男女別の若はげの原因と対処法について!


はげや薄毛というと30代や40代以降の男性の問題だと思われがちですが、実は、10代後半から20代の方でもハゲや薄毛になる可能性があることをご存じだったでしょうか。

一般的に若はげと言われる薄毛は、男性だけでなく女性にも起こる可能性があります。

そこで、男女別の若はげの原因を紹介するとともに、対処法や治療法についても解説したいと思います。

— 目次 —

男性の若はげの原因

それでは早速ですが、男性の若はげの原因について見ていきたいと思います。

男性の場合、ほとんどが遺伝やAGAによって若はげになるようです。

遺伝

男性が若はげになる原因として最初に挙げられるのが遺伝です。

主に、体内の酵素の一種である5α-リダクターゼの働き方や、男性ホルモン受容器の感受性によって、若はげになるかどうかが左右されます。

5α-リダクターゼの働き方

5α-リダクターゼは体内に存在する酵素の一種で、主に男性ホルモンであるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化する際、触媒として働きます。

ジヒドロテストステロンは後述するアンドロゲンレセプターと結合し、有害なサイトカインの一種であるTGF-βを産生します。

それによって抜け毛の量が増えるわけです。

そのため、遺伝的に5α-リダクターゼが活発に働く遺伝子を持っている場合、若はげになるリスクも高くなります。

男性ホルモン受容器の感受性

先ほど、強力になった男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが、アンドロゲンレセプターと結合することで、抜け毛の原因となるサイトカインを産生すると解説しましたが、そのアンドロゲンレセプターのことを男性ホルモン受容器といいます。

男性ホルモン受容器の感受性は遺伝によって異なっており、仮に5α-リダクターゼが活発に働く遺伝子を持っていたとしても、男性ホルモン受容器の感受性が低ければ、抜け毛の原因となるサイトカインが産生されるリスクが減少します。

つまり、若はげになる人は遺伝的に5α-リダクターゼが活発に働く遺伝子を持っており、なおかつ、男性ホルモン受容器の感受性が高いというわけです。

AGA

男性に見られる若はげの多くが、AGAによるものとされています。

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」を略したもので、直訳すると男性ホルモンによって起こる脱毛症となります。

日本では男性型脱毛症と呼ばれているのですが、日本皮膚科学会の策定する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」によると、男性型脱毛症は「思春期以降に見られ、徐々に進行する」脱毛症と定義されています。

男性に見られる薄毛というと、中年以降に起こるようなイメージがありますが、AGAは思春期以降に見られる脱毛症ということで、まさしく若はげの要件にピッタリというわけなのです。

誤ったヘアケア

誤ったヘアケアも男性の若はげのリスクを高めます。

例えば髪の毛を染めるのに、美容院で染めてもらうのではなく、ブリーチなどで染めていると、頭皮にダメージを与え、髪の毛の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

また、髪の毛が短いからと洗髪後に自然乾燥させていた場合、湿った頭皮に細菌が繁殖し、抜け毛のリスクを増すケースがあります。

男性の若はげの特徴

男性の若はげの大きな特徴として、額の生え際が後退したり、頭頂部が薄くなったりするということがあげられます。

なぜなら、抜け毛の原因となる5α-リダクターゼが、前頭部や頭頂部に多く分布しているからです。

POINT

男性の若はげの多くは遺伝やAGAによって起こり、頭頂部や前頭部に薄毛を生じるのが特徴。

 
 

