AGA薄毛治療で効果の出やすい人の特徴とは?科学的根拠に基づいて解説!

AGA、薄毛治療の効果が出やすい人、出にくい人

AGAの治療に関して効果が出やすい人と出やすい人がいるのはご存知でしょうか?

AGA治療に関してその違いについて解説していきます。

— 目次 —

AGA薄毛治療の効果はある?

AGA薄毛治療の効果について2010年に日本皮膚科学会から、AGA(男性型脱毛症)の治療ガイドラインが発表をもとに解説していきます。

AGA診療ガイドラインは、日本皮膚科学会が科学的根拠に基づいて選定しているものであり、個々のAGA治療方法を決定する際に、その目安として用いられています。

このガイドラインにおいて、A判定、つまり質の高い研究結果から、有用性が高いことを科学的に立証出来た治療法として、フィナステリド(プロペシア)内服、ミノキシジル外用療法があります。

この併用療法にどのような効果があったのかについて説明するにはAGAパターンの分類を理解する必要があります。

Norwood-Hamilton(ノーウッド-ハミルトン)分類について確認していきましょう。

Norwood-Hamilton(ノーウッド-ハミルトン)分類について

Norwood-Hamilton(ノーウッド-ハミルトン)分類とはアメリカの医師であるHamiltonが作ったAGAのパターン分類を、その後、医師Norwoodが改定した分類法で、AGAのパターンを1型から7型まで、AGAの進行度合いによって分類しています。

正確にはどの型にも当てはまらない、びまん型という病態があり、1~7型と、びまん型の8つの型に分類しています。

進行パターンとしては、生え際から徐々に後退していく「M型」と、頭頂部から薄毛になっていく「O型」に大きく区分され、現在も薄毛の進行度合いの目安として用いられています。

AGA薄毛治療の効果についての研究結果

Norwood-Hamilton(ノーウッド-ハミルトン)分類に基づいて、内服外用の治療を1000人近くの患者様に行い、その結果たくさんの事がわかりました。

1型と7型(これはほとんど症例がなかったというのが原因ですが、)以外の6個の病期において効果が認められました。びまん型にも非常に効果がありました。

5年間の治療の結果、進行抑制効果まで含むと、100%の有効率。軽度改善までとしても、99.4%の有効率でした。

POINT

最近の研究結果では日本人はAGAの治療効果が出やすいことが分かった!

AGA薄毛治療の効果が出やすい人の特徴

薄毛治療効果が出やすい人、出にくい人の違いとは!

AGA治療の効果には人により違いがあることがわかりました。

AGA薄毛治療の効果が出やすい人の特徴としては下記の4点あげられます。

  1. Norwood-Hamilton(ノーウッド-ハミルトン)分類が進行していない。
  2. 1年間の治療で効果が出た人は、5年後はさらに効果が出る。
  3. 治療開始年齢が低い。
  4. ストレスがあまりない。

それぞれについて確認していきましょう。

1.Norwood-Hamilton(ノーウッド-ハミルトン)分類が進行していない

Norwood-Hamilton(ノーウッド-ハミルトン)分類とはさきほど説明した通りAGAの進行度合いによって分類されています。

具体的に言うとNorwood-Hamilton(ノーウッド-ハミルトン)分類で4未満であると効果が出やすいとされています。

治療しなければAGAの進行は治療しなければ進んでいってしますので早めの治療開始が重要になります。

治療に関しては専門家の診断が確実のためクリニックなどに相談しましょう。

2. 1年間の治療で効果が出た人は、5年後はさらに効果が出る

AGA(男性型脱毛症)の治療ガイドラインが発表では1年間の治療で効果が出た人は、5年後はさらに効果が出るということがわかりました。

そのため治療には継続することが非常に重要であることがわかりました。

1年間の治療で効果が出なかった場合でも他の内服治療(ミノキシジル、亜鉛、ビオチン)や、発毛メソセラピーなどの治療を併用することで、効果が得られることは可能性もあります。

3.治療開始年齢が低い

治療開始年齢が低いほうがAGAの薄毛治療に効果が出やすいことがわかりました。

具体的に言うと40歳未満であることが望ましいとされています。

AGA(男性型脱毛症)は10代でも発症することがあります。

治療の開始が早いほど効果が出やすいため先延ばしにせずにできるだけ早く専門家のいるクリニックなどに相談しましょう。

4.ストレスがない

ストレスがあまりないほうがAGAの薄毛治療には効果的です。

そもそもストレスが原因で発症する脱毛症もあるため薄毛を解消するにはストレスをためないことが重要です。

日ごろから生活習慣を正しくするなどストレスをためないようにしましょう。

以上の結果はあくまでフィナステリド内服とミノキシジル外用療法のみの結果です。

つまり、他の内服治療(ミノキシジル、亜鉛、ビオチン)や、発毛メソセラピーなどの治療を行っていません。

それらを併用することで、もっと早期から、より高い効果が得られることは間違いないと思われます。

AGA薄毛治療の方法について

AGAの進行に関して

AGAの薄毛治療について確認していきます。

AGAの治療で最も重要なことはAGAの進行を抑えることです。

AGAの進行を抑える治療薬とは?

AGAの進行を抑えるには薄毛の原因となる5αリダクターゼを阻害する必要があります。

この5αリダクターゼを阻害する治療薬がプロペシアやザガーロといったものです。

プロペシアはジェネリック医薬品があり、ザガーロと比べ安く治療する事ができます。

しかしザガーロ方が圧倒的に治療効果が出やすいためザガーロを使用する人が増えてきています。

発毛させる治療薬とは?

発毛させる治療薬でミノキシジルという治療薬があります。

ミノキシジルは毛母細胞を元気にすることで発毛させます。

また発毛メソセラピーといった発毛を促す治療も行うことができます。

AGAの進行を抑えるプロペシアやザガーロと同時に使用することで高い治療効果を期待することができます。

駅前AGAクリニックでは、患者さんの症状によって治療を変えるオーダーメイド治療を行なっているので、患者様それぞれの症状に合わせて治療を行なっています。

AGAの薄毛治療に悩まれている方は駅前AGAクリニックの医師にご相談ください。

まとめ

AGAの薄毛治療の研究についてや効果が出やすい人の特徴について解説していきました。

AGA治療は保険適応外で、大学病院などで大々的な統計調査をされることが少なく、われわれAGA専門機関では、海外の文献や学会など、多方面から情報収取し、常に安全で最先端の治療を患者様に届けられるよう、努力しております。

駅前AGAクリニックでは東京新宿、東京北千住、大阪、京都、岡山、鹿児島のすべてのクリニックにおいて、統計的に結果の出ている治療のみで薄毛治療を行っています。

また、病期、現状からどの程度の結果を見込めるか、多くの経験をもとに患者様にお伝えするように心がけております。

遠隔診療にも対応できますので遠方の患者さんも是非お問い合わせください。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)