つむじはげの原因ってなに?対処法についてもご紹介!

頭頂部は普段あまり自分で見ることがない場所なので、薄毛になっていても気がつかない可能性があります。

頭頂部に見られる薄毛のことをつむじはげと言ったりしますが、なぜつむじはげになってしまうのでしょう。

今回はつむじはげになってしまう原因や、つむじはげの危険性を高める要因、また、つむじはげへの対処法を紹介したいと思います。

— 目次 —

つむじはげの原因

それでは早速ですが、つむじはげの原因について見ていきたいと思います。

一口につむじはげといっても、実に様々な原因が潜んでいます。

AGA

男性に見られるつむじはげの多くが、AGAの発症によってもたらされます。

そこで、なぜAGAを発症すると、つむじはげになるのかそのメカニズムについて見ていきたいと思います。

AGAのメカニズム

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」を略したもので、日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

AGAは思春期以降に見られる進行型の脱毛症であり、いったん発症したら完治するということがありません。

AGAを発症するには、2つの条件が満たされなければなりません。

1つは、体内に存在する酵素の一種である5α-リダクターゼの働きが活発であることです。

もう1つは、男性ホルモン受容器の感受性が高いことです。

5α-リダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化する際触媒として重要な働きをします。

ジヒドロテストステロンは、後述するアンドロゲンレセプターと結合し、抜け毛の原因となる有害なサイトカインを産生します。

それによって抜け毛の量が増え、AGAが進行するのです。

ただ、ジヒドロテストステロンが産生されたとしても、男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターの感受性が低ければ、有害なサイトカインの産生には至りません。

つまり、遺伝的に5α-リダクターゼが活発に働き、なおかつ、アンドロゲンレセプターの感受性が高い場合、AGAを発症するリスクが高くなるのです。

つむじはげになる理由

AGAの特徴として、額の生え際が後退したり、頭頂部が薄くなったりするということがあげられます。

いわゆるM字はげやO字はげ(つむじはげ)がAGAの特徴というわけです。

なぜそのようなことが起こるかというと、AGA発症の引き金となる5α-リダクターゼが、頭頂部や前頭部の毛包に多く分布しているからです。

つまり、AGAを発症した場合、つむじはげになるのはある意味当然ともいえるわけです。

ただし、全員が全員、つむじはげになる訳ではなく、額の後退の方がより目立つケースもあります。

頭皮への直接的な外力

AGA以外にもつむじはげの原因はいろいろあります。

そのうちの1つに、頭皮への直接的な外力があります。

例えば、いつも同じところで髪の毛を結んでいると、引っ張られた先に負担がかかります。

また、いつも同じ場所で髪の毛を分けていると、分け目のところに負荷がかかり、抜け毛を招いてしまうことがあります。

このようにして起こる薄毛のことを、牽引性脱毛症と呼んでいます。

牽引という文字から、髪の毛が引っ張られて抜けるイメージを持ちがちですが、実際には、引っ張られた先で血行不良が起こり、それが髪の毛の成長を妨げ、薄毛を目立たせる結果となるのです。

頭皮や髪の毛へのダメージ

頭皮や髪の毛自体へのダメージによって、つむじはげのリスクを高めることもあります。

代表的なものが市販のシャンプーです。

市販のシャンプーには、頭皮や髪の毛にとって有害な成分が多く含まれています。

そのようなシャンプーを用いて毎日洗髪していると、徐々に頭皮環境が悪化し、つむじはげのリスクを増してしまうのです。

ホルモンバランスの変化

女性の場合、ホルモンバランスの変化によってつむじはげを招くことがあります。

特に出産後や更年期にはホルモンバランスが大きく変化するため、抜け毛のリスクが高くなります。

加齢

単純に加齢によって、つむじはげを引き起こす可能性が高くなることもあります。

年齢とともに髪の毛も細く、弱くなっていくため、つむじ周囲の地肌が目立つこととなるのです。

POINT

男性に見られるつむじはげはAGAが原因であることが多いが、頭皮への外力やホルモンバランスの変化などによってつむじはげを発症することもある。

つむじはげの危険性を高める要因

ここまでつむじはげになってしまう原因について見てきましたが、さらに、つむじはげの危険性を高める要因についても紹介したいと思います。

血行不良

血液は私たちの身体の隅々に酸素と栄養を運んでいます。

もちろん、頭皮へも血液中の酸素や栄養が届けられるわけですが、何らかの原因によって血行不良が起こると、頭皮への栄養が届かなくなり、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすこととなります。

ストレス

ストレスもつむじはげの危険性を高めます。

ストレスがたまると私たちの体内では、自律神経の1つである交感神経が優位となります。

交感神経が優位になると、血管が収縮し血行を阻害します。

その結果、血行不良が起こり、髪の毛の健全な成長も阻害するのです。

睡眠不足

睡眠不足もつむじはげのリスクを高めます。

私たちの身体では、寝ている間に成長ホルモンが分泌され、盛んに細胞分裂を起こし、身体の修復や回復をおこなっています。

ところが、睡眠不足になると細胞分裂が滞ってしまいます。

髪の毛も毛母細胞が分裂することで成長するため、睡眠不足が続くことで、つむじはげのリスクを高めてしまうのです。

無理なダイエット

無理なダイエットもつむじはげのリスクを高めます。

女性に多いのですが、極端な食事制限によって栄養不足に陥ると、髪の毛を成長させるためのエネルギーが不足してしまい、結果としてつむじはげのリスクが増すのです。

POINT

無理なダイエットによる栄養不足や、身体的・精神的ストレス、頭皮への血行不良などによってつむじはげの危険性が高まる。

つむじはげへの対処法

つむじはげは遺伝だけでなく、普段の生活習慣や髪型、ストレスなど様々なことが原因でリスクが増してしまいます。

では、つむじはげを予防、もしくは改善するためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょう。

育毛剤を利用する

将来のつむじはげを予防する場合や、それほど薄毛が目立っていない場合、育毛剤を利用するのがおすすめです。

女性の場合、ホルモンバランスの変化によってつむじはげのリスクが増すので、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを配合した育毛剤がおすすめです。

男性の場合、抜け毛のリスクファクターである、5α-リダクターゼの働きを阻害する作用が期待できる、ノコギリヤシを配合した育毛剤がおすすめです。

生活習慣を見直す

疲労やストレス、睡眠不足が続いていると、身体の回復力が低下し、髪の毛の成長にも悪影響を及ぼします。

たまには自分の生活を振り返って、髪の毛の成長を促すような生活習慣にシフトしましょう。

薄毛治療専門のクリニックに相談する

育毛剤を使っても、生活習慣を改めてもつむじはげが改善しない場合、薄毛治療専門のクリニックに相談しましょう。

特に男性に見られるつむじはげは進行型であるケースがほとんどであるため、速やかに治療を開始することが重要です。

POINT

つむじはげを予防するためには育毛剤を利用したり、生活習慣を見直したりすることが重要。それでも改善しない場合は薄毛治療専門のクリニックへ。

まとめ

つむじはげは自分ではなかなか気が付きにくいため、気が付いたらある程度進行していたということも珍しくありません。

もしつむじはげに気が付いたら、速やかに対策を講じることが重要です。

幸い、つむじはげはクリニックで治療できる時代となっています。

気になる方は当院までお気軽にお問い合わせください。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)