ミノキシジル製剤の種類と使用上の注意点について

ミノキシジル 塗り薬


ミノキシジルは薄毛の治療に用いられる有効成分の1つで、厚生労働省によって発毛効果が認められている数少ない治療薬でもあります。日本皮膚科学会からも、薄毛治療のガイドラインの中で、治療に使うことを強く推奨されています。


その他のAGA治療薬とは異なり、薬局やドラッグストア、通信販売などでも購入できる点がミノキシジルのメリットの1つです。こちらの記事では、ミノキシジル製剤の種類や特徴、使用上の注意点などについて詳しく解説しています。

— 目次 —

ミノキシジル製剤の種類


日本では発毛剤として利用されているミノキシジルですが、歴史は意外と古く、1960年代にはアメリカで高血圧の治療薬として使われ始めていました。


日本では高血圧の治療薬としては認可されておらず、薄毛の治療薬としてのみ認められています。ミノキシジル製剤には、主に次の2種類があります。

  • 皮膚に塗布する外用薬
  • 口から摂取する内服薬


それぞれについて詳しく見ていきましょう。

皮膚に塗布する外用薬


ミノキシジル製剤には外用薬と内服薬の2種類があるのですが、厚生労働省から認可を受けているのは皮膚に塗布する外用薬(塗り薬)のみです。


もともと高血圧の治療薬として使われていたミノキシジルですが、内服した方に発毛や多毛といった減少が見られたため、詳しく研究したところ発毛効果を期待できることが分かりました。


そこで、低用量のミノキシジル外用薬が開発されるに至ったのです。後にミノキシジルには心臓への負担を増す作用もあることが分かったため、日本では外用タイプのミノキシジルだけが認可されています。

口から摂取する内服薬


ミノキシジルには、口から摂取する内服薬(ミノキシジルタブレット:通称ミノタブ)もあります。厚生労働省からの認可は受けていないのですが、AGA治療を専門とするクリニックでは、ミノキシジルタブレットを処方している所も少なくありません。


その理由は、外用薬よりも内服薬の方が、高い発毛効果を期待できるからです。ただし、外用薬に比べて副作用のリスクが高いため、必ず医師の診察を受けたうえで、副作用のリスクをコントロールしながら内服することが重要です。


また、ミノキシジル外用薬にも言えることですが、1回の使用量を守ることが大切です。使用量を増やしたからと言って効果は上がりません。むしろ副作用のリスクを高める結果となるため絶対に避けましょう。

外用薬の特徴


原則として専門医の処方が必要とされるミノキシジル内服薬とは異なり、ミノキシジル外用薬には次のような特徴があります。

  • ドラッグストアで手軽に購入可能
  • 効果は緩やかで副反応のリスクが少ない
  • 国の認可があるから安心


内服薬に比べると効果がやや低いといったデメリットもあるのですが、その分だけ身体にかかる負担が少ないと言ったメリットもあります。それぞれの特徴についてさらに詳しく解説します。

ドラッグストアで手軽に購入可能


ミノキシジル外用薬の特徴としては、ドラッグストアや薬局、通信販売などで手軽に購入できる点が挙げられます。内服薬のミノキシジルは医療用医薬品であるため、原則として医師の処方が必要です。


ミノキシジル外用薬は一般用医薬品のうち、第一類医薬品に分類されており、薬剤師の説明を受けた上で購入できます。通信販売で購入する場合、必要事項に記入した後、購入することが可能です。

効果は緩やかで副反応のリスクが少ない


先述したように、ミノキシジル外用薬に比べた場合、ミノキシジル内服薬の方が高い効果を期待できます。ただし、その分だけ副作用のリスクが高くなるといったデメリットもあります。


頭皮に塗布するタイプのミノキシジル外用薬は、効果のあらわれ方こそ緩やかですが、その分だけ副反応のリスクが少なく、手軽に始められる点がメリットです。

国の認可があるから安心


ミノキシジル内服薬は海外でこそ高血圧の治療薬として利用されていますが、国内では安全性が確認されていないことから、高血圧の治療薬としてはもちろんのこと、薄毛の治療薬としても認可されていません。


一方、ミノキシジル外用薬に関しては国内の臨床試験で効果と安全性が確認されており、厚生労働省から認可を受けています。そのため、安全かつ安心して使用できるメリットがあります。

ミノキシジル外用薬の注意点


ミノキシジル外用薬は副作用のリスクがそれほど高くないだけでなく、それほど重篤な副作用を引き起こす可能性もありません。ただ、ミノキシジル外用薬を利用する場合、次のような注意点があります。

  • 未成年者の使用は禁止されている
  • 高齢者が利用する場合は事前に医師や薬剤師に相談する必要がある


それぞれについて詳しく解説します。

未成年は使用不可


ミノキシジルは国内の臨床試験において、その有効性と安全性が確認されています。ただし、それは成人を対象とした臨床試験であり、未成年者は対象となっていません


男性に見られる代表的な薄毛であるAGAは、思春期以降に発症するのが特徴です。ただ思春期を終えたからと言って、10代はまだ身体の成長途上にあるため、成人と同じように扱うことはできません。


またAGAには進行型といった特徴があるため、基本的にミノキシジル外用薬は長期にわたって使い続けるのが基本です。未成年者が長期間ミノキシジル外用薬を利用した場合、心身にどのような影響を及ぼすか分かっていません。そのため、原則としてミノキシジル外用薬は未成年者の利用が禁止となっています。

高齢者(65歳以上)は事前に医師・薬剤師に相談が必要


65歳以上の高齢者がミノキシジル外用薬を利用する場合、医師や薬剤師に相談することが欠かせません。高齢になると持病を抱える人が増えるため、ミノキシジル外用薬の利用によって思わぬ健康上の被害を招きかねないからです。


ミノキシジル外用薬は、内服タイプのミノキシジルよりも副作用のリスクが低くなっています。しかし、医薬品の成分は肝臓で代謝されるため、副作用のリスクをコントロールしながら、慎重に利用する必要があるのです。

AGA治療に関するご相談なら


ミノキシジル外用薬は厚生労働省によって安全性と有効性が確認されており、手軽に利用できる発毛剤です。男性だけでなく女性も利用可能であるため、薄毛治療専門のクリニックでは、ミノキシジル外用薬を利用した治療も行っています。


ミノキシジル外用薬は副作用のリスクも少ないため、内服薬の利用が不安な方でも安心して利用できます。ただし、未成年者に対する有効性や安全性は確認されていないため、原則として未成年者はミノキシジル外用薬を利用できません。


また、65歳以上の高齢者がミノキシジル外用薬を利用する場合、必ず医師や薬剤師に相談する必要があります。ミノキシジルに関する疑問や質問は、お気軽にご相談ください。


駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)