プロペシアにはジェネリックがある?利用する際の注意点!


病気の治療薬などをもらいに薬局に行くと、「ジェネリックでもいいですか?」と聞かれることがありますが、男性に見られる代表的な薄毛であるAGAにも、ジェネリック医薬品があることをご存じだったでしょうか。

ジェネリック医薬品は正規の医薬品よりも安価で購入できるのがメリットですが、なぜ安価で購入できるのでしょう。

また、プロペシアのジェネリックを用いる場合、どんなことに気を付ければよいのでしょう。

— 目次 —

プロペシアってどんな治療薬なの?

プロペシアのジェネリックについて説明する前に、まずはプロペシアとはどんな治療薬なのかについて知っておきましょう。

男性の薄毛であるAGAの治療薬

プロペシアは2005年に厚生労働省によって承認された、男性の薄毛であるAGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)の治療薬です。

国内でのプロペシアは特許期間を終えているため、ファイザーなど様々なメーカーからプロペシアのジェネリックが販売されています。

プロペシアにはどんな効果があるの?

プロペシアの効果について知るためには、AGAによる抜け毛のメカニズムを知っておかなければなりません。

AGAによる抜け毛のリスクファクターとして、ジヒドロテストステロンの存在があげられます。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種で、思春期以降に分泌量が増大すると、皮脂の分泌量が増したり、ニキビや吹き出物のリスクが高くなったりします。

また、ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターと結合することで、抜け毛の原因となる有害なサイトカインを産生します。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンがより強力になったものなのですが、その強力化に際して、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が重要な役目を担います。

そのため、遺伝的に5α-リダクターゼが活発に働くような場合、ジヒドロテストステロンの産生量が増大し、AGAを発症するリスクが高くなるのです。

プロペシアには有効成分としてフィナステリドが配合されていますが、フィナステリドには5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。

そのため、薄毛を予防し、発毛効果を高めることが期待できるのです。

プロペシアの副作用を教えて!

プロペシアに限らず、化学的に製造された医薬品には、必ず副作用のリスクがあります。

では、プロペシアにはどんな副作用のリスクがあるのでしょう。

男性機能が低下する可能性

プロペシアの主な副作用としては、男性機能の低下があげられています。

発症頻度はそれほど多くないのですが、プロペシアを服用した人の中には、勃起機能不全や性欲の減退などを訴える人がいます。

幸い、プロペシアには併用禁忌がないので、医師と相談の上、バイアグラなどEDの治療薬を併用するのも良いでしょう。

症例は少ないものの肝機能障害のリスクがある

プロペシアの国内販売元であるMSD株式会社によると、プロペシアの重大な副作用に、肝機能障害の可能性があるということです。

ただ、国内での発症例はなく、発症頻度も不明とされています。

最近になってポストフィナステリド症候群が知られるように

プロペシアの服用をやめたのに男性機能の低下が見られたり、服用中止からしばらくして、プロペシアの副作用のような現象が見られたりすることを、ポストフィナステリド症候群と呼んでいます。

ポストフィナステリド症候群を発症した事例は極めて少ないため、ハッキリとした原因が分かっておらず、いまだ研究途上ということです。

POINT
  • プロペシアは男性に見られる代表的な薄毛であるAGAの治療薬
  • プロペシアには抜け毛を予防し発毛を促進する効果が期待されている
  • プロペシアの副作用としては主に男性機能の低下が知られている

ジェネリックとはどのような医薬品ですか?

プロペシアは国内での特許期間を終えているため、プロペシアのジェネリックも多数販売されています。

では、ジェネリックとはどんな医薬品のことを意味するのでしょう。

先発医薬品に対する後発医薬品のこと

長期間の研究や臨床期間を経て厚生労働省から認可され、製造・販売に至った医薬品(新薬)のことを先発医薬品と呼んでいますが、ジェネリックはそれに対する後発医薬品のことを意味します。

ジェネリックが安価で利用できる理由

一般的に1つの医薬品が出来上がるまで10年から18年間かかるとされており、費用も200億円から300億円に上るということです。

そのため、新薬には特許期間が与えられ、その期間中は独占的に販売し、利益を回収できる制度が設けられているのです。

ジェネリックはすでに開発され、一定の効果を上げている有効成分をそのまま利用できるため、研究機関や費用を大幅に削減できます。

そのため、安価に販売することが可能なのです。

先発医薬品と同じ効果は期待できる?

先発医薬品と同じ有効成分を使っているジェネリックは、先発医薬品と全く同じ効果が期待できるのでしょうか。

答えは、「全く同じではないが、極めて似た効果が期待できる」ということになります。

先発医薬品とジェネリックは同じ有効成分を主成分としていますが、その他の成分が同じとは限りません。

例えば、有効成分の吸収力を高める成分が異なっていれば、100%同じ効果とはなりません。

とはいうものの、おおむね同じ効果が期待できると考えて間違いないでしょう。

POINT
  • ジェネリックとは後発医薬品のこと
  • ジェネリックは研究・開発費を大幅に節約できるため安価で購入できる
  • 全く同じではないが先発医薬品と同じような効果が期待できる

プロペシアのジェネリックを用いる際の注意点

プロペシアのジェネリックは正規品と比べると安価なので、AGA治療専門のクリニックでも処方されるケースが増えています。

ただ、服用にあたってはいくつかの注意点があります。

毎日決まった時間に服用することを心掛ける

プロペシアのジェネリックは正規品と同様、1日に1錠服用するだけです。

また、一般的な医薬品と異なり、食前に服用しても食後に服用してもかまいません。

だからこそ、飲み忘れに気を付けることが重要です。

そのため、毎晩食後に服用するなど、決まった時間に服用するようにしましょう。

医師の指導を仰いだ上で服用する

プロペシアのジェネリックは、通信販売で購入することも可能です。

特に海外製の製品の場合、正規品よりも購入価格をかなり抑えることが可能です。

ただし、自己判断で医薬品を服用して副作用が起こった場合、国による救済措置を受けられません。

原則として、医薬品は医師の指導を仰いだ上で服用しましょう。

定期的に健康診断を受けるようにする

プロペシアのジェネリックに限ったことではありませんが、医薬品はすべて肝臓に負担をかけるものです。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、何らかの異変があったとしても、初期段階ではほとんど自覚症状が現れません。

そのため、定期的に健康診断を受け、肝臓の数値などを確認しておくことが重要です。

AGA専門のクリニックでは定期的に血液検査をおこなっているので、AGA治療は専門のクリニックでおこなうのがおすすめです。

POINT
  • プロペシアのジェネリックは毎日決まった時間に服用することを心掛ける
  • プロペシアのジェネリックは医師の指導を仰いだ上で服用する
  • 医薬品を服用中は定期的に健康診断を受けることが重要

 

 

まとめ

AGA治療薬のパイオニア的存在であるプロペシアは、国内での特許期間を終えているため、安価なジェネリックを利用できるようになっています。

ただ、医薬品には必ず副作用のリスクがあるので、医師の指導を仰いだ上で服用することが重要です。

プロペシアのジェネリックを利用したい場合、当院までお気軽にご相談ください。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)