AGAは頭皮環境の悪化が原因?AGAを予防するための頭皮ケアを紹介

AGAと頭皮の関係

男性に見られる薄毛の大半をAGAが占めるとされており、男性にとってはゆゆしき問題となっています。

AGAの多くは遺伝によって発症しますが、それ以外にも、頭皮環境によってAGAを発症するリスクが増したり減少したりします。

では、どのような頭皮環境の場合、AGAを発症するリスクが高くなるのでしょう。

また、AGAを予防するためには、どのような頭皮環境へと改善すれば良いのでしょう。

頭皮ケアの方法と合わせて紹介します。

— 目次 —

AGAと頭皮環境の関係

AGAというと遺伝が原因だと考えがちですが、遺伝だけが原因となって発生するというよりは、複数の原因が複雑に絡み合って発症するケースも多いです。

そして、この原因の1つに挙げられているのが頭皮環境です。頭皮環境が悪い上に、遺伝的に薄毛になる危険因子を抱えている場合、結果としてAGAを発症しやすくなります。

髪の毛は、頭皮から栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返すことで成長します。

頭皮環境が悪いと、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすことになります。

POINT
  • AGAは複数の原因が複雑に絡み合って発症するケースも多い。
  • 頭皮環境が悪いと髪の毛の成長に悪影響を及ぼす。

AGAを招く頭皮トラブルとは

AGAは頭皮環境の悪化によって発症リスクを高めますが、どのような頭皮のトラブルが見られる場合に、AGAの発症リスクを高めるのでしょうか。

頭皮がかゆい

冬になると乾燥して肌がかゆくなるという方もいらっしゃるかもしれませんが、頭皮が乾燥した場合も、頭皮にかゆみを生じる場合があります。

頭皮が乾燥した場合、頭皮を守るべき存在である皮脂の量が減少し、頭皮が外部からのダメージを受けやすくなります。

また、かゆいからといって頭皮をかくことで、頭皮に傷を付けたり、毛根にダメージを与えたりする可能性もあります。

頭皮が赤い

頭皮が赤くなっている場合、脂漏性皮膚炎を発症している可能性があります。脂漏性皮膚炎は、常在菌であるマラセチアの繁殖によって発症リスクが高まります。

皮脂の多い場所であれば、どこにでも脂漏性皮膚炎を発症する可能性がありますが、特に頭皮は皮脂の分泌量が多い場所であるため、何らかの原因によって皮脂が過剰に分泌された場合、脂漏性皮膚炎を発症し、皮膚が赤くなることになります。

脂漏性皮膚炎自体が抜け毛をもたらす訳ではありませんが、脂漏性皮膚炎とAGAには深い関わりがあると考えられています。

また、頭皮が赤くなっている場合、紫外線によって日焼けしている可能性もあります。

頭皮に紫外線が当たることで、髪の毛にダメージを与えたり、頭皮環境を悪化させたりして、AGA発症のリスクを高めることにもなります。

頭皮が硬い

頭皮が硬い場合、頭皮へと送られる血液の量が減少している可能性があります。髪の毛は毛母細胞が分裂することで成長しますが、この成長には栄養が欠かせません。

栄養は血液によって運ばれてくるのですが、頭皮へ送られる血液の量が減少すると、髪の毛が成長するための栄養が不足し、結果として薄毛になるリスクを高めてしまいます。

頭皮がくさい

頭皮がくさい場合、髪の毛や頭皮を正しく洗えていない可能性があります。頭皮を不潔にしていると、細菌繁殖の温床となってしまいます。この結果、脂漏性皮膚炎をはじめとしたAGAの危険因子を招くことになります。

POINT
  • 頭皮がかゆい場合、頭皮に乾燥を起こしている可能性がある。
  • 頭皮が赤い場合、脂漏性皮膚炎を発症している可能性がある。
  • 不潔にしていると頭皮がくさくなり、頭皮環境の悪化を招く。

頭皮環境を悪化させる原因

頭皮環境が悪化すると、健康な髪の毛の成長を阻害するということですが、では、なぜ頭皮環境が悪化してしまうのでしょう。

誤ったヘアケア

頭皮環境を悪化させる意外な原因として、毎日のヘアケア法があげられます。

といっても難しい話ではなく、市販のシャンプーを使っていると、知らないうちに頭皮環境を悪化させる可能性があるのです。

市販のシャンプーには合成界面活性剤といって、洗浄力の非常に強い成分が含まれています。

その洗浄力を活かし、合成界面活性剤は食器洗い洗剤や洗濯洗剤にも利用されています。

ただ、人間の頭皮は汚れたお皿や衣服とは違います。

あまりに強力な洗浄力で頭皮を洗うと、頭皮を守るべき皮脂まで根こそぎ奪ってしまい、かえって頭皮環境を悪化させることとなるのです。

栄養不足

頭皮は髪の毛が育つための土壌のようなものです。このため、栄養不足になると、髪の毛の成長を支える頭皮にも悪影響を及ぼす結果となります。

例えば、ビタミンやミネラルには、血行を促進したり、ダメージを受けた頭皮を回復させたりする働きがあります。

このため、ビタミンやミネラルが不足すると、頭皮へと栄養を送り届けることができなくなってしまいます。この結果、頭皮環境が悪化することになるのです。

また、皮脂はべたつきの原因とされがちですが、皮脂は頭皮を守るべき存在でもあります。このため、脂質が三大栄養素の1つに挙げられているわけです。皮脂が不足すると、頭皮を守ることができなくなり、頭皮環境の悪化に繋がります。

