女性の薄毛への『フィナステリド』の圧倒的な治療効果。フィナステリドは女性にも効果的だった!!

女性の薄毛(FAGA)はAGAの治療薬『フィナステリド』で治療出来ないの??

女性の薄毛(FAGA)はAGAの治療薬『フィナステリド』で治療出来ないの??

女性の脱毛症で圧倒的に多いのは女性型脱毛症(FAGA)です。

FAGAの一番の原因は女性ホルモンが減少することにあります。

そのため男性ホルモンが優位になりヘアサイクルが短くなり薄毛になってしまいます。

FAGAでは男性ホルモン作用を減らすことが出来ればヘアサイクルを正常にすることができます。

このような薬剤として一番多く使われるのが抗男性ホルモン作用を持つスピロノラクトンです。

しかし、スピロノラクトンの作用はそれほど強いものではありません。

例え進行を止めることが出来たとしても増毛までは難しいことが多いです。

男性ホルモンには数種類あります。

代表的なものはテストステロンです。

しかし、男性の薄毛の原因はテストステロンではなく別の男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)なのです。

男性の場合は5αリダクターゼ阻害薬を使ってDHTを抑制することでAGAの進行が止まり増毛も出来ます。

では女性も同じようにこの薬剤で治療を行えないのでしょうか。

ヘアサイクルを戻すために男性と同じようにフィナステリドやデュタステリドの様な5αリダクターゼ阻害薬を女性に使用できないのでしょうか。

女性のAGAにフィナステリドは効かない!?Female Pattern Hair Loss(FPHL)とは?

日本皮膚科学会の『男性型および女性脱毛症診療ガイドライン2017年版』ではフィナステリドの内服は男性については行うよう強く勧めていますが、女性に関しては行うべきではないとなっております。

その理由ですがVera H. Price達によって2000年に行われたランダム化比較試験が根拠となっております。

『Lack of efficacy of finasteride in postmenopausal women with androgenetic alopecia』

αリダクターゼ阻害薬は男児胎児の生殖器官の発育を阻害する為、むやみに使われることがリスクと捉えております。 これが本当なら効果のない無駄なフィナステリドによる治療は行わない方がいいでしょう。 この研究の結果、女性の薄毛の原因は男性とは違う可能性があると認識されるようになりました。

137名の女性患者さんに男性と同様の投与量のフィナステリド1mgを使用したところ効果が認められなかったためです。

デュタステリドに関しても女性に対してのデータがないため、行うべきでないとなっております。

また、5αリダクターゼ阻害薬は男児胎児の生殖器官の発育を阻害する為、むやみに使われることがリスクと捉えております。

これが本当なら効果のない無駄なフィナステリドによる治療は行わない方がいいでしょう。

この研究の結果、女性の薄毛の原因は男性とは違う可能性があると認識されるようになりました。

女性の薄毛には男性のようにホルモンの関わりがそれほど重要ではないかもしれないと考えられたのです。

これはフィナステリドが女性のAGAに敗北したことを意味しています。

そのため女性のAGA(Female-AGA)という呼び名は不適切と考えられました。

新しいFemale Pattern Hair Loss(FPHL)という別の概念で捉えた方が良いのではないかという流れが生まれたのです。

しかしその後の研究で新たな事実が浮かび上がります。

女性の薄毛でのフィナステリドの驚くべき効果とは??

