アルコールは薄毛の原因になる?飲酒と薄毛の関係性や原因を解説!


薄毛や抜け毛の量が気になる方の中には、お酒を好んで飲まれる方もいらっしゃることと思います。そんな方が気になることの1つが、アルコールが薄毛のきっかけになるのかどうかということです。

古来、お酒に関してはいろいろなことがいわれてきましたが、薄毛とはどのような関係があるのでしょう。今回の記事では、アルコールと薄毛の関係や、薄毛の本当の原因について解説します。

— 目次 —

アルコールは薄毛の原因になる?

それでは早速ですが、アルコールの摂取によって薄毛のリスクが増すのかどうかについてみていきたいと思います。

適量のアルコールは薄毛の原因にならない

最初に結論を申し上げると、適量のアルコールであれば、薄毛の原因になることはありません。古来、酒は百薬の長といわれるように、適度の飲酒が健康を増進することは、専門家であっても否定するところではありません。

ただし、適量でアルコールの摂取をストップすることが、お酒好きにとってはなかなか難しいようです。アルコールの分解能力は人によってさまざまなのですが、一般的にはビールの中瓶1本に含まれるアルコールを分解するのに、体重が60㎏から70㎏の方で3時間から4時間かかるとされています。

アルコールの過剰摂取には要注意

先ほど、酒は百薬の長という言葉があることに触れましたが、実は、「されど万病の元」という続きがあります。過度にアルコールを摂取した場合、心身に甚大な悪影響を及ぼす可能性もあることが分かっています。

アルコールを摂取することで直ちに薄毛につながるというわけではありませんが、大量のアルコールを継続的に摂取することが、髪の毛の成長に悪影響を及ぼす可能性は否定できません。

厚生労働省のホームページによると、アルコール依存症の疑いがある方は、全国で400万人以上いるとされており、そのうちの80万人は治療が必要なレベルにあると考えられています。

依存症の疑いがある方は、アルコールによる薄毛を心配する前に、その他の内臓器官を心配したほうがよいでしょう。

POINT
  • アルコールによって薄毛になる可能性は高いとは言えない
  • アルコールの過剰摂取は内臓諸器官に悪影響を与える
  • 依存症レベルでアルコールを摂取している場合、薄毛よりまず内臓の心配をするべき

アルコールの過剰摂取薄毛になりうる理由

アルコールを摂取することが直ちに薄毛へとつながるわけではありませんが、毎日のようにたくさんアルコールを摂取することで、薄毛のリスクを増す可能性は否定できません。その理由としては、次のようなことがあげられます。

髪の毛に必要な栄養素がアルコールの分解に使われる

私たちが摂取したアルコールは、その2割が胃で吸収され、残りの大部分が腸管で吸収されます。吸収されたアルコールは血液中へと入り込み、人体の解毒機関ともいわれる肝臓へと送られることになります。

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという有害な物質へと分解されますが、酵素の働きによって酢酸へと変化します。さらに酢酸が血液中をめぐる内に、水と炭酸ガスへと変化し、体外へと排出される流れとなります。

私たちの体内では、栄養素の分解や吸収、肝臓による有害物質の解毒、不要な物質の排出など、さまざまなことに酵素(エンザイム)が使われています。

人間の体内には5000種類もの酵素があるとされていますが、その大本となるのがミラクルエンザイムだという考え方があります。

どういうことかというと、ミラクルエンザイムが必要に応じて、食べたものを消化するための酵素や、アルコールを分解するための酵素へと変化するというわけなのです。

ところが、アルコールを大量に摂取してしまうと、その分解に酵素が大量動員されてしまいます。その結果、その他の部分に酵素不足が生じ、髪の毛の成長に悪影響を及ぼす可能性が生じるというわけなのです。

消化器官が弱くなり栄養の吸収率が下がる

アルコールを毎日のようにたくさん摂取していると、消化器官(胃腸など)の機能が低下します。消化器官が弱くなることで、髪の毛の成長にとって必要な栄養素を吸収しにくくなります。

例えば、頭皮環境を良好に保ったり、血液の循環を促したりするビタミンB群が、アルコールの大量摂取によって吸収されにくくなることにより、頭皮環境の悪化を招くこととなります。

