抜け毛がひどい場合の対策法!なぜ抜け毛が増える?


抜け毛は誰にでも毎日のように見られるものですが、あまりにも抜け毛の本数が多くなると心配になるものです。

では、どれくらいの抜け毛ならOKで、何本以上抜けると心配した方が良いのでしょう。

急に抜け毛の量が増えるのには必ず原因があります。

そこで、抜け毛が増える原因について解説するとともに、抜け毛がひどい場合の対策法も紹介したいと思います。

— 目次 —

抜け毛が起こる仕組み

抜け毛がひどい場合の対処法や原因について解説する前に、そもそも、なぜ抜け毛が起こるのか、その仕組みを知っておきましょう。

ヘアサイクルについて

抜け毛のメカニズムを理解するためには、ヘアサイクルについて知っておく必要があります。

ヘアサイクルとは、簡単に言うと髪の毛が生えてから、抜け落ちるまでの周期を意味します。

ヘアサイクルは髪の毛1本1本ごとに異なっていて、通常、4年から6年周期で髪の毛が生え変わります。

通常、ヘアサイクルは髪の毛の成長期→退行期→休止期→成長期…といった具合に推移します。

ヘアサイクルの大部分を髪の毛の成長期が占めており、その間、毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、髪の毛を太く、強く成長させます。

成長期が終わると、次に2週間ほどの髪の毛の退行期が訪れます。

この時期になると細胞分裂が鈍くなり、毛球が退化します。

休止期になると髪の毛の成長が完全に停止し、やがて毛穴から抜け落ちることとなります。

ただ、ヘアサイクルが正常に推移している場合、髪の毛が抜け落ちるころには、新しい髪の毛が生えてきています。

見方を換えるなら、新しい髪の毛に押し出されるようにして、成長を終えた髪の毛が抜け落ちるともいうことが可能なのです。

1日に抜ける抜け毛の量

1日に抜ける髪の毛の量にはばらつきがありますが、およそ50本から100本であれば、正常の範囲内であると考えられます。

季節によって抜け毛の量が変動

抜け毛の量は、季節によって変動するケースがあります。

特に春先や秋口と言った季節の変わり目になると、抜け毛の量が1日に150本から200本程度に増えることがあります。

動物には換毛期がありますが、人間も動物であるため、このような変動が見られると考えられています。

そのため、季節の変わり目に抜け毛が増えたとしても、それほど心配する必要はありません。

POINT

・1日50本から100本の抜け毛は誰にでもあるもの。
・季節によっては1日に200本ほど抜けることもある。

 

抜け毛が増える原因

1日に50本から100本は誰にでも抜け毛が見られ、季節の変わり目には抜け毛の量が増すこともあるということですが、それ以上に抜け毛が見られる場合、どのようなことが考えられるのでしょう。

何らかの疾患

抜け毛の量があまりにもひどい場合、もしかしたら何らかの疾患を発症しているのかも知れません。

そこで、抜け毛の量が増える代表的な疾患を3つ紹介したいと思います。

AGA

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」の頭文字をとったもので、直訳すると男性ホルモンに由来する脱毛症となります。

日本では男性型脱毛症と呼ばれており、男性の薄毛のほとんどがAGAによるものとされています。

AGAの特徴としては、思春期以降に見られることと、進行型であることがあげられます。

男性の薄毛というと壮年期以降に起こるものと思われがちですが、実際は10代の後半や20代の前半から進行しているケースもあるのです。

また、AGAは進行型の脱毛症なので、発症してから何も対策をせずにいると、抜け毛の量が増え、徐々に薄毛が進行してしまいます。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症はその名の通り、出産後の女性に見られる脱毛症です。

妊娠・出産前後には体内のホルモンバランスが大きく変わりますが、特に主産後は女性ホルモンの分泌量が減少するため、抜け毛のリスクが増すとされています。

分娩後脱毛症は病気というわけではなく、出産後半年から1年ほどすると徐々に妊娠前の状態に戻っていきます。

円形脱毛症

円形脱毛症は、性別や年齢を問わず、誰でも発症する可能性がある脱毛症です。

円形脱毛症の原因についてはハッキリとしたことが分かっておらず、自己免疫疾患の一種に分類されています。

円形脱毛症は俗に「10円ハゲ」などと言われますが、抜け毛の範囲は人によって様々で、コイン大のハゲがいくつかできることもあれば、髪の毛全部が抜けてしまうこともあります。