実はフィナステリドについてはその後も研究が続けられてきました。 投与量を見直して1日1mgでなく2.5mgや5mgでも治療効果がないか研究されていたのです。 最近のものでは2018年2月の研究で2.5mgの治療効果を検討をしております。

上の研究からかなり時間が経過しましたが、現状はどうなのでしょうか。

現在の日本の脱毛症の治療現場ではガイドラインに沿ってミノキシジルが中核になっております。

ミノキシジルも外用の1%がメインでかなり効果が弱いです。

男性のようなミノキシジルの5%の外用薬も使いませんし、効果の強いミノキシジルの内服は行いません。

これではほとんど治療の効果は期待できないでしょう。

満足の出来るものではないはずです。

そもそもヘアサイクルが短縮することが女性型の脱毛症(FPHL)の一番の原因です。

そこで『オーソモレキュラー(栄養療法)』や『スピロノラクトン』がヘアサイクルを戻すために使われました。

しかし、その治療効果は男性のように絶対的なものではありません。

男性に希望を与えたフィナステリドは女性では本当に敗北してしまったのでしょうか。

実はフィナステリドについてはその後も研究が続けられてきました。

投与量を見直して1日1mgでなく2.5mgや5mgでも治療効果がないか研究されていたのです。

最近のものでは2018年2月の研究で2.5mgの治療効果を検討をしております。

『Clinical efficacy of oral administration of finasteride at a dose of 2.5 mg/day in women with female pattern hair loss』

この研究ではYong‐Yon Won達が544人の女性患者さんで試験を行っています。

その結果は本当に驚くべきものでした。

女性患者さんの65.2%でかなりの改善、29.5%で少しの改善がみられたというのです。

1日1mgではほとんど効果がなかったのですが、2.5mgではほとんどの患者さんに治療効果があったのです。

しかも、この治療成績は男性のものよりも効果的だったという内容でした。

『Finasteride 5 mg/day Treatment of Patterned Hair Loss in Normo-androgenetic Postmenopausal Women』

2013年にR Oliveira-Soares達によって発表された1日5mgでの研究です。 40人と症例数が少ないのですが、22人(55%)がかなりの改善、12人(30%)が改善、6人(15%)が改善しなかったというものです。 女性では1mgでは効果がないものの2.5mgや5mgではかなり効果的に薄毛の治療が可能だったのです。 上の研究を比較すると2.5mgと5mgでは治療成績が変わらないようです。 女性の適正なフィナステリドは2.5mgで十分なのかもしれません。 女性の場合は男性と同じ投与量の1日1mgが少なすぎたという事が分かります。 フィナステリドは決して女性のAGAに敗北していなかったのです。

これは2013年にR Oliveira-Soares達によって発表された1日5mgでの研究です。

40人と症例数が少ないのですが、22人(55%)がかなりの改善、12人(30%)が改善、6人(15%)が改善しなかったというものです。

女性では1mgでは効果がないものの2.5mgや5mgではかなり効果的に薄毛の治療が可能だったのです。

上の研究を比較すると2.5mgと5mgでは治療成績が変わらないようです。

女性の適正なフィナステリドは2.5mgで十分なのかもしれません。

女性の場合は男性と同じ投与量の1日1mgが少なすぎたという事が分かります。

フィナステリドは決して女性のAGAに敗北していなかったのです。

AGAポイント

— ポイント —

女性の薄毛に対してフィナステリド1日1mgでは治療効果はなかった。

しかし、1日2.5と5mgでは治療効果は抜群だった!!

女性の薄毛への『フィナステリド』の副作用は??

FAGAにフィナステリドが効果的だったと分かれば次は副作用に興味が移ります。

副作用に関してはどうなのでしょうか。

これに関しても数々の研究で検討されています。

『Side Effects Related to 5 α-Reductase Inhibitor Treatment of Hair Loss in Women: A Review』

女性に対してフィナステリドを使用した20の文献について考察して副作用はないと結論づけています。 以上の研究結果から今後の女性型脱毛症においてフィナステリドが積極的に使われていくことになると考えられます。 時代の最先端の治療は女性にもフィナステリドを使用する流れになると思われます。 今後はもう一つのAGA治療薬のデュタステリドについても研究データが出てくると思います。 きっといい結果が出てくると予想しますが、慎重に今後の情勢を観察して行きたいと思います。

