若はげに有効な対策法とは?普段の生活から実践できる対策をご紹介

若はげの対策

父親や祖父が薄毛である場合、自分も若はげになるのではないか心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、実際に薄毛の進行に悩まされている方もいらっしゃることでしょう。

若はげになってしまうと、実際の年齢よりも老けて見られる可能性があり、容貌に自信が無くなってしまうこともあるでしょう。

では、若はげとはどのような薄毛のことを意味するのでしょうか。また、若はげのリスクを下げるためには、どのような対策を講じると良いのでしょうか。ここでは、若はげの対策法について詳しくご紹介します。

— 目次 —

若はげとは

若はげとはどのような薄毛なのかを知っておきましょう。若はげは、一般的には若い男性に見られる薄毛のことを意味します。

壮年期以降に見られる壮年性脱毛症に対し、若年性脱毛症と呼ばれるケースもあります。若はげの多くは男性型脱毛症(AGA)が原因となって起こると考えられています。

AGAは遺伝的な要因にプラスして、食生活の乱れや不規則な生活習慣、ストレス、血行不良など様々な要因によって発症すると考えられています。

POINT
  • 若はげは若い男性に見られる若年性脱毛症のこと。
  • 若年性脱毛症の多くはAGAが原因となって起こる。
  • AGAは遺伝的要因とその他の要因が複雑に絡み合った結果として発症する。

若はげを判断する基準

若はげの多くは、AGAが原因となって起こりますが、AGAには思春期以降に発症し、徐々に進行するという特徴があります。

徐々に進行するだけに、当初は発症した事に気が付かないケースも少なくありません。では、若はげを発症しているのかどうかを、どのようにして判断すれば良いのでしょうか。

髪の毛の太さ

若はげを判断する基準としては、まず髪の毛の太さが挙げられるでしょう。元々、髪の毛が太かったのに、気が付いたら髪の毛が細くなっているような場合、若はげを発症し、髪の毛の成長が滞っている可能性もあります。

元から髪の毛が細い方の場合、髪の毛の太さだけでは判断しづらいことがあるので、他の判断基準を参考にしましょう。

抜け毛の量

若はげを判断する基準としては、抜け毛の量もあるでしょう。

抜け毛の量を確認する簡単な方法として、排水溝に詰まっている抜け毛の量を見ることも有効でしょう。

正確に何本抜けているのか確認するのではなく、定期的に抜け毛の量を確認することで、抜け毛の量の参考になるでしょう。

おでこの広さ

おでこの広さも、若はげの進行を判断する1つの目安となります。前髪を上げた際に額の両側が薄くなっている場合、いわゆるM字ハゲが進行している可能性もあります。

髪の毛全体のボリューム

髪の毛全体のボリュームも、若はげを判断する1つの基準となるでしょう。髪の毛のボリュームが少なくなってきている場合、髪の毛が細くなったり、本数が少なくなったりしている可能性もあります。

POINT
  • 髪の毛が細くなってきたり、抜け毛の量が増えたりした場合、若はげの予兆の可能性がある。
  • おでこが広くなってきた場合、M字ハゲの可能性がある。
  • 髪の毛全体のボリュームが減少している場合、髪の毛が細くなったり、毛量が減少したりしている可能性がある。

女性にも若はげは起こる?


若はげは、若年性脱毛症のことを意味しますが、若い女性であっても、薄毛のトラブルが起こるケースは多々あります。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、女性に多くみられるタイプの脱毛症で、男性のように局所がはげあがるのではなく、髪の毛全体のボリュームが減少するという特徴があります。

びまん性脱毛症の原因は様々ですが、特にホルモンバランスの乱れる時期に多くみられることから、女性ホルモンのバランスが関与していると考えられています。

粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)も、女性に多くみられます。乾いたフケが大量に見られ、頭皮にかゆみや赤みを生じるのが特徴です。

粃糠性脱毛症の原因としては、頭皮の質に合わないシャンプーや、過度のダイエットに伴う栄養不足、自律神経のバランスの乱れなどが挙げられています。

POINT
  • 若い女性であっても薄毛になる可能性はある。
  • ホルモンバランスが乱れることで、びまん性脱毛症を発症しやすくなる。
  • 頭皮の質に合わないシャンプーや過度のダイエットにより、粃糠性脱毛症の発症リスクを高める。

普段の生活から実践できる若はげの対策法

若はげはいつの間にか発症し、気付かないうちに進行しているという特徴があります。このため、普段から若はげの発症リスクを下げるような対策を行うことが重要です。

正しい頭皮ケアをする

若はげへの対策法として、正しい頭皮ケアを行うことが挙げられます。では、どのようにして頭皮をケアすれば良いのでしょうか。

シャンプーにこだわる

市販のシャンプーには、頭皮にとって有害な成分が含まれていることも少なくありません。特に合成界面活性剤の入ったシャンプーは、頭皮から皮脂を根こそぎ奪い、頭皮環境を悪化させてしまいます。