生活習慣の乱れ

暴飲暴食や睡眠不足、過労などが原因で、抜け毛の量が増える可能性もあります。

心身に対するストレスによって、自律神経のバランスが乱れるのが原因ではないかと考えられています。

誤った髪の毛のお手入れ

抜け毛の量が増える原因としては、誤った髪の毛のお手入れもあげられます。

抜け毛を恐れるあまりにシャンプーを控えたり、逆にむやみに洗いすぎたりすると、かえって抜け毛のリスクが増してしまいます。

POINT

何らかの疾患が原因で抜け毛が増えることもあれば、生活習慣の乱れや誤った髪の毛のお手入れで抜け毛のリスクが増すこともある。

 

抜け毛がひどい場合の対策法

抜け毛の量がひどいと感じた場合、まずは冷静になって抜け毛の状態を観察し、生活習慣を見直してみましょう。

抜け毛をよく観察する

抜け毛の量が増えてきたと感じたら、まず、抜け毛をよく観察してみましょう。

健康な髪の毛とそうでない髪の毛とでは、抜け毛の状態に差が見られます。

抜け毛の量

抜け毛の量が増えたと感じたら、まずは抜け毛の量をチェックしましょう。

普段からこまめに掃除をしておき、布団や枕についている髪の毛の量や、排水溝に詰まっている抜け毛の量を確認してみましょう。

抜け毛の量が50本から100本であれば、それほど心配する必要はありません。

仮に抜け毛の量が200本あったとしても、一時的なものであればそれほど気にしなくてよいでしょう。

抜け毛の状態

ヘアサイクルが正常なときとそうでない時では、抜け毛の状態に差が見られます。

正常な抜け毛は根元が丸くなっており、マッチ棒のような形をしています。

ヘアサイクルが短縮され、成長期が短くなった髪の毛の場合、抜け毛はまっすぐな棒のようになっています。

また、髪の毛自体が細く、弱弱しいのも特徴です。

生活習慣を見直す

抜け毛の量がひどい時には、生活習慣を見直すことが重要です。

特に、健康の三大柱である睡眠、栄養、運動を見直してみましょう。

睡眠

私たちの身体は寝ている間に成長します。

髪の毛についても同様で、寝ている間に毛母細胞の分裂が活発に起こります。

そのため、適切な睡眠時間を確保することが髪の毛の成長にとって重要なのです。

栄養

私たちの身体は食べたものから作られていますが、髪の毛に関しても同じことが言えます。

女性の薄毛の原因の1つとして、過度のダイエットがあげられているのはそのためです。

髪の毛はタンパク質の一種であるケラチンからできているので、普段から高たんぱく、低カロリーの食事を心がけ、身体の調子を整えるビタミンやミネラルを積極的に摂取しましょう。

運動

適度に身体を動かすことによって、睡眠の質を高めることが可能となりますし、運動によって血行が良くなれば、髪の毛が育つ土壌である頭皮の環境を改善することも期待できます。

クリニックに相談する

抜け毛対策をしても、どうしても抜け毛の量が減らないという時には、専門のクリニックで相談するのがおすすめです。

薄毛治療専門のクリニックの中には、AGAしか取り扱っていないところもありますが、当院では女性の薄毛や円形脱毛症のお悩みもうかがっていますので、お気軽にご相談ください。

POINT

・抜け毛がひどい場合には冷静に抜け毛の状態を確認し、生活習慣を見直すことが重要。
・それでも抜け毛が減らなければ専門のクリニックに相談しよう。

 

まとめ

抜け毛は誰にでも当たり前に見られるものですが、抜け毛の量が増えてきたり、髪の毛のボリュームが減少したりした場合、注意が必要かもしれません。

特にAGAを発症している場合、早めに対処しないと将来の薄毛のリスクを高めます。

当院ではAGAをはじめ、女性の脱毛症や円形脱毛症の治療もおこなっております。

まずは抜け毛の量が増えているのか原因をハッキリさせ、あなたに合ったオーダーメイドの治療法を提案させてください。

治療を強制することは一切ありませんので、納得いくまでご相談いただけますと幸いです。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)