薄毛の治療は皮膚科でもできるの?皮膚科を受診するメリットやデメリットを紹介!

せっかく薄毛の治療をするなら効果のある治療を受けたいですよね。できれば、定期的に通いやすい所が良いという方も多いのではないでしょうか。
皮膚科の病院はたくさんあり、通いやすいかもしれませんが、皮膚科で薄毛治療はできるのでしょうか。
本記事では、皮膚科で薄毛治療ができるのか、解説します。

— 目次 —

皮膚科で薄毛は治療できるの?

薄毛の治療は、皮膚科で行うことも可能です。薄毛の治療は、皮膚科・心療内科・薄毛専門クリニックで行っています。薄毛の原因によって、受診する場所が異なります。項目ごとにお話ししていきます。

皮膚科での薄毛治療

頭皮にかゆみや湿疹・炎症などの皮膚症状が伴う薄毛は、皮膚科での治療が適しています。皮膚症状に合わせた治療をし、薄毛の改善をします。しかし、皮膚症状がなく薄毛に対する治療は、実施していますが専門性に乏しいです。薄毛専門クリニックと比較すると、投薬の種類は少量です。そして、投薬以外の治療は行っていないことが多いです。

心療内科での薄毛治療

精神的なストレスによる薄毛は、心療内科の受診が好ましいです。薄毛を改善させる治療ではありませんが、精神的なダメージを良くする治療をします。強いストレスは、頭皮の血流を阻害し、薄毛の原因となります。ストレスを軽減させることで、抜け毛を抑制します。

薄毛専門クリニックでの薄毛治療

皮膚症状がない薄毛は、薄毛専門クリニックをお勧めします。薄毛のスペシャリストが揃っており、専門的な治療を受けることが可能です。頭皮の状態や生活習慣など細かい聞き取り調査や検査などをしています。患者さん1人ひとりの状態に合った治療をしています。投薬の種類が豊富で、様々な組み合わせから、発毛や育毛を促進しています。薄毛専門の検査機器や施術の機器も取り揃えています。治療と併用して、専門スタッフから生活や食事の指導を受けることで、体の内面から改善することが可能です。

皮膚科で薄毛を治療するメリット

身近に多い

生活圏内に皮膚科のある病院やクリニックがあるので、通院しやすいです。他の皮膚疾患で受診している皮膚科の場合、診察を受けたことのある医師の基で治療を受けることができます。

敷居が低い

皮膚科で薄毛を治療するメリットとしては、敷居が低いことが挙げられます。仮に薄毛がAGAによって起こっていることが明確であれば、初めからAGA治療専門のクリニックへ通った方が、効率的に薄毛を改善することが期待できます。

ただ、薄毛の原因がはっきりしていない場合や、いきなりAGA治療専門のクリニックへ通うことに抵抗がある場合は、まずは皮膚科で診てもらうという手もあります。皮膚科で改善がみられなかった場合、改めてAGA治療専門のクリニックを受診するのも良いでしょう。

頭皮のトラブルに詳しい

皮膚科で薄毛の治療をするメリットは、皮膚科医が皮膚疾患に関するスペシャリストであることです。

薄毛は様々な原因によって起こりますが、皮膚疾患に伴って薄毛になるケースも少なくありません。例えば、頭皮にみられる脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)という皮膚疾患があります。

脂漏性皮膚炎は、頭皮の常在菌であるマラセチアの異常繁殖によって起こりますが、脂漏性皮膚炎と男性に見られるAGAには、密接な関係があると考えられています。

仮に脂漏性皮膚炎によって薄毛が起こっているのであれば、まずは脂漏性皮膚炎を治療し、頭皮トラブルを改善することが重要となります。

POINT
  • 皮膚科は生活圏内にたくさんあるため通院しやすいというメリットがある。
  • いきなりAGA専門クリニックへ通うことに抵抗がある場合、皮膚科でまず診てもらうという手もある。
  • 皮膚科医は皮膚疾患に関する専門家であるため、頭皮トラブルの改善が期待できる。