また、体内に吸収されたアミノ酸は亜鉛の働きによって再合成され、髪の毛の元となるケラチンへと変化します。ところが、アルコールによって亜鉛の吸収が滞ることで、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすこととなるのです。

睡眠の質が低下する

お酒を飲むと眠くなるという方もいらっしゃると思いますが、実はアルコールには覚醒作用があり、睡眠の質を低下させることが分かっています。

髪の毛の成長は毛母細胞が分裂することによって起こりますが、細胞の分裂は睡眠中に活発化します。そのため、睡眠の質が低下することにより、毛母細胞の分裂が不活発になり、やはり髪の毛の成長を阻害してしまうのです。

POINT
  • アルコールを分解するのに大量のエネルギーが割かれ髪の毛の成長を阻害する
  • アルコールの過剰摂取によって髪の毛の成長に必要な栄養素の吸収を妨げる
  • 睡眠の質が低下することで髪の毛の成長に悪影響を及ぼす

適量のアルコールはプラスになることも

過剰なアルコール摂取は心身に悪影響を及ぼす可能性がありますが、適量であれば、次のようなメリットもあります。

血行を促進できる

お酒を飲むと顔が赤くなるという方もいらっしゃると思いますが、それは、飲酒によって一時的に血行が促進されるからです。健康のために薬用のお酒が用いられるのも血行を促進し、栄養素を身体の隅々にまで送り届けるためです。

食欲増進

食前に適量のアルコールを摂取することで、食欲を増進することも期待できます。また、胃への血流が増すことで、胃が食べ物の受け入れモードへと切り替わります。

ストレスを発散できる

飲みすぎはもちろん禁物ですが、適度なアルコールを摂取することで、日々のストレスを発散することも期待できます。ストレスは万病の元なので、上手にコントロールすることが重要です。

POINT
  • 適度な飲酒によって血行促進が期待できる
  • 食前にアルコールを摂取することで食欲が増進することもある
  • ストレスの発散にも適度なアルコールの摂取が効果的である

薄毛の根本的な治療は駅前AGAクリニックへ

排水溝に詰まる抜け毛の量が増えたり、ブラシに絡みつく髪の毛が増えたりすると、「このまま薄毛になるのでは?」と心配になることでしょう。そんな方には、駅前AGAクリニックの受診をおすすめしています。

薄毛はいろいろな原因が複雑に絡み合って発症することが多く、お酒をたくさん飲んだからといって、それだけで直ちに薄毛になることは考えにくいです。

ただ、男性に見られる薄毛の代表例であるAGAの場合、抜け毛の元となるホルモンの働きを阻害しないと、薄毛が徐々にですが確実に進行してしまいます。

幸い、適切な処置を講じることで、AGAは進行を抑制することが可能です。また、年齢相応の髪の毛の量にまで戻すことも期待できます。

駅前AGAクリニックでは、薄毛や抜け毛、頭皮などに関するすべてのお悩みに、無料カウンセリングでお応えしています。治療を受ける前にぜひ無料カウンセリングをご利用ください。

POINT
  • 抜け毛が気になりだしたタイミングで駅前AGAクリニックに相談することがおすすめ
  • 進行型の脱毛症であるAGAは適切な処置によって改善することが期待できる
  • 駅前AGAクリニックでは無料カウンセリングをおこなっているので気軽に相談できる

まとめ

アルコールは昔から人間の側にあったもので、上手に摂取すれば気持ちをリフレッシュし、心身を健康に保つことが期待できます。

ただ、たくさん飲みすぎてしまった場合、心身に悪影響を及ぼす可能性もあります。とはいうものの、アルコールだけが原因で薄毛になることはあまり考えられません。

特に男性の場合、薄毛の多くがAGAを発症することによって起こります。AGAは思春期以降に見られ、徐々に進行するという厄介な特徴を持っています。

そのため、薄毛が気になり始めたら、早めに対策を講じることが重要です。

もし「抜け毛の量が増えてきた」「地肌が透けて見えるようになってきた」場合は、早めに治療を開始することが重要です。

駅前AGAクリニックでは、薄毛に関するお悩みに対して、無料カウンセリングをおこなっています。おひとりで悩まれずに、ぜひ駅前AGAクリニックまでご相談ください。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)