女性の若はげの原因

若はげというと主に男性に見られるものと思われがちですが、最近は若い女性でも薄毛に悩まされているケースがあります。

では、なぜ女性が若はげになってしまうのでしょう

ホルモンバランスの変化

女性が若はげになる原因の1つとして、ホルモンバランスの変化があげられます。

女性は生涯にわたって何度かのホルモンバランスの変化に見舞われますが、特に変化の大きいのが出産後と更年期です。

出産後には、妊娠中に盛んに分泌されていた女性ホルモンの量が激減するため、分娩後脱毛症を発症することがあります。

そのため、若い女性であっても髪の毛が薄くなってしまうのです。

ただ、通常であれば半年から1年もすれば元の状態に戻るケースがほとんどです。

栄養不足

女性の薄毛の原因として多いのが、過度のダイエットにともなう栄養不足です。

髪の毛も私たちが食べたものから作られるため、栄養不足状態に陥ると、髪の毛の成長にも悪影響を及ぼすのです。

髪の毛や頭皮へのダメージ

ヘアカラーやパーマなどによる頭皮へのダメージによって、頭皮環境が悪化し、髪の毛の成長を阻害する可能性があります。

また、洗浄力の強い市販のシャンプーを使っていると、頭皮のバリア的役割を果たす皮脂が奪われ、やはり頭皮環境の悪化につながります。

ストレス

ストレスも女性の若はげの原因となり得ます。

女性の場合、妊娠・出産を経て職場に復帰したり、母親同士のコミュニティに参加したりと、ストレスのかかる局面がたくさんあります。

ストレス状態が昂じると、自律神経のバランスが乱れ、髪の毛の成長にも悪影響を与えます。

ストレスは万病の元といわれますが、髪の毛の成長にとってもリスクファクターとなるのです。

女性の若はげの特徴

女性の若はげは、男性のように局所がはげあがるようなことはありません

どちらかというと、髪の毛全体のボリュームが減少したり、地肌が透けて見えたりといった特徴があります。

POINT

女性の若はげは女性ならではの原因によって起こるケースが多く、髪の毛全体のボリュームダウンが特徴。

 
 

若はげへの対処法

若はげの原因はいろいろあるので、自分に合った対処法を講じることが重要です。

また、若はげになる前に予防することも考える必要があります。

食習慣の見直し

私たちの髪の毛も食べたものからできているので、若はげが心配な方は食習慣を見直しましょう

特に、髪の毛の成長に欠かせない良質のたんぱく質や、ビタミン、ミネラルを積極的に摂取するよう心がけましょう。

ヘアケアの見直し

先ほど少し触れましたが、市販のシャンプーには髪の毛や頭皮にとって有害な洗浄成分が含まれているので、若はげが心配な場合、育毛用シャンプーや薬用シャンプーを利用するとよいでしょう。

育毛剤を利用する

将来の若はげを予防する場合や、それほど薄毛が進行していない場合、育毛用を利用するのも効果的です。

育毛剤は天然由来の成分から作られており、副作用のリスクが無いのもおすすめのポイントです。

POINT

若はげが気になる場合、食習慣やヘアケアの見直しが重要。また予防のために育毛剤を利用するのも効果的。

 
 

若はげが改善しない場合は専門のクリニックへ

食習慣やヘアケアの習慣を見直しても、育毛剤を利用しても若はげが改善しない場合、専門のクリニックで見てもらうのがおすすめです。

発毛剤を利用する

薄毛治療専門のクリニックでは、発毛剤を用いた薄毛治療をおこなっています。

当院でも薄毛の状態や体質を考え、1人1人に合ったオーダーメイドの治療を提案しています。

かつらやウィッグを利用する

若はげの治療効果が出るまでの間、かつらやウィッグを利用するのもおすすめです。

最近はおしゃれ目的のウィッグもたくさんあるので、気分転換にもってこいです。

POINT

自助努力で若はげを改善することができない場合、専門のクリニックで発毛剤を処方してもらったり、ウィッグを利用したりするのがおすすめ。

 
 

まとめ

若はげは男性だけでなく女性にも起こり得ます。

ただ、男性と女性とでは原因がやや異なっているので、自分に合った対処法を講じることが重要です。

当院では薄毛の状態や体質などを考慮し、600パターン以上のオーダーメイド治療を提供しています。

薄毛が進行する前に、なるべく早めに治療を開始するのがおすすめです。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)