【AGA治療】ミノキシジルで体毛が増えるって本当?多毛症って対策できないの?

薄毛の治療を行なっていると、頭髪以外に全身の体毛が増えてしまったという話を聞いたことがありませんか?

AGAやFAGA(女性の薄毛)の治療を行うと体毛が濃くなることがあります。

場合によってはこれが原因で薄毛の治療を止めたくなるかもしれません。

毛髪を増やす治療を行うと本当に全身の体毛が生えてしまうのでしょうか。

これは男性でも女性でも起こりえる合併症なのでしょうか。

こういった多毛症はミノキシジルの副作用によって起こるものなのでしょうか。

またAGAの特効薬のプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)で多毛症なってしまう可能性はあるのでしょうか。

今回は薄毛治療による多毛症について駅前AGAクリニックの医師が解説します。

— 目次 —

【結論】ミノキシジルで体毛が増えることがある

結論から話すと、ミノキシジルで体毛が増えることがあります。

これを「多毛症」と言います。

体毛が増える理由を解明するために、ミノキシジルの効果について説明します。

ミノキシジルの効果は?

ミノキシジルは、血行を促進し、毛包に栄養を届けることで発毛を促す効果があります。

具体的には毛包の根元にある毛乳頭と呼ばれる毛細血管の集まりの血流を増やし毛髪に栄養を届きやすくします。

そして毛乳頭を刺激して毛乳頭細胞から成長因子の分泌を促します。

これにより毛母細胞が刺激され細胞分裂を繰り返し毛髪となるのです。

また、アポトーシスと呼ばれる細胞の自己死も防いでいるようです。

ミノキシジルには内服と外用の2つの投与方法があります。

外用薬である外用ミノキシジルは、頭皮に直接塗布して使用します。

外用ミノキシジルは副作用が少ないといったメリットがありますが、効果が内服タイプのものに対して小さいといった点があります。

内服薬であるミノキシジルタブレットは、錠剤を内服する形でミノキシジルを摂取します。

ミノキシジルタブレットは、外用ミノキシジルよりも効果が大きいですが、副作用が起こる確率が少し高いというデメリットがあります。

外用ミノキシジルとミノキシジルタブレットについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

ミノキシジルタブレットについて
外用ミノキシジルについて

ミノキシジルによる多毛症の原因は?

ミノキシジルの作用機序についてわかったところで、多毛症の原因について説明します。

多毛症の原因は、内服薬であるミノキシジルタブレットです。

ミノキシジルを内服した場合、発毛効果は頭皮だけでなく全身に表れます。

ミノキシジルは毛包に働きかけて発毛させているので全身の毛包に作用するのです。

― POINT ―
✔︎ミノキシジジルは毛母細胞を刺激し、発毛を促す
✔︎そのためミノキシジルで体毛が増えることがある

そのほかのAGA治療薬で体毛が増えることはあるの?

ミノキシジル以外のAGA治療薬で多毛症になることはあるのでしょうか。

治療薬ごとに見ていきましょう。

プロペシアやザガーロによる多毛症の可能性

プロペシアやザガーロは5αリダクターゼ阻害薬です。

これらはAGAの特効薬として重宝されています。

これにより体毛も濃くなるのでしょうか。

5αリダクターゼ阻害薬はそもそもどうやって毛髪を増やすのでしょうか。

プロペシアやザガーロの作用の仕方を復習してみましょう。

プロペシアやザガーロの作用の仕方

AGAの原因はヘアサイクルにあります。

男性ホルモンは5種類ありますが、その内のDHT(ジヒドロテストステロン)に頭皮のヘアサイクルを短くする作用が発見されました。

DHTが男性ホルモンレセプターに作用するとヘアサイクルを短くする物質が分泌されてヘアサイクルが短くなってしまうのです。

DHTは男性ホルモンのテストステロンから頭皮で合成されています。

その合成をストップさせる薬剤が5αリダクターゼ阻害薬です。

このように作用する薬剤なのでヘアサイクルを伸ばして毛量を増やして行きます。

つまり抜け毛が減って毛髪の寿命も長くなります

毛髪は太く長く成長して立派に育って行きます。

ヘアサイクルを伸ばす作用は頭皮のみで表れるのがポイントです。

体毛のヘアサイクルは長くなりません。

ということはプロペシアやザガーロでは体毛は増えようがないのです。

プロペシアやザガーロの効果について詳しくはこちらをご覧ください。

プロペシアについて
ザガーロについて

女性の薄毛の治療薬「スピロノラクトン」は?