若はげを予防するためには、薬用シャンプーや育毛用シャンプーといった、頭皮に優しいシャンプーを利用すると良いでしょう。みるみる発毛効果が得られるわけではありませんが、将来の薄毛を予防するのに有効とは言えます。

頭皮をゴシゴシ擦らない

髪の毛を洗う時や、髪の毛を拭くときに、頭皮をゴシゴシ擦ってないでしょうか。頭皮をゴシゴシ擦ってしまうと、切れ毛や抜け毛のリスクが高まるだけでなく、頭皮を傷つけてしまう可能性があります。

髪の毛を洗う時には指の腹でマッサージするように頭皮を優しく刺激し、髪の毛を拭く際には、タオルに水分を吸収させるイメージで優しく拭き取りましょう。

睡眠時間を確保する

睡眠不足は美容の大敵と言われますが、若はげにとっても睡眠不足は危険因子となります。なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長が促されるからです。

食生活を見直す

若はげへの対策法としては、食生活を見直すことも挙げられます。過度のダイエットによる栄養不足は、男性だけでなく、若い女性の薄毛のリスクも高めます。

玄米や雑穀米などを中心に、魚や野菜、キノコ類、海藻、果物などをバランス良く摂取し、身体の健康状態を保つことが、若はげを予防することにも繋がります。

適度な運動を行う

運動不足になると、筋肉量が減少し、血液の循環が悪くなります。頭皮へ送られる血液量が減少すると、髪の毛を成長させるためのエネルギーが不足してしまいます。適度な運動を行うことで全身の血流を促進し、頭皮へと栄養を送り届けることが重要です。

育毛剤やサプリメントを使用する

若はげを予防するためには、育毛剤やサプリメントを利用することも有効です。ただし、育毛剤やサプリメントは髪の毛の成長をサポートするためのものであり、髪の毛を生えさせるものではありません。あくまでも若はげを予防する目的で利用することが求められます。

POINT
  • 若はげへの対策法としては、正しい頭皮ケアが挙げられる。
  • 生活習慣や食習慣を見直すことも将来の若はげを予防することに繋がる。
  • 若はげを予防するために育毛剤やサプリメントを利用することも有効。

若はげは早期発見と早めの対策がポイント

若はげは早期発見と、早めの対策がポイントとなります。将来の薄毛を防ぐためにも、日常的にケアを行い、髪の毛や頭皮の状態を確認しておきましょう。

早期発見が重要な理由

若はげの早期発見が重要な理由は、若はげの多くがAGAによってもたらされるからです。AGAは進行型の脱毛症であるため、適切な措置を講じないと、薄毛が徐々に進行します。

早期に発見することで、その人の薄毛の原因を突き止め、有効な対策を講じることが可能となります。

早めの対策が大切

若はげへの早めの対策が求められる理由として、若い方の場合、毛根が死滅するようなケースは比較的少ないため、早めの対策を行うことで、若はげの進行を防ぐことが期待できます。

POINT
  • 若はげの多くがAGAによってもたらされるため、何らかの対策を講じないと薄毛が徐々にかつ確実に進行する。
  • 早期発見によって効率よく若はげを改善することが期待できる。
  • 早めに対策を講じることで、若はげの進行を防ぐことが期待できる。

まとめ

若はげは若年性脱毛症とも呼ばれており、遺伝をはじめとして、栄養不足や血行不良、睡眠不足、誤ったヘアケア、ストレスなど様々な原因によって発症リスクが高まります。

一般的には男性に見られる薄毛の一種とされますが、若い女性であってもホルモンバランスの変化や肌質に合わないシャンプーなどが原因となり、薄毛になってしまう可能性があります。

若はげへの対策法としては、正しい頭皮ケアや生活習慣の見直し、食生活の改善、適度な運動、肌質に合ったシャンプーへの変更など様々なことがあります。

ただ、実際に抜け毛の量が明らかに増えている場合や、地肌が透けて見えてきた場合、自分だけのケアでは間に合わないことがあります。

若はげの多くが進行型の脱毛症であるAGAによってもたらされるため、明らかに若はげが疑われる場合、進行を抑制するために治療を行うことが重要となります。

駅前AGAクリニックでは、600パターンにも及ぶAGA治療薬の組み合わせによって、その人に合った治療法を提案しています。

また、無料カウンセリングも行っているため、治療に関する疑問や不安をご相談いただけます。早期発見と早期対策で、若はげを予防しましょう。

監修者
大藪 顕
平成14年 大阪医科大学卒業
平成14年 大阪医科大学形成外科
平成16年 城山病院形成外科・美容外科
平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)
平成18年 大手美容外科形成外科部長
多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験
平成28年 新宿AGAクリニック院長
資格:日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、日本レーザー医学会認定医

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)