血行不良

血行不良も頭皮環境を悪化させる一因となります。

頭皮は髪の毛が育つための土壌のようなものであり、血液は髪の毛を育てるための養分のようなものです。

そのため、血行不良によって髪の毛を育てるための養分が不足すると、髪の毛が十分に育たなくなり、弱くてコシのない、抜けやすい髪の毛になってしまうのです。

肩こり

意外に思われるかもしれませんが、肩こりも頭皮環境悪化の一因となります。

なぜなら、肩は心臓と頭を結ぶ位置にあるからです。

肩こりにともなう筋緊張によって血管が圧迫されると、頭皮へと送られる血液の流れを停滞させてしまいます。

その結果、頭皮へ栄養を送ることができなくなり、頭皮環境の悪化を招くのです。

ストレス

ストレスも頭皮環境を悪化させる一因となります。

仕事上のトラブルや人間関係の悩み、暑さ寒さといった身体的ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、血行不良が起こります

その結果、頭皮緩急の悪化を招くのです。

POINT

ストレスや誤ったヘアケアなどが原因で、頭皮環境が悪化すると、男性に見られる代表的な薄毛であるAGAのリスクが高くなる。

AGAを予防するための頭皮ケア

ここまでも解説で頭皮環境が悪化することによって、AGAのリスクを高めることが分かったと思います。

では、AGAを予防するためには、どのような頭皮ケアをおこなうとよいのでしょう。

頭皮マッサージ

頭皮環境を改善させる簡単な方法として、頭皮マッサージがあげられます。

入浴した際に指の腹を用いて、頭皮を優しくマッサージするとよいでしょう。

くれぐれも指先でゴシゴシとこすらないよう気を付けましょう。

育毛剤

頭皮環境を改善するのであれば、育毛剤を利用するのも効果的です。

育毛剤には血行を促進する成分や、髪の毛の成長をサポートするための成分が多く含まれています。

また、天然由来の成分から作られているため、副作用のリスクがそれほどありません。

ただ、人によってはアレルギー反応が出ることもあるので、かゆみや痛みが出たら使用を中止しましょう。

入浴

毎日の入浴も頭皮環境の改善につながります。

湯船に浸かって身体を温めることで、筋肉の緊張が緩和し、血液の流れがスムーズになります。

また、入浴してリラックスすることで、自律神経のバランスを整えることも可能となります。

その結果、髪の毛の成長にも良い影響を与えることとなります。

良質の睡眠

夜更かしは美容の敵といわれますが、頭皮にとっても夜更かしは良い影響を与えません。

良質の睡眠をとることで新陳代謝が活発になり、健康な頭皮を得ることが可能となります。

POINT

 AGAを予防するためには、頭皮マッサージや育毛剤を利用し、生活習慣を見直すことが重要。

AGAが改善しない場合は治療が必要

冒頭でも述べたように、AGAは進行型の脱毛症です。

そのため、基本的に完治という概念がなく、進行を遅らせることしかできません。

ただ、今回紹介したような適切な処置をとることによって、髪の毛の量を長く保つことは期待できます。

それでもAGAの進行を遅らせることができない場合は、治療を受けることが重要となります。

POINT

AGAは進行型の脱毛症であるため、努力しても改善が見られないようであれば専門のクリニックで治療を受ける必要がある。

まとめ

髪の毛の健全な成長のためには、頭皮環境を良好に保つことが欠かせません。

ただ、AGAを発症した場合、頭皮環境を良好に保つだけでは足りません。なぜなら、AGAが進行型の脱毛症であるからです。

もし、頭皮に赤みやかゆみがある場合、AGAを発症していないか確認することが重要です。仮にAGAの発症が確認された場合、速やかに治療を開始することで、薄毛の進行速度を遅らせ、年齢相応の毛髪量に回復させることが期待できます。

とはいえ、自分自身の頭皮の状態を確認することはなかなか大変なものです。このような時は、駅前AGAクリニックまでご相談ください。

当院では無料カウンセリングも行っており、治療方針や価格など、納得いくまでご相談頂き、その上で治療を開始していただくことが可能ですので、ぜひご相談ください。

監修者
大藪 顕
平成14年 大阪医科大学卒業
平成14年 大阪医科大学形成外科
平成16年 城山病院形成外科・美容外科
平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)
平成18年 大手美容外科形成外科部長
多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験
平成28年 新宿AGAクリニック院長
資格:日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、日本レーザー医学会認定医

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)