皮膚科で薄毛を治療するデメリット

薄毛治療に特化していない

皮膚科は、薄毛治療だけでなく、様々な皮膚症状の治療をしています。薄毛治療を専門には行っていません。そのため、薄毛に対する検査や治療の設備は整っていません。そして、薄毛専門の医師だけでなく、毛髪診断士、発毛・育毛専門カウンセラーなどの専門のスタッフもいません。皮膚科は、抜け毛を抑制する治療は行っていますが、発毛や育毛に対する治療はあまり特化していないのです。

治療方法の選択肢が少ない

発毛や育毛に対する薬は、内服薬と外用薬があり、数種類あります。皮膚科で取り扱っている薬は多くはありません。薬の種類は、薄毛専門のクリニックのほうが豊富です。また、皮膚科での治療は主に薬での治療になります。薄毛専門クリニックの場合、薬の組み合わせと頭皮の施術も施行しています。また、治療に合わせて発毛・育毛専門カウンセラーなどから、食事や生活指導、頭皮ケア、場合によってはサプリメントの使用もしています。様々な角度から患者さんに合わせた治療を行い、育毛や発毛の促進をしています。治療方法が多く充実した治療を受けられるのは、皮膚科より薄毛専門クリニックです。

薄毛治療患者への配慮は期待できない

皮膚科は皮膚にみられるトラブル全般を扱っている病院であり、薄毛を専門として扱っているわけではありません。そのため、薄毛治療患者への特別な配慮は期待できません

受付で受診理由を説明する際に抵抗を感じる方や、診察室の声が外へ漏れ聞こえる事が気になる方もいらっしゃるでしょう。

・女性の薄毛治療の場合は特に注意が必要

薄毛というと男性だけの問題だと思われがちですが、実際には女性であっても薄毛に悩まされている方は少なくありません。

皮膚科でも女性の薄毛を扱っているケースはありますが、薄毛治療を専門としているクリニックのように、プライバシーに配慮した作りとなっている場合は多くないでしょう。そのため、薄毛というデリケートなお悩みを持つ女性にとっては、皮膚科で治療をする際には注意が必要です。

POINT
  • 皮膚科での薄毛治療は、身近にあり通いやすかったり、肌トラブルの治療に強かったりといったメリットがあるが、プライバシーへの配慮が行き届いていない、薄毛治療に特化していないといったデメリットもある。

皮膚科の薄毛治療に使用する薬は?

皮膚科では、主に投薬治療によって薄毛の改善を行っています。主な治療薬としては、ミノキシジル、プロペシア、ザガーロが挙げられます。

ミノキシジル

ミノキシジルはかつて高血圧の治療に用いられていた治療薬で、血管を拡張し、血行を促進する作用があります。

頭皮にミノキシジルを塗布することで、頭皮への血行が促進され、髪の毛の成長をサポートすることが期待されています。ミノキシジルは、女性であっても利用可能というメリットがあります。

プロペシア

プロペシアは男性にみられる代表的な脱毛症であるAGAの治療薬として、パイオニア的な位置を占めています。プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑止する作用があります。

ザガーロ

ザガーロは2016年に発売された比較的新しいAGA治療薬で、プロペシアよりも高い発毛効果が期待されています。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドにもジヒドロテストステロンの産生を抑止する作用があり、ジヒドロテストステロンが産生される原因となる5α還元酵素をフィナステリドよりも高い割合で不活発化させるため、より高い治療効果が期待されているのです。

POINT
  • ミノキシジルやプロペシア、ザガーロは日本皮膚科学会が推奨する薄毛の治療薬である。
  • ミノキシジルには血管を拡張し、血行を促進する作用がある。
  • プロペシアやザガーロには抜け毛を予防し、発毛を促進する作用がある。

薄毛はAGAの専門クリニックに相談したほうがいい?

