AGAの原因と対策法!治療するなら専門のクリニックがおすすめ

AGAは男性に見られる薄毛の代表的な脱毛症ですが、どのような仕組みで抜け毛が増えるのでしょう。また、AGAを発症した場合、どのような対策をすればよいのでしょう。

今回はAGAによる抜け毛の仕組みや、AGAを発症する原因、およびAGAの予防法や対策法について紹介したいと思います。

— 目次 —

AGAの仕組みとは

それでは早速ですが、AGAによる抜け毛の仕組みについて見ていきたいと思います。AGAを発症すると、どのようなメカニズムで抜け毛が増えるのでしょう。

ジヒドロテストステロン(DHT)によって抜け毛が増える

AGAによる抜け毛の原因として、ジヒドロテストステロンの存在があげられています。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種であるテストステロンがより強力化したものです。

ジヒドロテストステロンが、男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターと結合すると、有害なサイトカインが産生され、それにともなって抜け毛のリスクが高くなります。

AGAの症状

AGAを発症すると、頭頂部の抜け毛が増えていわゆる「つむじハゲ(O字ハゲ)」が進行したり、前頭部が後退して「M字ハゲ」が進行したりします。

頭皮に見られる炎症性の皮膚疾患である脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)にともなって抜け毛が見られる場合、頭皮に赤みが見られたり、フケの量が増えたりします。

AGAの特徴

AGAのことを日本では男性型脱毛症と呼んでいますが、日本皮膚科学会の定める「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」によると、男性型脱毛症には「思春期以降に見られ徐々に進行する」という特徴があります。

男性に見られる薄毛というと、30代や40代から始まると考えられがちですが、実際は10代後半や20代前半でもAGAを発症すれば、薄毛になる可能性があるということです。

また、男性型脱毛症には進行型という特徴もあります。そのため、男性型脱毛症を発症して何ら対策を講じずにいると、徐々にかつ確実に薄毛が進行してしまうのです。

POINT
  • ジヒドロテストステロン(DHT)によって抜け毛のリスクが増大する
  • AGAを発症すると局所の薄毛が目立つようになる
  • AGAには進行型という特徴がある

AGAの原因とは

進行型という厄介な特徴を持つAGAですが、そもそも何が原因となって発症するのでしょうか。

遺伝

AGAには遺伝的要因が深くかかわっているとされています。特に、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の活発度と、アンドロゲンレセプターの感受性が、AGA発症のリスクを左右することが分かっています。

5α-リダクターゼは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化する際、触媒としての役割を果たします。

そのため、遺伝的に5α-リダクターゼが活発に働く人の場合、AGAを発症するリスクが増大するわけです。

ただ、5α-リダクターゼによってジヒドロテストステロンが産生されても、アンドロゲンレセプターと結合しなければ、抜け毛の原因となる有害なサイトカインは産生されません。

そのため、アンドロゲンレセプターの感受性もAGA発症のリスクを左右します。遺伝的にアンドロゲンレセプターの感受性が高い場合、ジヒドロテストステロンと結合しやすくなるので、AGA発症のリスクも高くなるのです。

ちなみに、5α-リダクターゼには1型と2型の2種類があり、1型の5α-リダクターゼは全身の皮脂腺に多く分布しており、2型の5α-リダクターゼは頭頂部や前頭部に多く分布しています。

そのため、遺伝的に2型の5α-リダクターゼが活発に働く人の場合、頭頂部や前頭部の薄毛が目立つこととなるのです。

生活習慣

生活習慣によってAGA発症のリスクが高くなるケースもあります。

食生活

髪の毛も私たちが食べたものでできているので、乱れた食生活や栄養バランスの悪い食事によって、AGA発症のリスクが高くなります。
特に脂っこい食べ物を好んで食べる人の場合、動脈硬化の進行にともなっていわゆる「ドロドロ血液」になり、頭皮へ送られる栄養が不足し、抜け毛のリスクを高めます。

飲酒

また、飲酒や喫煙習慣のある場合、やはりAGA発症のリスクが高くなります。お酒は適量ならよいのですが、たくさん飲むとアルコールを分解するのに体内の水分が使われ、やはりドロドロ血液になるリスクが高くなります。