女性の薄毛の特効薬はスピロノラクトンです。

スピロノラクトンで体毛が増えてしまうのでしょうか。

スピロノラクトンの作用の仕方を説明します。

スピロノラクトンの作用の仕方について

女性の薄毛の原因は男性と違い色々あります。

しかし、一番の原因はやはり男性ホルモンです。

女性のAGAと言われることもあるぐらいです。

女性といえども体内には男性ホルモンがあります。

女性ホルモンより男性ホルモンが強く作用すると男性と同じように頭皮のヘアサイクルが短くなるのです。

スピロノラクトンは男性ホルモンに対して拮抗的に働きます。

男性ホルモンの力を弱めることで正常なヘアサイクルを取り戻すのです。

スピロノラクトンの男性ホルモンに対しての具体的な働きは以下のようになっています。

利尿薬として有名なスピロノラクトンですが使い方によってはこのように作用させることが出来るのです。

スピロノラクトンの作用

①活性の強い男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の受容体と結合して男性ホルモンの作用を減弱させる。

②テストステロンからエストロゲン(女性ホルモン)への変換を亢進させて女性ホルモンを優位にする。

③テストステロン合成系の酵素を阻害してテストステロンを減少させる。

④テストステロンの代謝クリアランスを増やしてテストステロンを減少させる。

スピロノラクトンについて

― POINT ―
✔︎プロペシアやザガーロはヘアサイクルを整える
✔︎スピロノラクトンで男性ホルモンを抑えることが可能
✔︎これらの治療薬で多毛症は起こらない

体毛を増やさずに毛髪を増やす方法はないの?

毛髪を増やすには、ミノキシジルの内服が効果的です。

しかしこれでは最初に説明した通り、多毛症になってしまう可能性があります。

そこで、体毛を増やさずに多毛症を改善する方法について解説します。

ミノキシジルタブレットを服用しつつ、全身脱毛を使用する方法

まず1つ目の治療方法が、「ミノキシジルタブレットを服用しつつ、全身脱毛を使用する方法」です。

ミノキシジルで発毛を促しつつ、多毛症が起こってしまった場合に全身脱毛で対策するのです。

しかしこちらの対策方法は料金がとても高くなってしまうというデメリットがあります。

全身脱毛の料金相場は、合計で25万円ほどと言われており、とても高額です。

メソセラピーを使用する方法

2つ目の治療方法として、メソセラピーを使用する方法があります。

育毛メソセラピーとは、有効成分を直接頭皮に注入する注入治療です。

髪の毛の成長因子を頭皮に直接注入するため、効果が出るまでの期間が短く、副作用もほとんどないというメリットがあります。

つまり、多毛症を発症せずに髪を成長させることができるのです。

また、当院で行なっている「オーダーメイドAGA発毛メソセラピー」は、5万円から行なっており、脱毛を行うよりも安く治療することが可能です。

メソセラピーに関する詳細や、薄毛の治療に関することなど、お気軽に当院までお問い合わせください。

無料カウンセリングはこちら

― POINT ―
✔︎脱毛治療は費用が高い
✔︎メソセラピーによって毛髪だけを成長させることが可能
✔︎まずはクリニックに相談することがオススメ

まとめ

いかがでしたか?薄毛の治療はこのような副作用とのバランスの上に成り立っています。

ミノキシジルの内服量は人それぞれです。

発毛と副作用のバランスをとるのには経験が必要です。

体毛はミノキシジルの内服を止めれば戻りますから心配はいらないです。

その微妙なさじ加減の調整は私達、駅前AGAクリニックの得意とするところです。

また、十分な発毛が得られたならミノキシジルを減らして行くこともあります。

その際にはいきなりミノキシジルを辞めるのでなくバランスを取りながら投与量を減らして行くことも可能です。

ミノキシジルの内服錠剤は2.5mg、5mg、10mgと数種類ありますが、その内服パターンも色々あります。

また、メソセラピーなど、ミノキシジルタブレットを一切使わない方法も可能です。

薄毛の治療は長期に渡りますのでクリニックのカウンセラーや医師との対話も重要になってきます。

治療が長く続きますから無駄な投薬は極力避けていくことも大切だと思います。

駅前AGAクリニックでは全国6院、東京新宿、東京北千住、大阪梅田、京都烏丸、岡山、鹿児島のすべてのクリニックで患者さんに合わせたきめ細やかな薄毛治療を行っております。

治療過程で薬剤の調整が必要になることも多いですが、お気軽に患者さんご自身のお考えをお聞かせ下さい。

患者さんの価値観を最優先にして私たちが道案内を出来ればと日々考えております。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)