植毛の値段はどれくらい?植毛の値段は何で決まる?


薄毛がある程度進行してしまった場合、植毛手術を検討されることもあると思います。

ただ、手術となるとネックになるのが値段です。

植毛にはどれくらいの費用が必要となるのでしょう。

今回は各クリニックでおこなわれる植毛の値段の目安について紹介するとともに、植毛の値段が何で決まるのか、また、植毛以外の治療法についてみていきたいと思います。

— 目次 —

植毛の値段の目安

植毛には人工植毛と自毛植毛の2種類がありますが、人工植毛は日本皮膚科学会によって推奨されていないため、当院でも自毛植毛しかおこなっておりません。

では、植毛にはどれくらいのお値段がかかるのでしょう。

他院の場合

一般的なAGA(男性型脱毛症)治療のクリニックの場合、基本治療料金プラス自毛植毛の費用としているところが多いようです。

値段もまちまちで、薄毛の範囲が狭ければ50万円程度から自毛植毛をおこなっています。

薄毛の範囲が広い場合は100万円を超えるケースも珍しくありません。

当院の場合

当院では自毛植毛を25万円(税別)から承っております。

お支払いも各種カードや医療ローンをご利用いただけますし、後日、お振込頂く形でも結構です。

植毛の値段は何で決まる?

植毛について調べてみると、いろいろな値段が設定されており混乱することも珍しくないと思います。

なぜこれほど値段がバラバラなのでしょう。

そこで、植毛の値段が何によって決められるのかをみていきましょう。

手術法

自毛植毛の値段は手術法によって異なります。

自毛植毛法には大きく分けてFUT法とFUE法の2つの種類があります。

FUT法

FUT法は以前からよくおこなわれている植毛術で、現在でも世界各地で一般的におこなわれています。

後頭部や側頭部といった抜け毛の起こりにくい場所の毛包を皮膚ごと切除し、グラフトに分け、薄毛が気になる場所へと植え付けていく手法です。

次に紹介するFUE法と比べ、比較的グラフトの採取が容易であること、広範囲の植毛をおこなうことが可能であることがメリットとしてあげられます。

ただ、皮膚をかなり広範囲にわたって切り取るため、傷跡が残ってしまうことは避けられません。

また、手術後のダウンタイムが長いのもデメリットとなっています。

FUE法

FUE法は「切らない植毛」として注目を浴びている手術法で、医療用パンチを用いて毛包を丁寧にくりぬき、それを移植先へと植え付けていきます。

FUT法のように大きな傷跡が残らず、ダウンタイムも短いのがメリットです。

ただ、医師に熟練の技が要求されるほか、費用が高額になるのもデメリットです。

グラフトの数

自毛植毛というと、髪の毛を1本1本植え付けるようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には毛包を薄毛部分に植え付ける手術法となっています。

1つの毛包からは3本から4本の髪の毛が出ており、この1ユニットのことをグラフト(株) と呼んでいます。

移植する場所に多くのグラフトを要するほど、手術にかかる費用も高くなります。

人件費

自毛植毛には熟練した医師の技術が必要となるため、人件費も手術の値段に含まれます

ただ、最近では移植専用のロボットも開発されており、今後、手術費用が格段に安くなる可能性もあります。

植毛の値段を抑えるには

植毛をおこなう場合、ある程度まとまった金額が必要となります。

では、少しでも植毛にかかる費用を抑えるためにはどうしたらよいのでしょう。

脱毛症の早期に行う

植毛の値段は、先述したように植え付けるグラフトの数によって変わってきます。

広範囲に薄毛がある場合、必要となるグラフトの数も増えるため、自然と手術にかかる費用も増すこととなります。

そのため、植毛の値段を抑えるためには、脱毛症の初期の段階でおこなうのがおすすめです。

薄毛の範囲が狭ければ、それだけ手術費用を抑えることが可能です。

仕上がりをイメージする

実際の手術を受ける前に、手術後の仕上がりをイメージしておくことも重要です。

必要のない場所には植毛をおこなわないことで、値段を抑えることができます。

納得いくまで相談する

植毛の値段について疑問が残る場合は、納得いくまで相談しましょう。

当院では無料のカウンセリングをおこなっていますので、不安なことがございましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

POINT

脱毛症を発症した場合、速やかに植毛を行うことで、手術にかかる値段を抑えることが可能。費用に関しては納得いくまで相談しよう。

植毛以外の治療法

男性に見られる薄毛の代表であるAGA(男性型脱毛症)には、進行型という特徴があります。

ただ、薄毛がまだそれほど進行していない段階であれば、植毛に頼らなくても改善の余地はあります。

内服薬を利用する

男性の薄毛の大半を占めるAGAの原因は、男性ホルモンのバランスにあるとされています。

そのため、抗アンドロゲン薬を服用することで、抜け毛の予防、および薄毛の改善が期待されています。

抗アンドロゲン薬としてよく知られているのが、プロペシアやザガーロです。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドや、ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、男性ホルモンの働きに干渉し、抜け毛を予防する作用があります。

ただし、抗アンドロゲン薬には男性機能の低下を招く副作用も確認されているため、慎重に服用する必要があります。

外用薬を塗布する

現在のところ、日本で発毛効果があると認められている有効成分は、先述のフィナステリド、デュタステリド、そしてミノキシジルの3つだけです。

ただ、フィナステリドとデュタステリドに関しては錠剤タイプの治療薬が認可されているのに対し、ミノキシジルに関しては塗り薬タイプだけが認可されています。

というのも、錠剤タイプのミノキシジル(ミノキシジルタブレット:通称ミノタブ)には、心臓への負担を増すリスクがあるからです。

ミノキシジルには血管を拡張し、血液の循環を促進する作用があります。

そのため、頭皮に塗布することで局所の血流を増し、頭皮環境を整えることが可能となるのです。

ミノキシジルは、抗アンドロゲン薬とは異なった作用機序を持つため、ミノキシジルとフィナステリド、ミノキシジルとデュタステリドの併用も可能となっています。

メソセラピーを受ける

AGAの治療薬を使用したからといって、すぐに髪の毛が生えるわけではありません。

早く発毛効果を実感したい方には、メソセラピーがおすすめです。

メソセラピーは髪の毛の成長にとって必要な成分(グロースファクター)を頭皮下に直接注入する施術法なので、発毛効果を早く実感することが期待できます。

植毛の値段について不安がある方はお問い合わせください

植毛手術にはある程度まとまった費用と、頭皮が回復するまでの時間が必要となります。

植毛にかかる費用や、手術に関するご不安がございましたら、当院までなんでもご相談ください。

まとめ

植毛の値段は手術法や植え付けるグラフトの数など、様々な条件によっていろいろ変わってきます。

そのため、事前に担当医のカウンセリングを受けることが重要です。

当院でも無料のカウンセリングをおこなっておりますので、どのような髪型にしたいのかをしっかりと打ち合わせたうえ、植毛術を受けていただければと思います。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)