植毛とは?植毛と増毛の違いやメリットとデメリットについて!


薄毛を改善するための方法の1つとして植毛術があげられますが、植毛はどのような場合に検討されるのでしょう。

また、似たような治療法と混同されがちな増毛とは何が違うのでしょう。

今回の記事では、植毛の種類や植毛を検討するタイミング、また増毛との違いやそれぞれのメリットとデメリットについて徹底解説したいと思います。

— 目次 —

植毛とは?

それでは最初に、今回のメインテーマでもある植毛とは何なのかについてみていきたいと思います。

薄毛の場所へ毛髪を移植する手術療法

植毛とは、簡単に言うと薄毛が目立つ場所に毛髪を移植する施術のことを意味します。

手術療法であることから、医師にしかおこなうことができません。

植毛の種類

植毛には大きく分けて、人工植毛と自毛植毛の2種類があります。

では、それぞれどのような特徴があるのでしょう。

人工植毛

人工植毛は、ナイロンやポリエステルといった素材で作られた人工毛を、薄毛の気になる場所へと移植する手術療法です。

いろいろな色と髪質があるので、どんな髪型や髪色の方にも対応が可能です。

また自然の髪の毛と非常によく似通っているため、手術後の違和感が少ないのもポイントです。

自毛植毛

自毛植毛はその名の通り、自分の髪の毛を薄毛が気になる場所へと移植する手術療法です。

といっても、人工植毛のように髪の毛を1本1本移植するわけではありません。

後頭部や側頭部の髪の毛を一定の範囲にわたって毛根ごと採取し、それを株(グラフとといいます)に分け、毛根ごと薄毛の部位に移植します。

移植後の髪の毛は毛根が生きているため、いったん抜け落ちてもまた生えてくるのが特徴です。

ただし、ヘアケアを怠ると再び薄毛になる可能性はあります。

植毛を検討するタイミング

男性に見られる代表的な薄毛であるAGA(男性型脱毛症)にはいろいろな治療法があり、当院でも軽度のAGAであれば、1ケ月あたり1,800円から(初月のみ)治療が可能となっています。

植毛術には熟練の技と人件費が必要となるため、どうしても投薬治療と比べると割高になってしまいます。

では、どのタイミングで植毛をおすすめするのかというと、それは、投薬治療などでは改善が見込めないくらい、薄毛の部位が広がってしまった場合です。

あまりにも薄毛の範囲が広くなってしまうと、投薬治療をおこなっても「焼け石に水」となりかねません。

そのような場合には、植毛術の選択を提案することがあります。

POINT

自毛植毛は薄毛の場所へドナーを採取して移植する手術療法で、人工植毛は薄毛の部分に人工毛を植え付ける手術療法。

植毛と増毛との違い

植毛と似たように捉えられがちな施術法に増毛があります。

いずれも髪の毛を増やすことには変わりがありませんが、両者にはどのような違いがあるのでしょう。

用いる毛髪や施術法の違い

植毛と増毛とでは用いる毛髪や施術法が異なっています。

人工植毛の場合は、ポリエステルやナイロンから作られた人工毛を1本1本薄毛が気になる場所に植え付けていきます。

自毛植毛の場合は、自分の髪の毛を一定の範囲にわたって毛根ごと移植します。

増毛の場合、ポリエステルやナイロンで作られた人工毛を今生えている髪の毛にくくり付けたり、かつらを装着したりすることにより、髪の毛の見た目上のボリュームアップを図ります。