喫煙(タバコ)

タバコに含まれるニコチンには、毛細血管を収縮させる作用があります。頭皮の毛細血管が収縮すると、毛母細胞に送られる栄養が不足するため、髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。

ストレスや睡眠不足

その他、ストレスや睡眠不足もAGAのリスクを高めると考えられています。ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、血管が収縮し血行を阻害します。

また、睡眠不足が続くと、身体の回復にエネルギーが割かれるため、髪の毛の成長に悪影響を与えてしまいます。

誤ったヘアケア

誤ったヘアケアもAGAのリスクを高めます。特に、洗浄力の強いシャンプーを使っていると、頭皮にとって必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮環境の悪化を招くこととなります。

市販のシャンプーの目的はヘアケアでなく、頭皮や髪の毛を洗浄することです。ヘアケア目的であれば、薬用シャンプーや育毛用シャンプーを使うよう心がけましょう。

POINT
  • AGAには遺伝的要因が深くかかわっている
  • 乱れた生活習慣もAGAの発症リスクを高くする
  • 誤ったヘアケアも抜け毛のリスクを高める

AGAの予防・対策

AGAは進行型の脱毛症なので、発症しないよう予防することが重要です。また、AGAの疑いがある場合、早目にクリニックで診てもらうようにしましょう。

クリニックで対策するには?

最近は、AGAは専門のクリニックで治療できる時代となっています。では、AGA治療専門のクリニックでは、どのようにしてAGAの改善を図っているのでしょうか。

投薬治療

AGAの治療法としてもっとも一般的なのが投薬治療です。投薬治療に用いられる医薬品としては、プロペシアやザガーロ、ミノキシジルがあげられます。

プロペシアやザガーロのような抗アンドロゲン薬には、5α-リダクターゼの働きを阻害する作用があるため、ジヒドロテストステロンの産生を抑止し、抜け毛のリスクを下げます。

また、ミノキシジルには血管を拡張し、血行を促進する作用があります。そのため、プロペシアやザガーロと併用することで、プロペシアやザガーロの有効成分をより効率的に、頭皮へと送り届けることが可能となります。

注入治療

注入療法は、髪の毛の成長にとって必要な成分(グロースファクター)を、頭皮下に直接注入する治療法です。

頭皮下に直接、髪の毛の成長因子を注入することで、高い発毛効果が期待できます。また、投薬治療ではなかなか効果が上がらない場合、注入療法を併せておこなうケースもあります。

自分で予防・対策するには?

AGAの治療は専門のクリニックで受けるのが基本ですが、自宅でも予防・対策することが重要です。なぜなら、治療時間よりも自宅で過ごす時間の方が圧倒的に長いからです。

生活習慣の改善

生活習慣の乱れによって抜け毛が増えているような場合、生活習慣を見直す必要があります。私たちの健康は、栄養・睡眠・排泄の正常なサイクルで保たれます。

そのため、バランスの取れた食事を心がけ、質の良い睡眠を摂るようにしましょう。それに加えて毎朝の便通があれば理想的です。

身体が健康であれば、髪の毛も正常に成長することとなりますし、抜け毛のリスクを減らすことも可能です。

シャンプー、育毛剤の使用 など

市販のシャンプーが肌質に合っていないような場合、薬用シャンプーや育毛用シャンプーに変えてみましょう。

また、薄毛がそれほど進行していない場合や、将来の薄毛を予防したい場合には、育毛剤を利用するのも良いでしょう。

POINT
  • AGA治療をおこなうのなら専門のクリニックがおすすめ
  • AGAは投薬治療や注入治療で改善する
  • ヘアケアや生活習慣の見直しも重要

まとめ

AGAは進行型の脱毛症なので、できれば発症しないに越したことはありません。そのため、薄毛になる前から予防することが重要です。将来の薄毛を予防するため、育毛剤を利用するのも1つの手です。

実際に薄毛が目立つようになった場合、速やかに専門のクリニックで治療を受けましょう。そうしないと、薄毛が確実に進行してしまいます。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)