20代で頭頂部が薄い場合の原因とは?判断する基準と正しい対策

頭頂部 薄い

薄毛は、壮年期以降や中年期以降に見られるものというイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。しかし、実際には20代であっても薄毛に悩まされる方は、たくさんいらっしゃいます。

では、20代で頭頂部が薄くなっているような場合、どのようなことが原因だと考えられるのでしょうか。また、男性と女性とでは、頭頂部が薄くなる原因に違いはあるのでしょうか。

今回の記事では、若いうちに頭頂部が薄くなってしまう主な原因や、薄くなってきた際の対策について解説します。

— 目次 —

頭頂部が薄くなる主な原因

頭頂部が薄くなるのは、男性だけの問題だと思われる方もいるかもしれません。しかし、実は女性の中にも頭頂部の薄毛に悩まされている方が多くいらっしゃいます。

男性と女性で、それぞれ頭頂部が薄くなる原因は異なるので、細かく確認しておきましょう。

AGA

男性の場合、頭頂部が薄くなる最大の原因として、AGAを発症していることが挙げられます。

AGAを引き起こす原因の1つが、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)の存在です。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの受容器と結合し、脱毛指令因子と呼ばれる「TGF-β」と呼ばれるサイトカインを産生します。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが変化したものですが、その変化に際して5α-リダクターゼと呼ばれる酵素が重要な働きをします。

5α-リダクターゼは頭頂部に多く存在しているため、AGAを発症すると、頭頂部が薄くなるO字型ハゲを発症しやすくなるのです。

円形脱毛症

頭頂部が薄くなる原因として、円形脱毛症も挙げられます。円形脱毛症は10円はげと呼ばれることもあるため、極めて限られた範囲にハゲができるイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、円形脱毛症には単発型や多発型、多発融合型、蛇行型、全頭型、汎発型など様々なタイプがあり、頭頂部に薄毛を生じる可能性もあるのです。

円形脱毛症については、かつてはストレスが原因となって起こると考えられていましたが、現在では、円形脱毛症は自己免疫疾患の1つと捉えられています。

何らかの原因で、自己の免疫細胞が毛包を攻撃することで、髪の毛が抜け落ちると考えられ、老若男女問わず発症する脱毛症でもあります。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも、頭頂部が薄くなるリスクを高めます。例えば、偏った栄養バランスの食生活を続けていると、栄養不足から薄毛になる可能性があります。

健康な髪の毛を育てるためには、良質なたんぱく質や亜鉛、ビタミンなどの摂取が欠かせません。ところが、偏食などに伴ってそのような栄養素が不足することで、頭頂部の薄毛のリスクを高めるのです。

また、睡眠不足や睡眠の質の低下も、頭頂部の薄毛を引き起こす可能性が高まります。人の髪の毛は寝ている間に成長するため、睡眠が大きく関わっているのです。

生活習慣の乱れが頭頂部の薄毛に直結する訳ではありませんが、複数の原因が絡み合うことで、抜け毛や薄毛のリスクを高める結果となるのです。

POINT
  • 男性の頭頂部が薄くなる原因としてAGAの発症していることが挙げられる
  • 円形脱毛症を発症した場合、老若男女を問わず頭頂部が薄くなるリスクが高まる
  • 生活習慣の乱れによって頭頂部が薄くなる可能性もある

頭頂部の薄毛における注意点

薄毛は頭の様々な場所に起こり得ますが、頭頂部の薄毛に関しては特に注意が必要です。

理由として、以下のような点が挙げられます。

気づくのが難しい

頭頂部の薄毛に関して注意しなければならないのが、薄毛になっていることに気づくのが難しいという点です。毎日鏡を見る習慣がある方でも、頭頂部を確認することは少ないでしょう。

このため、人から指摘されてはじめて気づくようなケースや、たまたま後ろから写真を撮られた時に気づくケースなどが少なくありません。

気づくのが難しいだけに、気づいた時には進行していたということも多々あります。

薄いと判断する基準とは

頭頂部の薄毛は中々自分で気づくことが難しいのですが、髪の毛の生え方や地肌の見え方などから、頭頂部が薄くなっていると判断できる可能性があります。

例えば、毛髪の量が多い場合、つむじがキレイに渦を巻いています。しかし、髪の毛の量が減少してくると、つむじがハッキリしなくなってきます。

また、髪の毛を洗った時などに、頭頂部の地肌が透けて見えるような場合、頭頂部に薄毛を生じている可能性があるでしょう。

進行しやすい特徴がある

頭頂部の薄毛に注意が必要な理由として、頭頂部の薄毛は進行しやすいことが挙げられます。先述したように、男性の頭頂部が薄くなっている場合、AGAを発症している可能性があります。

日本皮膚科学会のガイドラインによると、AGAには思春期以降に発症するという特徴と、徐々に進行するという特徴があります。

このため、AGAを発症した場合、徐々に頭頂部の薄毛が進行してしまうのです。

POINT
  • 頭頂部の薄毛は気づきにくいという特徴がある
  • つむじがわかりづらい場合や、地肌が透けて見える場合は注意が必要
  • 頭頂部の薄毛は進行しやすい特徴がある

20代でも頭頂部が薄くなることがある?

