つむじはげの判断基準とは?抜け毛の原因や対策方法もご紹介


つむじはげは、てっぺんはげやO字ハゲと呼ばれることもある頭頂部の薄毛です。はげといった場合、男性に見られる髪の毛の悩みだと思われがちですが、つむじはげは男性だけでなく、女性であっても発症する可能性があるため、注意が必要です。


頭頂部を中心として薄毛の範囲が広がるつむじはげですが、どの程度の薄毛になったらつむじはげと判断できるのでしょうか。こちらの記事では、つむじはげの判断基準や原因、つむじはげに効果的な対策方法を紹介しています。

— 目次 —

つむじはげの基準はどこから?


つむじまわりは頭部の他の箇所と比べた場合、比較的地肌が透けて見えやすい箇所ではあります。つむじはげの判断基準としては、主に以下のような点が挙げられます。

  • 後頭部の髪が薄くなっている
  • つむじまわりの毛髪の流れがはっきりしていない
  • 頭頂部の地肌が透けて見えている
  • 後頭部の地肌の色が赤や茶色気味になっている


それぞれについて詳しく見ていきましょう。

後頭部の髪が薄い


つむじはげの判断基準として、後頭部の髪の毛が薄くなっている点が挙げられます。他の箇所と比べて後頭部の髪の毛が細くなっている場合、つむじを中心とした髪の毛のボリュームが減少する傾向にあります。

毛の流れがはっきりしていない


つむじはげの判断基準としては、つむじまわりに生えている髪の毛の流れがはっきりとしていない点も挙げられます。つむじまわりの髪の毛は通常、右回りもしくは左回りに整然と生えているものです。髪の毛の流れがはっきりしない場合、つむじはげを発症している可能性が疑われます。

頭頂部の地肌が透けて見える


頭頂部の地肌が透けて見える場合、つむじはげを発症している可能性が疑われます。つむじの中心部のみ、狭い範囲で地肌が透けて見えているのであれば、それほど心配する必要はありません。しかし、つむじまわりの地肌が広範囲に渡って透けて見えるようであれば、つむじはげの疑いがあります。

後頭部の地肌の色が赤や茶色気味


後頭部の地肌が赤色や茶色気味に透けて見えている場合、つむじはげを発症している可能性が疑われます。健康な頭皮は通常、白色もしくは青白い色をしているものです。赤や茶色に見える場合、頭皮環境の悪化に伴って、つむじはげを発症している可能性があります。

つむじはげの原因


抜け毛や薄毛の原因は人によって実に様々なのですが、つむじはげの原因としては主に次のような点が挙げられます。

  • AGAを発症している
  • 非糠性脱毛症を発症している
  • ストレスが蓄積している
  • 頭皮環境が悪化している


AGA以外のつむじはげは、女性であっても発症する可能性があるため注意が必要です。それぞれについて詳しく解説します。

AGA


つむじはげの原因の1つがAGAです。AGAは男性に見られる薄毛の代表例で、Androgenetic Alopecieが正式名称です。日本では男性型脱毛症と呼ばれており、思春期以降に発症し、徐々に進行する脱毛症と定義されています。


AGAを発症する原因の1つが、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)です。ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合すると、脱毛因子であるTGF-βが産生され、徐々に薄毛が進行すると考えられています。

粃糠性脱毛症


粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)も、つむじはげの原因の1つです。粃糠性脱毛症を発症した場合、頭頂部の髪の毛が薄くなるだけでなく、頭全体に白くて小さいフケが増えるのも特徴です。


頭全体に発生したフケが、皮脂や汚れと混じり合って毛穴に詰まると、毛穴の周辺の炎症を引き起こします。それによって髪の毛の正常な成長が妨げられ、抜け毛や薄毛のリスクを高めるのです。粃糠性脱毛症の原因としては、肌質に合っていないヘアケア商品やパーマ、ヘアカラーなどが挙げられます。

ストレス


ストレスもつむじはげを引き起こす原因の1つと考えられています。ストレスが蓄積すると、自律神経のうち交感神経優位の状態が続く傾向にあります。交感神経優位の状態が続くと、血管が収縮して血流を阻害するため、髪の毛の健全な成長を妨げるのです。


また、ストレスによって自律神経のバランスが乱されると、睡眠の質が低下し、就寝中に十分な量の成長ホルモンが分泌されなくなります。結果として髪の毛の成長に悪影響を及ぼすのです。

頭皮環境の悪化


つむじはげの原因としては、頭皮環境の悪化も挙げられます。頭皮は髪の毛が成長するための土壌のような存在なので、頭皮環境が悪化すると、健康な髪の毛が育ちにくくなるのです。


頭皮環境が悪化する原因としては、自分の頭皮にあっていないシャンプーや頻繁なパーマやヘアカラー、睡眠不足や疲労の蓄積、誤ったヘアケア、紫外線など様々なことが挙げられます。

つむじはげに効果的な対策方法


つむじはげに効果的な対策方法としては、以下のような例があげられます。

  • AGAクリニックで治療を受ける
  • 生活習慣を見直す
  • 頭皮マッサージをおこなう


特にAGAの発症が疑われる場合、できるだけ早めに専門のクリニックで治療を受ける必要があります。それぞれの対策方法について詳しく解説します。

AGA治療を受ける


つむじはげに効果的な対策方法としては、AGA治療を受けることが挙げられます。AGAは進行型の脱毛症であるため、発症が疑われるにも関わらずなんら対策を講じなかった場合、つむじはげがゆっくりとですが確実に進行します。


つむじはげの治療法としては、フィナステリドやデュタステリド内服薬やミノキシジル外用薬、メソセラピーといった方法が挙げられます。薄毛の範囲が広すぎる場合、自毛植毛が検討される場合もあります。

生活習慣を見直す


不規則な生活習慣が原因で抜け毛が増えている場合、生活習慣を見直すことも重要です。できるだけ早寝早起きを心がけ、適度に身体を動かし、お風呂に浸かることを意識するなど、心身を健康状態に保つよう意識しましょう。


忙しくて運動をする暇がない方は、普段使っているエスカレーターを階段にするなど、ちょっとした工夫を心がけると良いでしょう。

頭皮マッサージをする


頭皮環境の悪化によるつむじはげを改善するのであれば、頭皮マッサージも効果的です。お風呂に入った時などに、指の腹で頭皮全体をゆっくりと動かすよう、優しくマッサージしましょう。


爪や指の先で頭皮を引っ掻いてしまうと、かえって頭皮環境の悪化を招く可能性があるため注意が必要です。自分では上手にできないのであれば、育毛サロンなどで施術を受ける方法もあります。

AGA治療に関するご相談なら


つむじはげの原因は実に様々なので、まずはなぜ抜け毛が増えているのか、原因を突き止めることが重要です。特にAGAによる薄毛は時間の経過とともに確実に進行するため、可能な限り早く対処する必要があります。


しかし、抜け毛や薄毛の原因を自分で判断することは難しいだけでなく、誤った対処をしているうちに、さらにつむじはげが悪化する可能性も否定できません。


そのため、つむじはげが気になる場合、まずは専門家の診察を受けるのが一番です。駅前AGAクリニックでは医師の診察や、専門のカウンセラーによるカウンセリングを無料でおこなっています。


つむじはげが気になる方や、将来の薄毛を予防したい方は、お気軽に駅前AGAクリニックまでお問い合わせください。女性の薄毛に関する相談もお待ちしております。


駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)