人工植毛や自毛植毛は手術療法であるため、国家資格を持つ医師にしかおこなうことができません。

一方、増毛の方は施術行為であるため、国家資格を持たないセラピストにもおこなうことが可能です。

アフターケアの違い

人工植毛の効果はおよそ3年から5年といわれているため、そのたびにメンテナンスをおこなう必要があります。

自毛植毛の場合、基本的に自分の髪の毛が伸びるだけなので、理髪店や美容院でカットしてもらえば大丈夫です。

ただし、AGAのような進行型の脱毛症を発症している場合は、投薬治療などを並行しておこなわなければならないケースもあります。

増毛の場合も、もともと生えている髪の毛が伸びるため、専門的な技術者に調整してもらう必要があります。

ダウンタイムの違い

増毛の場合、皮膚を切ったり縫ったりすることがないので、ダウンタイムがありません。

人工植毛の場合も、皮膚を切除するようなことがないため、それほどダウンタイムが長くありません。

一方、自毛植毛の場合、かなり広範囲にわたって毛根を皮膚ごと切除し、縫い合わせるため、ダウンタイムが1ヶ月から3ヶ月と長くなっています。

POINT

植毛は髪の毛を移植する手術療法だが、増毛はかつらを作ったり、髪の毛を編み込んだりする施術という違いがある。

植毛や増毛のメリットとデメリット

植毛も増毛も薄毛を改善する方法としてとてもすぐれていますが、それぞれにメリットとデメリットがあるのでみていきたいと思います。

人工植毛の場合

人工植毛のメリットとしては、極端な話まったく髪の毛が無くなってしまっても、施術が可能だということがあげられます。

自毛植毛は自分の髪の毛を移植する手術療法なので、ある程度自分の髪の毛が残っていなければなりません。

広範囲にわたって薄毛が広がっている場合、自毛植毛ができないこともあるのです。

人工植毛の場合は、人工的に作られた毛髪を植え付ける手術療法であるため、いくらでも髪の毛を増やすことが可能となっています。

ただし、人工的に作られている毛髪には拒絶反応のリスクがあります。

人によっては人工毛を受け付けず、かぶれや炎症を起こしてしまうこともあります。

自毛植毛の場合

自毛植毛の最大のメリットは、移植した所の髪の毛が抜け落ちても再び生えてくるという点です。

そもそも、前頭部や頭頂部に比べると、側頭部や後頭部は薄毛になりにくい場所です。

薄毛になりにくい場所の髪の毛を毛根ごと移植した場合、薄毛になりにくい性質がそのまま引き継がれるため、薄毛が進行する速度も遅らせることが可能なのです。

ただし、自毛植毛の場合はかなり広範囲にわたって皮膚を切除し、縫い合わせることとなるため、治るまでに痛みやかゆみが残るケースがありますし、自毛植毛をおこなったことが周りにばれてしまいがちです。

増毛の場合

増毛は人工毛をもともと生えている髪の毛に括りつけることや、人工毛で作られたかつらを自分の髪の毛に編み込むことで、髪の毛のボリュームアップを目指す施術法です。

そのため、拒絶反応のリスクがありませんし、手術後のようなダウンタイムもありません。

身体にとっては極めて安全な施術ということが可能です。

ただ、自分の髪の毛に編み込んだり括りつけたりする必要があるため、ある程度薄毛が進行してしまった場合、増毛ではなくかつらを選択する必要があるかもしれません。

また、増毛の場合は自分の髪の毛が伸びるたびに増毛部位を調整する必要があります。

そのため、長い目で見ると結構な費用が掛かる可能性もあります。

まとめ

植毛には人工植毛と自毛植毛の2種類がありますが、日本皮膚科学会では人工植毛をあまりおすすめしていません。

というのも、人工毛を移植した場合、拒絶反応を起こす可能性があるからです。

増毛は身体にとって安全な施術法ではありますが、実際に自分の髪の毛が増えるわけではありませんし、編み込んだり括りつけたりする髪の毛が抜け落ちれば、増毛も難しくなります。

根本的に自分の髪の毛を増やしたいのであれば、自毛植毛をおこなったうえで、薄毛の治療を併せておこなうのがおすすめといえます。

駅前AGAクリニックでは投薬治療や注入療法だけでなく、自毛植毛もおこなっていますので、薄毛にお悩みの方はお気軽にご相談ください。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)