AGAは病院で治療する?それともクリニックがおすすめ?


「AGAの治療なら○○クリニックへ」…こんなテレビコマーシャルを見たことのある人も多いのではないでしょうか。

現在、男性の薄毛であるAGAは、医療機関で治療できる時代となっています。

では、AGAの治療を受けたい場合、何科を受診すればよいのでしょう。

また、AGA専門のクリニックと何が違うのでしょう。

AGAの原因と併せて紹介したいと思います。

— 目次 —

そもそもAGAとはどのような脱毛症ですか

AGAをどこで診てもらえばいいのかについて考察する前に、まずはAGAとはどのような脱毛症なのか、その特徴や原因を知っておきましょう。

男性型脱毛症のこと

AGAの正式名称は「Androgenetic Alopecia」と言い、直訳すると男性ホルモンが原因となって起こる脱毛症となりますが、日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

AGAの特徴を教えてください

脱毛症にもいろいろなタイプがありますが、中でもAGAにはほかの脱毛症には見られない特徴があります。

では、どのような特徴があるのでしょうか。

思春期以降に見られる進行型の脱毛症

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」という、日本皮膚科学会の策定するマニュアルがあるのですが、その中で「AGAは思春期以降に見られ、徐々に進行する脱毛症」と説明されています。

男性の薄毛というと30代や40代以降に起こるものと思われがちですが、実際には思春期以降、つまり20代前後でも薄毛になる可能性があるということです。

また、AGAは徐々に進行する脱毛症であり、いったん発症したら元の状態に戻ることはありません。

そのため、なるべく早く対処することが重要となります。

局所の抜け毛が目立つようになる

AGAの特徴として、局所の抜け毛が目立つようになることもあげられます。

特に頭頂部や前頭部の抜け毛が増え、いわゆる「O字ハゲ」や「M字ハゲ」になるリスクが高いです。

なぜAGAを発症してしまうの?

AGAはいったん発症してしまうと、元に戻ることがないということでした。

では、そもそもなぜAGAを発症してしまうのでしょう。

ジヒドロテストステロン(DHT)によって抜け毛が増える

AGAを発症している人の体内では、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの一種が大量に分泌されています。

ジヒドロテストステロンは、やはり男性ホルモンの一種であるテストステロンが強力化したもので、男性ホルモン受容器(アンドロゲンレセプター)と結合することで、抜け毛の原因となる有害なサイトカインを産生します。

遺伝によってAGA発症のリスクが増大

AGAはジヒドロテストステロンによって引き起こされるということでしたが、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、より強力なジヒドロテストステロンに変化する際、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素が重要な働きをします。

そのため、遺伝的に5α-リダクターゼが活発に働く人の場合、ジヒドロテストステロンが産生されやすくなるため、AGAを発症するリスクが高くなります。

また、ジヒドロテストステロンはアンドロゲンレセプターと結合して抜け毛の原因となるサイトカインを産生しますが、遺伝的にアンドロゲンレセプターの感受性が高い場合、やはり抜け毛のリスクが増大します。

遺伝以外の生活習慣も抜け毛の原因に

遺伝以外にも、様々な原因が複雑に絡み合ってAGAの発症に至ります。

遺伝以外の原因としては、誤ったヘアケアや睡眠不足・疲労といった身体的ストレス、仕事上のトラブルや人間関係の悩みといった精神的ストレス、食習慣や喫煙習慣などもあげられます。

POINT
  • AGAは日本語で男性型脱毛症のこと
  • AGAは思春期以降に見られ徐々に進行する
  • 遺伝や生活習慣でAGA発症のリスクが増す

AGAを治療する場合何科を受診すればいいの?

AGAは病院で治療してもらえる時代となっていますが、実際に治療に診療を希望する場合、何科を受診すればよいのでしょう。

形成外科や皮膚科が一般的

病院でAGAの治療を受ける場合、形成外科や皮膚科を受診するのが一般的です。

特に脂漏性皮膚炎にともなう抜け毛がある場合、皮膚科で診てもらうとよいでしょう。

病院ではどんな治療が受けられる?

病院でのAGA治療は主に、AGA治療薬を処方することによっておこなわれます。

用いられる医薬品としては、プロペシアやザガーロ、ミノキシジルなどがあげられます。

AGAの治療には保険が適用される?

AGAは進行型の脱毛症なので、長期にわたって治療を継続することが重要です。

その場合、ネックになってくるのが治療にかかる費用だと思います。

ただ、AGA治療は残念ながら審美目的でおこなわれる治療であるため、原則として健康保険が適用されることはありません。

また、医療費控除の対象ともなりません。

POINT
  • AGAは形成外科や皮膚科で診てもらえる
  • 病院では投薬治療が一般的
  • AGAの治療には健康保険が適用されない

専門のクリニックにおけるAGA治療

AGAは病院以外にも、AGA治療専門のクリニックで診てもらうことが可能です。

では、専門のクリニックでは、どのようにしてAGAの治療をおこなっているのでしょうか。

その人に合ったオーダーメイド治療を提案

AGAの原因は実に様々であり、それらが複雑に絡み合って発症に至ります。

そのため、まずはなぜAGAを発症しているのか、検査などから原因を特定することが重要となります。

また、原因に応じたその人に最適の治療を提供することも欠かせません。

そのため、当院では20種類以上のオリジナル内服薬と、6種類以上の外用薬、5種類以上の注入療法を用意しています。

合計すると600種類以上の治療法があることになり、いろいろな方の症状に応じた治療法を提供することが可能となっています。

形成外科や皮膚科では投薬治療がメインとなっていますが、人によっては投薬治療の効果がなかなか現れないケースもあります。

そんな時にはAGA治療専門のクリニックでおこなわれる注入療法(メソセラピー)がおすすめです。

頭皮下に直接髪の毛の成長因子(グロースファクター)を注入することで、投薬治療だけおこなう場合より、はるかに高い発毛効果が期待できます。

プライバシーに配慮した治療空間

形成外科や皮膚科でAGAの治療を受ける場合、待合室にいる人の目が気になるケースがあります。

AGA治療専門のクリニックはほとんどが完全予約制で、個室で治療をおこなうため、人の目を気にせず治療に集中することが可能です。

特に女性の場合、仮に見ず知らずの人であっても、自分が薄毛の治療をしているとは知られたくないものです。

そんな方にとっても、AGA治療専門のクリニックはおすすめです。

発毛をトータルでサポート

AGA治療専門のクリニックでは、発毛をトータルでサポートしています。

なぜなら、治療の時間と普段の生活を比べた場合、圧倒的に普段の生活時間の方が長いからです。

そのため、AGAを根本から改善するためには、日常の生活習慣を見直すことも重要となります。

AGA治療専門のクリニックの医師は、AGAに関するスペシャリストです。

そのため、その人その人に合った生活習慣や食習慣の改善法についてアドバイスすることが可能です。

POINT
  • 専門のクリニックでは1人1人に合ったオーダーメイド治療を提案している
  • 他の人の目に触れないプライバシーに配慮した院内となっている
  • 治療だけでなく生活習慣に関するアドバイスなど発毛をトータルサポートしている

 

 

まとめ

AGAは進行型の脱毛症であることから、発症した場合、速やかに治療を開始することが重要です。

育毛剤を利用される方も多いと思いますが、どちらかというと育毛剤は将来の薄毛を予防するためのものです。

ある程度、薄毛が進行してしまった場合、専門のクリニックを受診するのがおすすめです。

当院では無料でカウンセリングをおこなっていますので、薄毛が心配な方はなんでもお気軽にご相談ください。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)