AGAにはどんな症状がある?発症した際の対策とは?

男性に見られる代表的な脱毛症であるAGAですが、気が付いたら進行していたというケースも少なくありません。

進行型の脱毛症であるAGAは、早期に発見して予防することが何より重要です。

では、AGAを発症する際、何らかの症状が現れることはあるのでしょうか。

また、AGAの症状はどのようにして進行していくのでしょう。

今回の記事では、AGAの症状や進行の仕方、AGAの症状がある際の対策について解説したいと思います。

— 目次 —

AGAの症状について

それでは早速ですが、AGAにともなう症状についてみていきたいと思います。

はたしてAGAには風邪を引いた時のような初期症状や自覚症状はあるのでしょうか。

AGAに初期症状はある?

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」の頭文字を取ったもので、直訳すると男性ホルモンに由来する脱毛症となりますが、日本では単に男性型脱毛症とも呼ばれています。

AGAの特徴としては、思春期以降に多くみられること、そして進行型であることがあげられています(日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」より)。

どちらかというと、「気が付いたら進行(発症)していた」というのがAGAの特徴なのですが、初期症状としては抜け毛の量が増えることや、髪の毛全体のボリュームがダウンすることなどがあげられます。

排水溝に詰まる髪の毛の量が増えてきたり、汗をかいた時に髪の毛がペタンと寝たりするような場合、もしかしたらAGAの初期症状が現れているのかもしれません。

AGAを発症した際の症状

それでは次に、実際にAGAを発症した際に見られる症状について解説したいと思います。

AGAを発症した場合、以下2つの特徴的な症状が見られるようになります。

頭頂部の薄毛が目立つようになる

AGAを発症した場合に見られる特徴的な症状の1つが、頭頂部の薄毛が目立つようになるということです。

いわゆる「O字ハゲ」や「つむじハゲ」などと言われることもあります。

額が後退してくる

AGAを発症した場合のもう1つの特徴的な症状が、前頭部の生え際の毛髪が抜け落ち、額が後退してくるというものです。

アルファベットの「M」のような形になるため、「M字ハゲ」と言われることもあります。

AGAの症状はなぜ起こる?

AGAを発症した場合、頭頂部や前頭部の抜け毛が増え、いわゆるO字ハゲやM字ハゲのリスクが増すということです。

では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

ヘアサイクルの周期が短くなる

AGAによる症状が起こる原因としては、ヘアサイクルの周期が短くなることがあげられます。

ヘアサイクルとは髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの期間のことで、一般的には2年から6年で髪の毛が生えかわるとされています。

ヘアサイクルは、髪の毛の成長期→退行期→休止期→成長期と推移しますが、髪の毛1本1本につき異なるヘアサイクルと持つため、一斉に髪の毛が抜け落ちるようなことはありません。

先程、AGAを直訳すると「男性ホルモンに由来する」脱毛症と説明しましたが、男性ホルモンの中でもジヒドロテストステロン(DHT)がAGAの発症に深くかかわっています。

ジヒドロテストステロンは、一般的によく知られている男性ホルモンであるテストステロンが強力になったもので、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容器と結合し、有害なサイトカインである「TGF-β」を産生します。

TGF-βは「退行期誘発因子」とも呼ばれており、髪の毛の成長期を短縮させ、退行期を早くむかえさせます。

その結果、髪の毛が成長しきらないうちに抜け落ちてしまうため、その毛穴から次の髪の毛が生えてくるまでにタイムラグを生じることとなります。

そのような毛穴がどんどん増えることで、AGAの症状が進行することとなるのです。

ストレスによって髪の毛の成長が阻害される

ストレスは万病の元と言われますが、その理由として、ストレスによって自律神経のバランスを乱されることがあげられます。

自律神経は私たちが特に意識しなくても働いてくれる神経のことで、髪の毛の成長も自律神経の働きによります。

自律神経の働きが乱れると、血液の循環が悪くなり、頭皮へ送られる栄養が不足します。

その結果、髪の毛の成長が阻害され、AGAが進行することとなるのです。

誤ったヘアケアで頭皮環境が悪化する

誤ったヘアケアによる頭皮環境の悪化もAGAの要因となります。

特に、髪の毛や頭皮にとって有害な成分を含む市販のシャンプーで洗髪していると、頭皮にとって必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまうため、頭皮環境の悪化を招きやすくなります。

また、男性の場合、髪の毛を洗った後の自然乾燥させるケースもあると思いますが、髪の毛や頭皮の濡れている時間が長いと、切れ毛や雑菌繁殖のリスクが増します。

POINT

AGAの症状は主にヘアサイクルの乱れによって起こるが、ストレスや誤ったヘアケアが原因となって頭皮環境を悪化させ、髪の毛の成長を阻害するケースもある。

AGAを発症した際の対策

冒頭でも述べたように、AGAは進行型の脱毛症であるため、発症が疑われる場合、速やかに対処することが重要です。

では、どのような方法で対処すればよいのでしょう。

これ以上抜け毛が増えないよう予防する

AGAは思春期以降の発症する脱毛症であるため、10代の後半や20代の前半で発症するケースもあります。

もし家族に薄毛の人がいる場合、AGAを発症する前から予防することも重要です。

まだそれほど薄毛が目立っていないのであれば、将来の薄毛を予防するためにも、育毛剤やサプリメントなどの利用をおすすめします。

生活習慣を見直す

生活習慣の見直しも、AGAの予防につながります。

AGAというと遺伝だけが原因だと考えられがちですが、生活習慣病と同様、生活習慣も大きく関わってきます。

例えば高血圧は遺伝すると言われますが、話を聞いてみると、高血圧になるような食習慣も親から受け継いでいることがよくあります。

AGAも確かに遺伝によって起こるケースは多いのですが、それを助長するのが生活習慣であることは珍しくありません。

薄毛のリスクを低下させるためにも、生活習慣の見直しは重要です。

AGA専門のクリニックで治療を受ける

自分ではAGAを予防できないという場合、AGA専門のクリニックで治療を受けるのがおすすめです。

病院にいろいろな診療科があるように、AGA治療専門のクリニックは、AGAに特化した治療を行っています。

皮膚科や形成外科では投薬治療が主な治療法となりますが、AGA治療専門のクリニックではそれ以外にも、発毛効果の高いメソセラピーや、自毛植毛もおこなっています。

まとめ

AGAは思春期以降に見られる進行型の脱毛症であることから、発症が疑われる場合、速やかに対処することが重要です。

また、将来の薄毛リスクを低下させるためにも、若いころから予防することが大事です。

当院では現状維持目的の治療であれば、初月に限り1,800円から受けて頂くことが可能です。

試しに治療を受けてみたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

また、薄毛全般に関する疑問や質問にも無料カウンセリングでお答えしております。

いつまでも自分の髪を維持できるよう、早めの対処をおすすめします。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)