「駅前AGAクリニック」は、薄毛治療専門クリニックです。それでは、項目ごとに特徴を紹介していきます。

薄毛治療に特化している

駅前AGAクリニックは、薄毛や抜け毛の治療を専門に行っています。「皮膚科」「形成外科」「美容外科」を専門とする医師団によって、医学的な根拠の基、治療を実施しています。長年の豊富な治療経験や最新の医療技術を用いて、患者さん1人ひとりに合わせた治療をしています。薄毛の内服薬と外用薬を何種類も取扱っています。毛髪診断士や発毛・育毛専門カウンセラーなどの専門スタッフと連携をした医療を提供しています。「結果にこだわって」を掲げ、日々の医療を取り組んでおります。薄毛の検査機器や施術治療などの専門の医療機器を導入しています。

治療方法が充実している

治療は、効果を最大限に高める「オーダーメイド複合治療」を行っています。治療の柱として、「オーダーメイドの内服薬」「オーダーメイドの外用薬」「オーダーメイドのAGA発毛メソセラピー」の3つが挙げられます。計600以上の処方パターンがあり、患者さん1人ひとりに合わせた薬の組み合わせをしています。希望時は、患者さんの予算に合わせた処方の組み合わせもしています。薬と施術の治療と併用して、食事や生活の指導を受けることができます。

薄毛治療患者への配慮やプライバシー保護

駅前AGAクリニックは、東京新宿院、東京北千住院、大阪梅田院、京都烏丸院、岡山院、鹿児島院の全部で6ヵ所あります。他県から通院される患者さんもいるので、駅前に設置し、交通面の配慮をしています。また、遠方で通院不能な方には遠隔診療も行っております。当院は、「完全予約制」です。患者さんとの対応は、個室で診察や治療を行い、プライバシーの配慮をしています。患者さんの情報が外部に漏れないような管理も徹底しております。患者さんに対して、親切で丁寧、真心をこめた医療の提供を心掛けています。

無料カウンセリングへ

現在、無料カウンセリングを実施しています。薄毛や抜け毛で悩んでいる方へ、一度、駅前AGAクリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか?あなたのお悩みのお手伝いをスタッフ一同で行いたいと思います。

まとめ

薄毛の治療を行っているところや皮膚科の良い点と悪い点、薄毛治療専門クリニックの特長について紹介しました。

薄毛で悩んでいるときは、原因によって受診する場所が異なります。皮膚トラブルの場合は、皮膚科受診をします。精神的なストレス過多は、心療内科へ受診をお勧めします。皮膚症状のない薄毛は、薄毛治療専門クリニックが適しています。

皮膚科での薄毛の治療は、自宅の近隣地域にあるので、抵抗がなく通
いやすいです。かゆみや発疹を伴う薄毛に対しては、皮膚科の治療が適しています。しかし、皮膚科は薄毛治療を専門には行っていません。治療薬の種類も少なく、検査や施術の機器もありません。抜け毛を抑える治療はできますが、発毛や育毛の治療には好ましくありません。患者さんに対するプライバシーの配慮も乏しいです。

薄毛に対する専門的な治療を受けるのは、薄毛治療専門クリニックがお勧めです。「駅前AGAクリニック」はいかがでしょうか?女性の薄毛に対する治療を実施しています。

薄毛治療のスペシャリストである医師団が、患者さん1人ひとりに合わせた「オーダーメイド複合治療」を行っています。数ある薬を組み合わせて患者さんの発毛や育毛を促進させます。薬と施術の治療を基に、食事や生活指導を実施しています。

薄毛が抜け毛で悩んでいる方が、明るい未来へ導くようにスタッフ一同、サポートいたします。現在、無料カウンセリングを受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

監修者
大藪 顕
平成14年 大阪医科大学卒業
平成14年 大阪医科大学形成外科
平成16年 城山病院形成外科・美容外科
平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)
平成18年 大手美容外科形成外科部長
多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験
平成28年 新宿AGAクリニック院長
資格:日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、日本レーザー医学会認定医

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)