AGAは、思春期以降に発症する脱毛症であるため、男性の場合は20代であっても頭頂部が薄くなる可能性があります。

ただ、20代の方の場合、AGAを引き起こしていなくても、頭頂部が薄くなる可能性はあります。

カラーやパーマ

若い女性に多くみられる例が、ヘアカラーやパーマなどによる頭皮へのダメージに伴う頭頂部の薄毛です。

ヘアカラーやパーマなどが原因となり、頭皮環境が悪化した場合、フケの量が増える傾向にあります。フケが皮脂や汚れと混じり合い、毛穴に詰まると、頭皮に炎症を起こし、抜け毛のリスクが高くなります。

このようにして起こる脱毛症のことを、粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)と呼び、若い女性に多く見られる脱毛症として知られています。

ストレス

20代の方に見られる頭頂部の薄毛は、ストレスによって起こることもあります。職場の人間関係や仕事上のトラブルなど、様々なことが原因でストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経のバランスが乱れると、血管が収縮し、血行を阻害しやすくなります。

これにより、髪の毛が成長するための栄養が不足し、抜け毛のリスクを高めてしまうのです。

過度なダイエット

過度のダイエットに伴う薄毛が、若い女性に多く見られます。

極端な食事制限によって栄養が不足すると、髪の毛が成長するために必要な栄養素も不足してしまいます。

髪の毛を成長させるための栄養を摂取するだけでなく、栄養を運ぶために必要な栄養素も摂取する必要があります。

このため、髪の毛の成長を促進させるためには、栄養を摂取することが大切なのです。

POINT
  • ヘアカラーやパーマによるダメージで粃糠性脱毛症を発症するリスクが高まる
  • ストレスによる自律神経の乱れが抜け毛や薄毛のリスクを高める
  • 過度のダイエットに伴う栄養不足は髪の毛の成長に悪影響を及ぼす

頭頂部の薄毛に効果的な対策

頭頂部の薄毛を発症してしまうと、改善するまでに時間が掛かります

このため、日常的に頭頂部の薄毛を予防することが大切です。また、実際に頭頂部の薄毛が気になりだしたら、早めに対策を講じることが欠かせません。

生活習慣を改善する

頭頂部の薄毛を予防するためには、日常の生活習慣を改善することが欠かせません。睡眠不足や疲労の蓄積を自覚しているのであれば、質の良い睡眠をとることが求められます。

また、髪の毛は、食べたものから作られるため、栄養バランスの取れた食事を摂取することが重要です。

髪の毛にとって必要な栄養素は色々ありますが、大事なのはバランス良く栄養を摂取することです。

生活習慣を改善することで、頭頂部の薄毛を防ぐことに繋がるでしょう。

正しいヘアケアを行う

正しいヘアケアを行うことは、頭頂部の薄毛のリスクを下げることに繋がります。

特に、注意が必要なのは、洗髪です。

洗い残しがある場合は、抜け毛のリスクを高めてしまいます。最初に適量を手に取り、お湯で伸ばしてから、髪の毛に数ヶ所付けてから洗うようにしましょう。

また、髪の毛を洗う時には、指先や爪で頭皮をゴシゴシ擦らないようにし、洗い終えたらタオルで優しく水分を拭き取り、ドライヤーで乾かすことも忘れないようにしましょう。

ストレスを解消する

ストレスは、髪の毛や頭皮にとっても大敵です。ストレスが溜まることで血行が悪くなると、髪の毛や頭皮の栄養状態が低下します。

頭頂部の薄毛を予防するためには、心身の状態を健康に保つことが欠かせません。このため、ストレスを上手にコントロールすることが求められるのです。

ストレスが溜まっていることを自覚したら、ストレスを解消し、過度のストレス状態が続かないよう気を付けましょう。

専門のクリニックを受診する

実際に頭頂部の薄毛が見られるようであれば、なるべく早めに専門のクリニックを受診することが大切です。なぜなら、頭頂部の薄毛の多くが、何らかの脱毛症によって起こるからです。

脱毛症を発症している場合、セルフケアで改善することは困難です。このため、薄毛治療の専門医に相談することが一番です。

頭頂部に見られる薄毛の原因は実に様々であるため、自己判断で対策を行った場合でも、中々改善が見られないことも多いでしょう。

このため、まずは専門のクリニックで薄毛の原因を突き止め、自分に合った薄毛対策を実践することが欠かせないのです。

POINT
  • 頭頂部の薄毛を予防するためには、生活習慣の見直しが必要
  • ストレスを上手にコントロールすることが大切
  • 実際に薄毛が見られる場合は専門のクリニックを受診する

頭頂部の薄毛にお悩みの方は

頭頂部の薄毛のお悩みは、中高年以降の男性に限ったものではありません。若い男性でもAGAを発症すれば頭頂部に薄毛を生じることがありますし、円形脱毛症や粃糠性脱毛症を発症した場合、女性であっても頭頂部に薄毛を生じる可能性があります。

頭頂部は普段自分で見ることがあまりないため、気づいたら薄毛が進行していたというケースも少なくありません。セルフケアも大切ですが、実際に薄毛が見られる場合、なるべく早めに専門のクリニックを受診した方が良いです。

駅前AGAクリニックでは、AGAや円形脱毛症など、薄毛治療を専門的に取り扱っています。

ご相談は、無料カウンセリングで承っていますので、治療に関するご相談や薄毛に関するお悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。

まずは、原因を突き止めることが大切です。

監修者
田坂 洋介
2005年3月 昭和大学医学部卒業
2005年4月 昭和大学医学部付属初期臨床研修センタにて初期臨床研修開始
2007年4月 川崎市立川崎病院 麻酔科後期研修開始
2009年4月 麻酔科標榜医取得
2015年4月 大手毛髪専門クリニックで多数の症例を経験
2017年12月 駅前AGAクリニック大阪梅田院院長
資格:医師免許、麻酔科標榜医、麻酔科学会専門医、麻酔科学会指導医

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)