AGAって本当に治るの?医師が教える正しいAGA治療

薄毛に悩まれている方は非常に多いです。

しかし、それが治せると知っている方は少ないでしょう。

駅前AGAクリニックにご来院される患者さんのほとんどは必ず回り道をされてからご来院されます。

— 目次 —

そもそもAGAとは?原因は?

AGAとは、「男性型脱毛症」という、進行性の脱毛症です。

AGAは主に成人男性によく現れます。

AGAになると、髪の毛の成長期が短くなってしまい、抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。

また、AGAは、放っておいても治ることはなく、ますます進行してしまいます。

AGAの原因について

そもそもAGAなぜ発症するのでしょうか。

詳しく説明します。

AGAの原因|DHTとは

AGAの原因は、悪性の男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。

DHTは、テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素の働きによって変化したものです。

AGAは、このDHTによってヘアサイクルが乱されることによって起こります。

そもそも、正常なヘアサイクルは、「成長期」→「退行期」→「休止期」の3段階を繰り返すというものです。

ですが、AGAになると、成長期が短くなってしまい、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。

したがって、AGAの進行を止めるには、DHTの生成を妨げることが必要です。

― POINT ―
✔︎AGAは進行性の脱毛症
✔︎原因はDHTによるヘアサイクルの乱れ
✔︎DHTの生成を阻害することが大切

間違ったAGA治療法

AGAの原因についてはわかったでしょうか。

これからは、AGAの進行を抑える方法、すなわちDHTの生成を妨げる方法について解説します。

そもそも、インターネット上などには、AGAに関する嘘の情報がありふれています。

実際は効果がないのに薄毛を治すことが出来ると言っている商品だらけです。

市販の育毛剤にはほとんど効果がない

実は世の中のほとんどの育毛商品は、AGAに効果がありません

大手の企業の製品であっても信用してはいけません。

効果がない商品を少しでも売ろうと嘘の情報が毎日発信されています。

現在、AGAに効果のある育毛剤はほとんどないことを知っておいて下さい。

理由としては、ほとんどの育毛剤には頭皮環境を整える成分が配合されており、それが直接AGAの改善に作用しないためです。

発毛剤について

先ほど説明したように、ほとんどの育毛剤に含まれる成分は頭皮環境を整えるものです。

しかし、発毛剤はAGA改善に効果的です。

理由としては、発毛剤に含まれている成分は、ミノキシジルを始め、フィナステリドやデュタステリドです。

これらはAGA改善に有効的な成分です。

育毛剤と発毛剤は混合し易いので注意が必要です。

発毛剤は医師の診断を受けた上で処方された方が安全なので、治療を検討中の方は無料カウンセリングから初めてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングはこちら

市販のシャンプー剤にも育毛効果は無い

育毛剤だけではありません。

ほとんどの市販のシャンプー剤には育毛効果はありません。

そもそも、頭を洗う1、2分の間にシャンプーに含まれている何かが頭皮に浸透したりはしません。

逆にそのようなシャンプーがあれば危険でしょう。

シャンプーは頭皮の皮脂や汚れを取り除くことが目的です。

どのシャンプーも効果は同じでしょう。

脂漏性皮膚炎の治療に使う抗真菌薬入りのシャンプーは真菌をコントロールするのに効果的ですが、AGA治療薬ではありません。

この不毛なやり取りは経済学的には機能的な付加価値は生み出しません。

― POINT ―
✔︎ほとんどの市販の育毛剤には効果がない
✔︎市販のシャンプー剤には効果がない
✔︎嘘の情報で商品を買わせようとする記事があるので注意

医師が教える科学的に正しいAGA治療

では、本当に正しい情報はどうやって得ればいいのでしょう。

インターネットに記載してある治療方法は、商業目的である場合がほとんどなので、正しく無い可能性が高いです。

そのためインターネットで薄毛改善の方法を調べるということは、患者さんにとって不利益かもしれません。

そこで、病気のプロの医師に聞いてみるのはいかがでしょうか。

日本の医療レベルは世界に通用していますし、最近ではわざわざ海外から日本の医療を求めて来日される患者さんも多いです。

クリニックで毛髪に詳しい医師の診断を受けて、正しい治療をすることがAGA改善への一番の近道かもしれません。

当院では無料カウンセリングを行なっているので、正しい治療を受けたい方はお気軽にご相談ください。

無料カウンセリングはこちら

科学的根拠のあるAGA治療法

先ほども述べたように、インターネットにはAGA治療に関する嘘の情報がありふれています。

ですが、『科学』は嘘をつきません。

最近の医学はEBMを重視します。

Evidence-Based Medicineといい情報の根拠を大切にしてアプローチしています。

治療を行う時にエビデンス(証拠)に基づいて行うのです。

そこで、当院で行なっている科学的根拠のある治療を紹介します。

プロペシア

プロペシアとは、有効成分フィナステリドを含んだAGA内服薬です
プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬である、DHT阻害薬です。

具体的には、5αリダクターゼの作用を阻害することでDHTの生成を抑制し、ヘアサイクルを整えることで結果的にAGAの進行を緩やかにするといった流れです。

プロペシアについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、AGA治療や円形脱毛症治療に用いられる有効成分です。

ミノキシジルは、発毛を促す効果があります。

ミノキシジルを含んだ治療薬は、内服薬であるミノキシジルタブレット(ミノタブ)と、外用薬である 外用ミノキシジル(塗りミノ)があります。

ザガーロ

ザガーロは、有効成分デュタステリドを含んだ、AGA内服薬です。

ザガーロの効果ですが、プロペシアと同じくDHTの合成を妨げ、ヘアサイクルを整えることで抜け毛を防ぐ働きがあります。

この効果の違いとしては、プロペシアよりもザガーロの方が効果が高いという点です。

理由としては、プロペシアが5αリダクターゼⅡ型のみに作用し、DHTを抑制しますが、ザガーロはⅠ型とⅡ型どちらにも作用するためです。

ザガーロとプロペシアの違いについて、詳細はこちらをご覧ください。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは、発毛を促す成長因子を直接頭皮に注入する注入治療です。

体の害のない成長因子を直接患部に注入するため、副作用がほとんどなく、投薬治療よりも効果が高いという点があります。

さらに、投薬治療と併用することで効果がより高まります。

上記の通り、AGA治療といっても様々です。

まずはクリニックを受診し、医師に正しい治療を選択してもらうことが大切です。

無料カウンセリングはこちら

― POINT ―
✔︎医師による治療が一番の近道
✔︎メソセラピーは投薬治療よりもメリットが多い
✔︎メソセラピー×投薬治療で効果UP

まとめ

いかがでしたか。

AGA治療に関することをインターネットで検索すると、嘘の情報がありふれています。

駅前AGAクリニックは『エビデンスに裏付けされた確かな治療』とまだエビデンスの確立されていない『最先端の最高の治療』の両方を追い求めています。

駅前AGAクリニックの治療は常にガイドラインを超えています。

それはガイドラインに準拠した治療では効果が弱すぎるからです。

ガイドラインはエビデンスの塊であり信頼出来るのですがそれでは遅すぎるのです。

患者さんに最高の医学的な薄毛治療の選択肢をご提供出来るように駅前AGAクリニックは常に科学的にアプローチして進化し続けて行きたいと思っております。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)