【男性・女性】AGAの治療費用の相場とは??

薄毛の治療はいくらが妥当なのでしょうか。

前回の記事では安く治療をすることを目標として、月5000円前後の治療に絞って解説しました。

月5000円前後でも治療は可能ですし、無治療と比べるとかなり大きな違いを生むはずです。

AGAの治療は患者さんの状態によって結果が大きく異なります。

AGAは毛髪を作っている毛母細胞そのものを攻撃します。

これにより毛母細胞の数が年々減少していくのです。

この毛母細胞の数がその後の治療成績に直結してくるのです。

毛母細胞が多い患者さんでは弱い治療で十分です。

少ない患者さんでは強い治療が必要です。

そのため、患者さんに合わせた治療を行う必要があります。

今回は駅前AGAクリニックの医師が当クリニックでの治療薬と費用についてご紹介します。

治療の相場のようなものが少しでも見えてくればと思います。

AGAの治療費はクリニックによっても大きく変わります。

駅前AGAクリニックではジェネリックを使うことによって価格を下げる努力をしております。

また、薬剤の組み合わせを患者さんご自身で選んで頂くことによって無駄な投薬も行わないようにしております。

ご参考にして頂ければ幸いです。

— 目次 —

【男性】AGAの治療方法とその費用について

5αリダクターゼ阻害薬

AGAの治療で最も重要なのがプロペシアやザガーロのような5αリダクターゼ阻害薬です。

治療を始めるなら、まずはプロペシアかザガーロのどちらかを選択しましょう。

当クリニックではジェネリックのご用意がありますのでプロペシアであればフィナステリドを、ザガーロであればデュタステリドをご選択して頂けばよいと思います。

これだけでもAGAの初期の方であれば効果を実感して頂けます。

AGAがある程度進行している方はこれにミノキシジルを組み合わせるとよいでしょう。

フィナステリド・・・月4200円(税別)

デュタステリド・・・月7500円(税別)

ミノキシジル

ミノキシジルには内服薬(ミノタブ)と外用薬(5%、15%)があります。

ミノキシジルは発毛効果が非常に高く治療していて楽しい薬剤です。

特に効果が高いのがミノタブです。

これは上記の5αリダクターゼ阻害薬と組み合わせて使用します。

ミノタブには2.5mg、5mg、10mgと数種類あります。

発毛効果の強さや副作用などを考えて投与量の使い分けをします。

ミノタブ2.5mg・・・月5000円(税別)

 

また、副作用の心配が少ない外用薬も人気があります。

当クリニックでは5%や15%などがあります。

ミノキシジル5%外用薬・・・1本7000円(税別)

栄養療法

以上の治療にサプリメントを組み合わせることがあります。

サプリメントにはヘアサイクルを正常化する作用がありますので、抜け毛が減りAGAの進行を抑制する作用があります。

ここまで行うとかなり強い治療の部類に入ります。

そこそこ進行しているAGAだとしても、発毛が可能となります。

サプリメント・・・月5000円~10000円(税別)

