ザガーロの効果はいつから現れる?ザガーロの効果と副作用について

プロペシアに代わる、AGAの新しい治療薬として期待されているザガーロですが、服用を開始した場合、いつから発毛効果が表れるのでしょう。

今回の記事ではザガーロによる発毛のメカニズムについて解説するとともに、発毛効果が表れる時期、ザガーロの効果や副作用について解説したいと思います。

— 目次 —

ザガーロの効果はいつから現れる?

ザガーロは、男性に見られる典型的な薄毛であるAGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)の治療薬として知られています。

では、ザガーロを服用し始めてから、どれくらいで発毛効果が表れるのでしょう。

早い人で服用開始から3カ月で発毛が見られるようになる

ザガーロをはじめとしたAGA治療薬の効果は、早い人の場合およそ3カ月で現れ始めるということです。

発毛効果が現れる時期に個人差があるのは、もともとの薄毛の程度や、その人その人の生活習慣が異なるからです。

クリニックでは最低でも6カ月の服用を推奨している

AGA治療を専門としているクリニックでは最低でも6カ月、AGA治療薬の服用継続を推奨しています。

なぜなら、AGAには進行型という特徴があるため、発毛効果が現れる前に服用を断念すると、AGAの進行を抑制することもできなくなってしまうからです。

ザガーロの服用を開始したら抜け毛が増えることもある?

ザガーロをはじめとしたAGA治療薬を服用した場合、服用開始から1カ月ほど経った頃に、一時的に抜け毛の量が増えることがあります。

このことを初期脱毛と呼んでいますが、初期脱毛は発毛効果の裏返しとも言えます。

どういうことかと言うと、新しく生えてきた健康な髪の毛に、今まであった弱くて細い髪の毛が押し出されてしまうというわけなのです。

初期脱毛には個人差があり、全く抜け毛が起こらないという人もいれば、2カ月から3カ月程度、抜け毛が続く人もいます。

あまりにも心配なようであれば、専門医に相談するとよいでしょう。

POINT
  • ザガーロの効果は早い人の場合3カ月で現れる
  • AGA治療専門のクリニックでは最低6カ月の服用を推奨している
  • ザガーロによる初期脱毛は発毛効果の裏返しなので心配いらない

ザガーロによる発毛のメカニズムとは?

ザガーロは、AGA治療薬のパイオニア的存在であるプロペシアに比べ、発毛効果が高いとされています。

その効果について知る前に、そもそもなぜAGAを発症するのかを知っておきましょう。

AGAによって抜け毛が起こる原因を知っておこう!

日本皮膚科学会の策定するガイドラインによると、AGAは思春期以降に見られる進行型の脱毛症と定義されています。

では、なぜAGAを発症すると抜け毛が止まらなくなるのでしょう。

AGAによる抜け毛の原因として、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)の存在があげられています。

ジヒドロテストステロンは、男児の外生殖器の発育に欠かせないホルモンなのですが、思春期以降は抜け毛やニキビ、吹き出物のリスクを高めます。

ジヒドロテストステロンが、男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターと結合することで、抜け毛の原因物質であるTGF-βという有害なサイトカインを産生するのです。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドの働きとは

先ほど、AGAによる抜け毛の原因として、ジヒドロテストステロンの存在があげられていました。

実は、ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが強力化したものなのです。

そして、その強力化の際に働くのが5α-還元酵素と呼ばれる酵素の一種です。

そのため、遺伝的に5α-還元酵素の働きが活発な人の場合、AGAを発症しやすくなるのです。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、5α-還元酵素の働きを阻害する作用があります。

そのため、ジヒドロテストステロンの産生を抑止し、AGAの進行を妨げるのです。

ちなみに、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、プロペシアの有効成分であるフィナステリドより、5α-還元酵素の働きを阻害する作用が強いとされています。

そのため、ザガーロにはプロペシアよりも高い発毛効果が期待されているのです。

発毛効果が表れるまで時間がかかる理由

ザガーロには高い発毛効果が期待されていますが、それでも服用を開始してすぐに発毛効果が現れるわけではありません。

なぜかというと、発毛を促進するためには、ヘアサイクルを整える必要があるからです。

ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの周期のことで、そのほとんどを髪の毛の成長期が占めています。

ところが、ジヒドロテストステロンとアンドロゲンレセプターが結合してTGF-βが産生されると、抜け毛が増えてしまうのです。

TGF-βは別名を退行期誘発因子と言い、髪の毛の成長期を短縮し、髪の毛が成長しきらないうちに抜け落ちさせてしまうからです。

ザガーロの服用を開始すると、TGF-βの産生を抑止することが可能ですが、乱れたヘアサイクルが元に戻るまで、ある程度の期間が必要というわけなのです。

POINT
  • AGAによる抜け毛は5α-還元酵素によって起こる
  • デュタステリドには5α-還元酵素の働きを阻害する作用がある
  • ヘアサイクルが正常になってから発毛が見られるようになる

ザガーロには副作用がある?服用上の注意点とは

ザガーロも化学的に製造された医薬品である以上、副作用のリスクはともないます。

そこで、ザガーロの副作用や、服用上の注意点について見ていきたいと思います。

ザガーロを服用した場合に起こり得る副作用

ザガーロには高い発毛効果が期待されていますが、その分、副作用のリスクがあることも知っておかなければなりません。

では、ザガーロにはどんな副作用があるのでしょう。

主な副作用として男性機能の低下があげられる

ザガーロの主な副作用としては、男性機能の低下があげられています。

それほど頻度は高くありませんが、一部の人に性欲の減退や射精障害といった副作用が見られるということです。

日本での発症例はないが肝機能障害や乳房女性化の可能性

日本では発症例が報告されていないのですが、海外でザガーロを服用した人の中には、肝機能障害や乳房の女性化を発症した人がいるということです。

ただ、発症例が数少ないため、発症頻度は不明です。

ザガーロを服用する際の注意点

ザガーロには併用禁忌薬がなく、比較的扱いやすい医薬品ではあります。

とはいうものの、ザガーロを服用するにあたっては、いくつかの注意点があります。

女性や未成年者は利用できない

基本的にザガーロは男性の薄毛を治療するための医薬品であるため、女性の服用は原則として禁止されています。

また、未成年者に対する有効性や安全性は確認されていないため、未成年者の服用も禁じられています。

飲み忘れないよう服用する時間を決めておく

ザガーロは基本的に1日に1錠飲めばよいタイプの医薬品で、その他の薬とは異なり、食前に服用しても、食後に服用しても効果に差異がありません。

だからこそ、飲み忘れを避けるため、決まった時間に服用することが重要です。

ザガーロは専門医に処方してもらうことが重要

ザガーロは医療用医薬品であるため、原則として専門医の処方が必要となります。

ザガーロにはジェネリックがありませんが、海外製のデュタステリド錠を自己判断で服用した場合、副作用が起きても国の救済措置が受けられないので注意が必要です。

POINT
  • ザガーロの主な副作用は男性機能の低下
  • ザガーロは毎日時間を決めて服用するよう心がける
  • ザガーロは専門医に処方してもらうことが重要

まとめ

ザガーロにはプロペシアよりも高い発毛効果が期待されており、AGAに悩まされている男性にとっては希望の光となっています。

ただ、ザガーロも医薬品である以上、医師の指導下で服用することが重要です。

自己判断で服用して副作用に後悔することのないよう注意しましょう。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)