この文献はLauren R. Seale BS達が2016年に発表したものです。

女性に対してフィナステリドを使用した20の文献について考察して副作用はないと結論づけています。

以上の研究結果から今後の女性型脱毛症においてフィナステリドが積極的に使われていくことになると考えられます。

時代の最先端の治療は女性にもフィナステリドを使用する流れになると思われます。

今後はもう一つのAGA治療薬のデュタステリドについても研究データが出てくると思います。

きっといい結果が出てくると予想しますが、慎重に今後の情勢を観察して行きたいと思います。

駅前AGAクリニックでの女性の薄毛へのフィナステリドの処方について

妊娠する可能性のある女性に5αリダクターゼ阻害薬が使われることは避けなければなりませんので当院では年齢制限を設けております。 50歳以上ならフィナステリドは安全に使用出来ると考えております。 ヘアサイクルを正常化する薬剤にはスピロノラクトンや駅前AGAクリニックオリジナルサプリメントがあります。 これにフィナステリドを加えることによりヘアサイクルを正常化する力がかなり強くなると思われます。 多剤を組み合わせることで圧倒的な治療効率が実現出来ると考えられます。 女性も男性のように薄毛を治すことが出来るのです。 駅前AGAクリニックは全ての脱毛症のプロとしてガイドラインを超えた時代の最先端の治療を行っております。 ネット上にはガイドラインに準拠してフィナステリドは女性に効果がないという情報や男児胎児の生殖器官の発育を阻害するため禁忌と書いてある場合があります。 当院では妊娠可能性のあるFAGAの女性にはフィナステリドを処方しませんのでご安心下さい。 また、フィナステリドを使用する事について不安に思われる場合はご相談下さい。

妊娠する可能性のある女性に5αリダクターゼ阻害薬が使われることは避けなければなりませんので当院では年齢制限を設けております。

50歳以上ならフィナステリドは安全に使用出来ると考えております。

ヘアサイクルを正常化する薬剤にはスピロノラクトンや駅前AGAクリニックオリジナルサプリメントがあります。

これにフィナステリドを加えることによりヘアサイクルを正常化する力がかなり強くなると思われます。

多剤を組み合わせることで圧倒的な治療効率が実現出来ると考えられます。

女性も男性のように薄毛を治すことが出来るのです。

駅前AGAクリニックは全ての脱毛症のプロとしてガイドラインを超えた時代の最先端の治療を行っております。

ネット上にはガイドラインに準拠してフィナステリドは女性に効果がないという情報や男児胎児の生殖器官の発育を阻害するため禁忌と書いてある場合があります。

当院では妊娠可能性のあるFAGAの女性にはフィナステリドを処方しませんのでご安心下さい。

また、フィナステリドを使用する事について不安に思われる場合はご相談下さい。

駅前AGAクリニックでは全国4院、東京新宿、大阪梅田、京都烏丸のすべてのクリニックで一貫した最新の薄毛治療を行っております。

他院で結果が乏しかった患者さんもあきらめずにご相談ください。

駅前AGAクリニック 東京新宿院(新宿AGAクリニック)

新宿駅より徒歩4分
西新宿駅より徒歩1分
東京都新宿区西新宿7丁目20-2 愛美堂ビル7階

駅前AGAクリニック 大阪梅田院

阪急梅田駅より徒歩3分
御堂筋線梅田駅より徒歩5分
JR大阪駅より徒歩6分
阪神梅田駅より徒歩6分
東梅田駅より徒歩6分
地下鉄谷町線中崎町駅より徒歩5分
大阪府大阪市北区角田町1-17 サイドトリップ11 3階

駅前AGAクリニック 京都烏丸院

阪急烏丸駅より徒歩3分
地下鉄烏丸線四条駅より徒歩4分
京都府京都市中京区手洗水町650 四条烏丸スタービル6階

駅前AGAクリニック 岡山院

岡山駅より徒歩4分
岡山県岡山市北区本町2-4 若林ビル2F