚や皮脂などによって吸収を阻害されてしまうので、吸収効率がどうしても落ちてしまいます。

    その分、外用薬は副作用が少ないのが利点となります。

    料金の違いについて

    内服薬と外用薬の違いについて、当院の1ヶ月分の料金を参考に紹介します。

    なお今回は、薬用成分としてミノキシジルを含んだ「リアップ」と、当院で処方している「AGA発毛外用薬」を外用薬の例として紹介します。

    治療名 料金
    ミノタブ 5,000円~
    リアップ 6,450円~
    AGA発毛外用薬 7,000円~

    こちらの表からわかるように、外用薬よりも内服薬ほうが安いということがわかります。

    内服薬の方が,若干副作用が出やすいと言われております。

    そのためミノタブを服用することに関して不安に思う方もいると思います。

    ですが、当院など、ミノタブを処方しているクリニックで購入することで、定期的に医師の診断を受けることができるので、安心して治療を受けることができます。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    本記事ではミノキシジルタブレットの効果や副作用について説明してきました。

    ミノキシジルは当然用量の多いほうが発毛効果が強いのは間違いありません。

    もともと高血圧の治療薬として開発された背景からも分かるように血圧や脈拍などの観察は非常に重要です。

    安易な増量も危険ですが減薬や突然の休薬もせっかくの発毛効果が失われる結果になってしまいます。

    ミノキシジル配合の外用薬を市販で購入することも可能ですが、これらのリスクを踏まえると、クリニックで処方した方が良いということは自明です。

    まずは医師に相談し、正しい治療方法を見つけましょう。

    駅前AGAクリニックでは東京新宿、大阪梅田、京都烏丸、岡山のすべてのクリニックにおいて一貫した適切なミノキシジル内服の指導を行っております。

    また、当院では、

    服用回数(1日) 服用量 錠数
    1回 2.5mg 1錠
    5mg
    10mg
    2回 2.5mg 計5mg
    5mg 計10mg

    など様々な処方パターンから患者様の個々の状態、副作用の有無などを考慮し処方しています。

    気になる方は、無料カウンセリングから検討してみてはいかがでしょうか。

    無料カウンセリングはこちら


    駅前AGAクリニック【東京新宿院大阪梅田院京都烏丸院岡山院

    無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

    カウンセリングWEB予約(無料)