AGAメソセラピー

しっかり発毛を促したい患者さんにはAGAメソセラピーがあります。

これは細い針を使い頭皮に直接成長因子等を注入する方法です。

毛母細胞に直接働きかけることによって発毛させるのです。

一回の施術で3週間程度、効果が持続すると考えられています。

細い針で痛みはほとんどありませんのでご安心下さい。

これは施術ペースや回数によって価格が大きく変わります。

詳しくはご来院時にご説明致します。

AGAメソセラピー・・・1回5万円~

植毛手術

ここまで治療しても発毛が難しい患者さんの場合に初めて植毛手術を検討します。

植毛手術は後頭部の元気な毛髪を移動させる手術です。

内服薬や外用薬などの投薬を行ってから手術をすることが重要です。

植毛手術を行ったとしても移植された毛髪を維持していくのに結局、上記の治療が必要になってくるからです。

当クリニックでは内服薬を使用していない患者様に植毛手術を行うことは通常はありません。

植毛手術25万円~

まとめ

フィナステリドのみの簡単な治療でしたら、月4200円(税抜)です。

フィナステリドにミノタブを合わせる方法でしたら、月9200円(税抜)~です。

デュタステリドにミノタブや外用薬、サプリメントなど全て合わせた強い治療でも月29500円(税抜)~で治療が可能です。

いかがでしょうか。

AGA治療の相場が見えてきたでしょうか。

市販の育毛剤よりも効果的な治療が医療機関ではこの程度の価格で受けることができるのです。

医師やカウンセラーからアドバイスを受けてあなたも治療を始めてみませんか。

無料カウンセリングはこちら

【女性】FAGAの治療方法とその費用について

女性の薄毛は一つの薬剤だけの治療では大きな効果を出しにくいという特徴があります。

そのため数種類の治療薬を組み合わせて治療するのが一般的です。

こうすることによって薬の副作用を抑えて安全に治療することが可能になります。

まずは数種類の薬剤の多剤併用を基本と考えて、ご予算に応じて薬剤を減らすように治療戦略を組み立てるのが良いかと思います。

スピロノラクトン

スピロノラクトンは利尿薬として有名な薬剤です。

スピロノラクトンには利尿作用以外にも抗男性ホルモン作用があります。

これを低用量で使用することにより利尿作用を出さずに抗男性ホルモン作用を引き出すことが出来ます。

男性ホルモンの作用を抑えるとヘアサイクルが改善し抜け毛が減りFAGAの進行が抑制されます。

副作用は月経不順や皮疹などの軽いものが多いです。

スピロノラクトン・・・月5000円(税別)

栄養療法

女性の場合は男性ホルモン以外の要因によってヘアサイクルが短くなることが多いと推測されています。

それを解除するのが栄養療法です。

FAGAの患者さんで毛髪の合成に必要な18種類のアミノ酸を全て上手く摂取出来ている人はほとんどいないことが分かっています。

これをサプリメントで補うことで毛髪の元となるケラチンの合成を助けることができます。

スピロノラクトンとは違った機序でヘアサイクルの治療ができるのです。

FAGAサプリメント・・・月5000円~10000円

ミノキシジル

ミノキシジルには内服薬(ミノタブ)と外用薬があります。

ミノキシジルは発毛効果が非常に高く治療していて楽しい薬剤です。

特に効果が高いのがミノタブです。

発毛効果の強さや副作用などを考えて投与量の使い分けをしますが、女性でのオススメは2.5mgです。

ミノタブ2.5mg・・・月5000円(税別)

また、体毛やむくみなどの副作用の心配が少ない外用薬も人気があります。

当クリニックでは効果の高い5%をオススメしております。

ミノキシジル5%外用薬・・・1本7000円(税別)

FAGAメソセラピー

しっかり発毛を促したい患者さんにはFAGAメソセラピーがあります。

これは細い針を使い頭皮に直接成長因子等を注入する方法です。

毛母細胞に直接働きかけることによって発毛させるのです。

一回の施術で3週間程度、効果が持続すると考えられています。

細い針で痛みはほとんどありませんのでご安心下さい。

これは施術ペースや回数によって価格が大きく変わります。

詳しくはご来院時にご説明致します。

FAGAメソセラピー・・・1回5万円~

フィナステリド

DHTという男性ホルモンを減らす薬剤です。

ヘアサイクルを正常化してFAGAの進行を抑える効果が高いのですが、妊娠した場合には胎児に悪影響が出ることが予想されるので閉経している患者さん限定の薬剤です。

特殊な薬剤ですので、詳細はご相談下さい。

まとめ

スピロノラクトン、サプリメント、ミノキシジルは各5000円(税抜)から始めることができます。

サプリメントの効果を強くするには10000円(税抜)かかりますが、その価値は高いと思います。

これにミノキシジル外用薬1本7000円(税抜)を合わせることができます。

これら全て行う強い治療で合計27000円(税抜)です。

さらにフィナステリドやメソセラピーを行う選択肢もありますが、まずは上記の治療をベースに加減を調整してみてはいかがでしょうか。

市販の育毛剤よりも効果的な治療が医療機関ではこの程度の価格で受けることができるのです。

医師やカウンセラーからアドバイスを受けてあなたも治療を始めてみませんか。

無料カウンセリングはこちら


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)